過去ログ表示


過去ログ 77 を表示

トピック内全 13 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

Thunderbird 0.9 Released
(#11652) このトピック中1番目の投稿

Re[1]: Thunderbird 0.9 Released
(#11655) このトピック中2番目の投稿
(環境: Mac/FirefoxPR/Thunderbird0.8)

Mac OS X 版を使っています。

以前のバージョンの Thunderbird では日本語フォルダは作成出来ていたし、
メッセージフィルタなどでも問題なく使えていたのですが、このバージョンからは
日本語でフォルダの作成が出来なくなっているようです。
さらに、以前のバージョンで作った日本語フォルダの中のメールが
見えなくなってしまいます。

これは既知の問題でしょうか?
(追いかけ派ではないので細かい仕様変更についてはよくわかりません...)

Re[2]: Thunderbird 0.9 Released
(#11656) このトピック中3番目の投稿
(環境: Mac/Camino0.8.1/Thunderbird0.8)

2004/11/04(Thu) 21:04:22 編集(投稿者)
2004/11/04(Thu) 21:04:01 編集(投稿者)
2004/11/04(Thu) 21:03:50 編集(投稿者)

> Mac OS X 版を使っています。
>
> このバージョンからは
> 日本語でフォルダの作成が出来なくなっているようです。

> さらに、以前のバージョンで作った日本語フォルダの中のメールが
> 見えなくなってしまいます。

同じくMac OSX版です.
日本語フォルダ作成ができないこと及び0.8以前のバージョンで作った
日本語フォルダの中が見えなくなるのは私のところでも再現しています.

この状態で0.8に戻した際も日本語フォルダの中が見えなくなりました.
#日本語フォルダ内のメールをあらかじめ"tmp"というフォルダにコピーしておいた
#ので,実害はありませんでしたが.

0.9にバージョンアップする前に,日本語フォルダ名を変更しておくのがとりあえず
の回避策かと思います.

Re[3]: Thunderbird 0.9 Released
(#11657) このトピック中4番目の投稿
(環境: Mac/Camino0.8)

> 0.9にバージョンアップする前に,日本語フォルダ名を変更しておくのがとりあえず
> の回避策かと思います.

回避策としてはそうですが、以前は問題なかった機能なのに、アプリケーションに合わせて自分の環境を変えなかればならないというのは受け入れられないですね。というわけで、Bugzilla に報告しておきました。何か付け加えることがあれば、どうぞよろしくお願いします。

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=267690

Re[1]: Thunderbird 0.9 Released
(#11658) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP/Mozilla1.7)

新機能の”Saved Search Folders”はいいですね!
Opera MailみたいなDBベースでデータを持っているメーラーでなければ無理かと思ってたんですが、意外でした。
まだちょっと動きがおかしいときはありますが、1.0が楽しみです。
これで日本語の処理がしっかりしたら、Firefoxと同じぐらい注目を集めそうですね!
久しぶりに興奮しました。 :D

Re[4]: Thunderbird 0.9 Released
(#11659) このトピック中6番目の投稿
(環境: Mac/Mozilla1.7)

> というわけで、Bugzilla に報告しておきました。何か付け加えることがあれば、どうぞよろしくお願いします。
> https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=267690

報告ありがとうございます。
この件と思われることでほかに気がつくことがあれば、bugzilla に追記させていただきます。

Re[2]: Thunderbird 0.9 Released (Saved Search Folders)
(#11663) このトピック中7番目の投稿
(環境: Win2000/Mozilla1.8a)

2004/11/05(Fri) 01:42:09 編集(投稿者)

> 新機能の”Saved Search Folders”はいいですね!
> Opera MailみたいなDBベースでデータを持っているメーラーでなければ無理かと思ってたんですが、意外でした。

OperaのM2は、"DB"と言ってはいますが、中身は"All messages"という一つのUnix Mbox形式のフォルダーと、"View"という、フィルターをかけた結果で構成しているだけです。
"Sent"とか"Received"は、"View"とは呼んでいませんが、事前定義された"View"です。
ただ、一つのUnix Mbox ファイル(=Mozilla/Thunderbirdでのフォルダーに対応するファイル)ではなく、受信したものはいくつかのUnix Mboxファイルにわかれ、Draftとか送信したものとかは別のUnix Mboxファイル、というように、内部では分散させているようですが。

で、"All Messages"というものを物理的なデータベースに、論理的な見方の"Received"や"Sent"あるいはユーザー定義の"View"を、リレーショナルデータベースをSQLでアクセスすることになぞらえ、"データベース”と言っているだけです。
ただ、このコンセプトは非常に優れたものだと思います。
それで、これを真似て、Thunderbirdでも"Saved Search Folders"を作ってくれたようです。
Operaでいう"View"にあたります。

Thunderbirdで、"Global Inbox"で一つのアカウウントあるいは"Local Folders"の中のInbox/Sentなどの複数のフォルダーにメールをまとめて保存し、
"Saved Search Folders"で条件に一致したものを見る、という方式にすると、
OperaのM2とほとんど同じようなことになります。
私は、折角Thunderbirdはアカウントごとにわけてメールフォルダーを管理できるのに、
それを"Global Inbox"で一つにまとめてしまって、壊れた時に悲惨な目にあうのは避けたいですから、
(Opera 7では、M2はまだ開発途上のこともあって、公開ビルドが変わると結構変更されていて、泣いたことがある人も多いみたいです(^^;)
アカウントごとにメールを分割管理し、"Saved Search Folders"で条件にあうものだけを見る、という、
Mozilla/ThunderbirdとOperaの両方のいいとこどりの方式がいいですね。

まだ細かな不具合はいろいろあるようですが、いい機能だと思いますので、
普通に使ってみたあと、いろいろと意地悪なこと(^^)をして耐久性をチェックし、
問題があったら、1.0では完全なものになるようにBugzillaに報告してください。

Re[3]: Thunderbird 0.9 Released (Saved Search Folders)
(#11686) このトピック中8番目の投稿
(環境: WinXP/Mozilla1.7)

Opera Mailもmbox形式だったんですね。知りませんでした。

> アカウントごとにメールを分割管理し、"Saved Search Folders"で条件にあうものだけを見る、という、
> Mozilla/ThunderbirdとOperaの両方のいいとこどりの方式がいいですね。

そう!そうなんですよね!
Opera MailもBloombaもしっくりこなかったんですけど、Thunderbird0.9は、少しさわっただけで便利だと感じました。
1.0になったら、乗り換えを検討するかも知れません。

Re[4]: Thunderbird 0.9 Released(Bug-org 267690)
(#11687) このトピック中9番目の投稿
(環境: Win2000/Mozilla1.8a)

> https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=267690

同じようなバグが、これより少し前に、ノルウェーの人によってオープンされてますね。
> Bug 267660 : sub folders of the inbox unavailable and corrupted after upgrade from 0.8 to 0.9
( https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=267660 )
こちらは、サブフォルダーが見えなくなること以外に、
いくつかのフォルダーが同じ名前のフォルダーになってしまう現象や、
メッセージフィルターが動かなくなる現象なども報告しています。

Mac OS Xにおける、Bug 3052 の問題がおおかた修正され、
ファイル名・フォルダー名に、「ガ」とか「ポ」を使うか、「カ」+「゛」あるいは「ホ」+「゚」で表現される方を使うか、
(ComposedとDecompose、UnicodeのNormalization-正規化)、
が、Thunderbird 0.9で変わったことに関係するバグのように思えます。
> Bug 3052 : 日本語を使用したメールフォルダ名が文字化けを起こす

また、Bug 4014 が解決され、フォルダー名の中の文字のShift_JISの2バイト目が\(0x5C)になる場合などに、
フォルダー用のファイル名が、ヘキサ文字列(ファイル名に使用できない文字がフォルダー名に含まれる時)だったのが、Thunderbird 0.9から普通に日本語のファイル名を使うように変更になったことも、一部のフォルダーに関しては影響しているかもしれません。
> Bug 4014 日本語の名前のメールフォルダーを新規作成すると、削除できない、
> 再作成できない、再起動すると同じ名前のフォルダーが2つできる、
> という問題が起こる(Mozilla 1.8a4/Thunderbird 0.8)

山口さん、本家のBugzillaで最初から英語でやるのは、文字とそのUnicodeの表現コードに関係するので、ちょっとしんどいと思います。
(UTF-8で添付するとか、バグをUTF-8で開いてUTF-8でデータを書き込む、などの注意と工夫をしないと、状況を伝えるのが非常に困難になります)
ばぐじらのほうにもバグを開いてはいかがでしょうか?
そこで、どのような名前の時に問題が起こるのか、Thundebird 0.9で新規に作成したものでも起こるのか、
実際に使われているファイル名や、メールフォルダーにどのようなファイルが実際にあるか、
などを、日本語の場合について整理しておいたほうがいいかと思います。

Re[3]: Thunderbird 0.9 Released
(#11688) このトピック中10番目の投稿
(環境: Mac/Camino0.8.1/Thunderbird0.8)

日本語でフォルダ作成できる場合「も」あるようです.
例1:「あ」というのはOKでした.
例2:「神林」はNGでしたが「神」はOKでした.

ただし日本語でフォルダが作成されると,次のような副作用が出てきました;
副作用1:作成した日本語フォルダをTrashに移動して“Empty Trash”を実行しても,
     プロファイルフォルダには元の位置に残ったままになる.
     したがってThunderbird0.9を再起動した場合,当該日本語フォルダは元の
     位置に残ったままとなっている.
副作用2:作成した日本語フォルダの名前を他の名前(英語名)に変更しても,その変
     更が再起動時に反映されない.
     →プロファイルフォルダのMailフォルダ内に変更が反映されていない.
副作用3:日本語フォルダが作成されると,日本語のメールを含む他のフォルダの中身
     (メール一覧)が全く表示されなくなる.
     英語メールだけのフォルダは全く問題なく,メール一覧もメッセージも表示
     される.

まだまだ他に副作用がありそうです.


[ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -