過去ログ表示


過去ログ 51 を表示

トピック内全 6 記事中の 1 〜 6 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Mozilla/mail-newsのformat=flowed機能
(#7587) このトピック中1番目の投稿
Mozilla-1.5/mail-newsのformat=flowed機能が,defaultでOnになっていると聞き,
少し心配になったので,以下の点をお尋ねします.

1.英語のように単語と単語の間に半角スペースの入る言語には,有用な気がしますが,
 日本語のように2-bytes文字を連続して書く言語で問題はないのでしょうか?
2.Mozilla以外にEudora-Proが,format=flowedに対応していると聞きますが,他に,
 対応している日本語メーラーがあれば,教えて下さい.
3.心配のため,現在,送信と表示でformat=flowedの機能をオフにしていますが,
 何か問題となる点があれば,教えて下さい.

以上,よろしくお願いします.




Re[1]: Mozilla/mail-newsのformat=flowed機能
(#7597) このトピック中2番目の投稿

> Mozilla-1.5/mail-newsのformat=flowed機能が,defaultでOnになっていると聞き,
> 少し心配になったので,以下の点をお尋ねします.

ばぐじらのBug 2976が参考になると思います。
http://bugzilla.mozilla.gr.jp/show_bug.cgi?id=2976

(削除)
(#7599) このトピック中3番目の投稿

この記事は投稿者に削除されました

Re[3]: Mozilla/mail-newsのformat=flowed機能
(#7601) このトピック中4番目の投稿
WADA様,もとひこ様,
レス有難うございます.1年以上も考えられている状況がわかりました.
私は日本文の妙な所でスペースが入る入らないの問題だけを心配しているのでなく,
素人なので,次の心配事が間違っているかも知れませんが,書いてみます.
Mozilla/mailで,日本語の折り返す文字数をどのような方法で勘定しているかです.
漢字や平仮名は2bytes文字ですが,半角のスペースや">"などの記号,英文字などを
混在させることがあります.仮にiso-2022-jpなどへ変換前や変換後に1byte毎に
文字数を勘定することがあれば,2bytes文字の真中で折り返すこともありうるので,
文字化けの原因になってしまいます.昔,viエディタなどで文字化けを経験したもの
にとって強い心配ごとなのです.
Mozilla/mailのformat=flowedは,このような文字化けを起こさないように
配慮されているのでしょうか?    以上,よろしくお願いします.
* byteの綴りは訂正しました.

Re[3]: Mozilla/mail-newsのformat=flowed機能
(#7602) このトピック中5番目の投稿
自己レスです.
> 漢字や平仮名は2bytes文字ですが,半角のスペースや">"などの記号,英文字などを
> 混在させることがあります.仮にiso-2022-jpなどへ変換前や変換後に1byte毎に
> 文字数を勘定することがあれば,2bytes文字の真中で折り返すこともありうるので,
> 文字化けの原因になってしまいます.

自分でメールとその返信メールを出して,確かめた所,改行位置がおかしくなるだけで,
文字化けは,起りませんでした.製作者がうまく対応しているようです.
これで,「済み」と致します.

済!
Re[3]: Mozilla/mail-newsのformat=flowed機能
(#7603) このトピック中6番目の投稿

> 昔,viエディタなどで文字化けを経験したものにとって強い心配ごとなのです.
> Mozilla/mailのformat=flowedは,このような文字化けを起こさないように
> 配慮されているのでしょうか?

メールを作成し、Draftに保存して、View/Message Source(CTRL+U)で確認してみてはいかがでしょうか。

メールフォルダーのデータはただのUnix Mbox形式のメールファイルですから、
(1)"Drafts"に対し"Compact this folder"で削除済み・古いメールデータを消し、
(2)Mozilla/Thunderbirdを終了、
(3)Mail directlyの中の"Drafts"というファイルの中身をちょっと変更、
(4)"Drafs.msf"(mail summary file)を削除、
(5)Mozilla/Thunderbirdを再起動、
(6)"Drafs"フォルダーをクリックして、カウントを正しく表示させる
とすれば、
format=flowedの有無、改行の直前の空白の有無、DelSp=Yesの有無などによる表示の違い、それに対する返信・フォワードで作成されるメールについても、簡単に確認できます。

(2)、(4)、(5)をバイパスして、(3)の"Drafts"の変更後、(6)の変わりに"Compact this folder"をしてもいいはずです。
もし"Drafts"フォルダーが壊れたら、"Drafs"と"Drafts.msf"を削除し、ヌルの"Drafts"を作って再起動。
テスト用にダミーのメールアカウントを作ってテストすれば、もっと安全です。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -