過去ログ表示


過去ログ 95 を表示

トピック内全 4 記事中の 1 〜 4 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

メールのほかのOSへの転送について
(#14629) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP/Firefox1.0/Thunderbird1.0)

自作のPCを使っているのですが、
前のOSに不具合が出て立ち上がらなくなった
(クラッシュではなくboot.iniか何かのいじり方を間違えた)ので
新しいハードで組みなおし、前のハードは
スレイブでつないであるのですが
その前のハードからthunderbird1.0の
アドレスやメールのデータを引っぱってくることは
できるのでしょうか?
Thunderbirdのフォルダはすべてきちんと見ることができます。
ちなみに前のOSは2kでした。
みなさん、よろしくお願いいたします。

Re[1]: メールのほかのOSへの転送について
(#14636) このトピック中2番目の投稿
(環境: Win2000/Mozilla1.8a)

> 前のOSに不具合が出て立ち上がらなくなった
> (クラッシュではなくboot.iniか何かのいじり方を間違えた)ので
> 新しいハードで組みなおし、前のハードは
> スレイブでつないであるのですが
> その前のハードからthunderbird1.0の
> アドレスやメールのデータを引っぱってくることは
> できるのでしょうか?
> Thunderbirdのフォルダはすべてきちんと見ることができます。
> ちなみに前のOSは2kでした。

Win-2K=>Win-XPならば、プロファイルの場所なども同じですし、
(C:\Document and Settings\<UserId>\Application Data\Thunderbird\profile.iniにプロファイ名/プロファイルディレクトリー名が登録されていて、それが使われるだけ)
テキストデータのファイルの中身の「改行(CR+LF)」も同じなので、
Win-2KとWin-XPでドライブレターの構成が同じとかユーザー名が同じ、
同じデータは同じドライブ/同じディレクトリーに存在する、
Thunderbirdのプロファイル名やプロファイルディレクトリー名が同じ、
という条件などを満たすようにすれば、
profile.iniとプロファイルディレクトリーのデッドコピーで可能です。

しかし、安全のためには、Win-XPで新規にプロファイルを作成・アカウントの再作成をし、
Win-2KでのMailディレクトリーの下の、「サーバー名」のディレクトリーの中にある、
<フォルダー名>というファイル、<フォルダー名>.msfというファイル、<フォルダー名>.sbdというディレクトリー(この3つで一つのメールフォルダーを構成)などや
msgFilterRules.datなど一切合切をコピー、というほうが無難でしょう。
ついでに大掃除も兼ねられる、というメリットもありますし(^^)
あとは、プロファイルディレクトリーの中のabook(-N).mabなどをコピーすればほぼOK。

ディレクトリー名やファイル名は、Thunderbirdのリリースノートには明記してありませんので、
Mozilla Application Suiteのリリースノートを参考にしてください。
若干の変更はありますが、ほとんど同じです。

ただし、パスワードなどのデータは、ランダムな文字列のファイル名が使われたり暗号化して保存されるなどがあって、
手動でのコピーは、prefs.jsの設定と実際のファイル名の整合性をとる必要があるとか、
コピーする前に使うための設定をしてからファイルをコピーしないといけないなど、
ちょっと厄介ですので、再入力するほうが返って楽な場合も多くなります。

Re[2]: メールのほかのOSへの転送について
(#14688) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP/Firefox1.0)

すばやい回答ありがとうございます。
いろいろ試してみたいと思います。
ありがとうございました。

> > 前のOSに不具合が出て立ち上がらなくなった
>>(クラッシュではなくboot.iniか何かのいじり方を間違えた)ので
>>新しいハードで組みなおし、前のハードは
>>スレイブでつないであるのですが
>>その前のハードからthunderbird1.0の
>>アドレスやメールのデータを引っぱってくることは
>>できるのでしょうか?
>>Thunderbirdのフォルダはすべてきちんと見ることができます。
>>ちなみに前のOSは2kでした。
>
> Win-2K=>Win-XPならば、プロファイルの場所なども同じですし、
> (C:\Document and Settings\<UserId>\Application Data\Thunderbird\profile.iniにプロファイ名/プロファイルディレクトリー名が登録されていて、それが使われるだけ)
> テキストデータのファイルの中身の「改行(CR+LF)」も同じなので、
> Win-2KとWin-XPでドライブレターの構成が同じとかユーザー名が同じ、
> 同じデータは同じドライブ/同じディレクトリーに存在する、
> Thunderbirdのプロファイル名やプロファイルディレクトリー名が同じ、
> という条件などを満たすようにすれば、
> profile.iniとプロファイルディレクトリーのデッドコピーで可能です。
>
> しかし、安全のためには、Win-XPで新規にプロファイルを作成・アカウントの再作成をし、
> Win-2KでのMailディレクトリーの下の、「サーバー名」のディレクトリーの中にある、
> <フォルダー名>というファイル、<フォルダー名>.msfというファイル、<フォルダー名>.sbdというディレクトリー(この3つで一つのメールフォルダーを構成)などや
> msgFilterRules.datなど一切合切をコピー、というほうが無難でしょう。
> ついでに大掃除も兼ねられる、というメリットもありますし(^^)
> あとは、プロファイルディレクトリーの中のabook(-N).mabなどをコピーすればほぼOK。
>
> ディレクトリー名やファイル名は、Thunderbirdのリリースノートには明記してありませんので、
> Mozilla Application Suiteのリリースノートを参考にしてください。
> 若干の変更はありますが、ほとんど同じです。
>
> ただし、パスワードなどのデータは、ランダムな文字列のファイル名が使われたり暗号化して保存されるなどがあって、
> 手動でのコピーは、prefs.jsの設定と実際のファイル名の整合性をとる必要があるとか、
> コピーする前に使うための設定をしてからファイルをコピーしないといけないなど、
> ちょっと厄介ですので、再入力するほうが返って楽な場合も多くなります。
済!
Re[3]: メールのほかのOSへの転送について
(#14691) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP/Firefox1.0)

おせっかいですが...

ハードディスクを「ハード」と略すと何を指しているのか
わからなくなってしまいますので、「HDD」などと略したほうが
よいですよ。

# 最初読んだときboot.iniの設定間違えて
# 別のパソコンを一から組みなおしたのかと思いました(笑


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -