過去ログ表示


過去ログ 143 を表示

トピック内全 21 記事中の 11 〜 20 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1] [2]

Re[7]: 送信サイズの制限
(#22793) このトピック中11番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE6)

みなさま、ご指摘ありがとうございます。
当方、そんなにPCに強くないので、WADAさまからのご指摘頂いた点については、ちょっと時間をかけて取り組ませてください。結果が出ましたら報告しますので、またご助言を頂きたいと思います。

> のどれかをしているのではないかと思います。サバ読みをしているなら、もう少し大きなファイルを添付すればOutlook Expressでもエラーになると思います。

ただ、この点ですが、Outlook Express だと、私の経験からは10Mを超えるファイルでも送ることができています。(マナーは別として)

また、分割されているのでは? というご指摘ですが、Outlook Express には、指定されたサイズ以上のファイルを分割するかどうかの設定ができます。私はその設定をしていませんので、分割をしないで送信しているはずです。分割しているとするならば、送信時に、分割をするプロセスが発生するはずなので、時間がかかるのですが、それもなく、すぐサーバーに送られます。

ちなみに、Wadaさまのご指摘のように、5K bytesの違いの原因が分かったとして、送信制限にどのような影響を与える可能性があるのでしょうか? ご経験からご想像できることはありますか?

みなさまのお手数をお掛けしていてすみません。

それにしても、Googleで検索をしても、同じような事象は報告されていないようですね・・・。 私のPCが悪いのかなぁ。。

Re[8]: 送信サイズの制限
(#22800) このトピック中12番目の投稿
(環境: OS2/Firefox1.0.4)

> 10Mを超えるファイルでも送ることができています。(マナーは別として)
てことだけど, 3MBでもかなり大きめだと思うです。

MUA(ユーザーエージェント) から送り出されたメッセージは, いくつかの MTA(転送/配送エージェント) を経由して, 最終的にどこか(相手のトコのサーバー) に辿り着くです。
その間を, 3MBのメッセージがバケツリレーで運ばれてると, MTAも大変でしょー。

んで, 送信メッセージのサイズの制限は, 最初の MTAか, 最後のサーバーの, どちらかのものでしょー。
途中の MTAがソレを制限している可能性はあるのかどーか知らないれす。 もし途中だとするなら, 転送の記録が重要になるかも。(到着したブツのヘッダーに記されてるはずです)

予想としては, その経路が異なってて, Thunderbirdで送ったものはソレに引っ掛かった。
あるいは, MS-OEは知らないトコで勝手に分割している。
… って感じでしょーか。

Re[9]: 送信サイズの制限
(#22808) このトピック中13番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.0.4)

2005/07/14(Thu) 01:21:22 編集(投稿者)

> 予想としては, その経路が異なってて, Thunderbirdで送ったものはソレに引っ掛かった。

前の投稿(#22743)で「 ・Thunderbirdでは同じファイルを、自分宛に送っても届きません。」って書いているので、転送経路で何かが発生しているっていうことはなさげ。まして、MUA で経路が違うとは思えないっす。

Re[8]: 送信サイズの制限
(#22809) このトピック中14番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.0.4)

2005/07/17(Sun) 01:36:32 編集(投稿者)

> また、分割されているのでは? というご指摘ですが、Outlook Express には、指定されたサイズ以上のファイルを分割するかどうかの設定ができます。私はその設定をしていませんので、分割をしないで送信しているはずです。分割しているとするならば、送信時に、分割をするプロセスが発生するはずなので、時間がかかるのですが、それもなく、すぐサーバーに送られます。

処理的にはたいしたことが無いはずなので、分割したからといって体感的に分かるほど遅くならないでしょう。まして、3M も送信するんだから(3Kなんかとくらべれば)送信もそれなりに時間がかかるでしょうから、分からないと思いますよ。
サーバが拒否しているなら、3M のメールを送れないのは当然で、逆に、送れてしまう方がおかしい。Thunderbird のメッセージを信じるなら、OE の挙動が異常。OE の挙動が異常じゃないとすると自動分割くらいしか思いつかなかったのですよ...

以上はどうでもいい前置きです(笑

ここではサーバ制限(あるいは警告)されているかどうかが大きなポイントなんだと思うんですよ。ですから、その点をサーバ管理者なり、サポートなりに問い合わせてみてはいかがですか?

それと、和田さんの Q2 をやってみると OE が分割して送信していた場合、Thunderbird では複数のメールを受信すると思われます。試してみる価値はあると思います。


以下のことも試してみれば、いろいろと分かるかもしれません。よく分からないのなら読み飛ばしてください。
Thunderbird でも OE でも無いほかの MUA を使って送信してみてはいかがでしょうか。テストに使う MUA はできるだけ簡素で詳細なログを出力するものがよいでしょう(私なら電信八号を使います)。
より詳しくは telnet やら bash やらで直接 110 ポートに接続してコマンド送信をしてみるとどこでエラーになっているのかが分かるはずです。

# 和田さんから指摘がありましたので若干修正

Re[10]: 送信サイズの制限
(#22827) このトピック中15番目の投稿
(環境: OS2/Firefox1.0.4)

こんにちは。

> 前の投稿(#22743)で「 ・Thunderbirdでは同じファイルを、自分宛に送っても届きません。」って書いているので、転送経路で何かが発生しているっていうことはなさげ。まして、MUA で経路が違うとは思えないっす。

SMTPサーバーとあて先の両方が同じならばそうかも。
でも, サーバーってゆってるけど何のサーバーかは書いてないれすね。

それに, ホントに正しく設定されているかどーか ここでは分からないし, 確認してもらってもよいのかも。SMTP/POPサーバー (あるいは別のサーバー)。 Surprised

(環境: Win2000/Mozilla1.8b)

2005/07/15(Fri) 13:12:31 編集(投稿者)

> 5K bytesの違いの原因が分かったとして、送信制限にどのような影響を与える可能性があるのでしょうか?

あらら、また変な方向に行っちゃった(^^;
それと、「FCでファイルを比較」なんて余計なことを書いたせいで、どうしていいかわからなくなったようで...

5000バイトの違いが送信制限に直に関係してくるのは、
サーバーが「全サイズ制限は3,072,000バイトだよ」と言ってきて、
それを無視してそれより大きなものを送った場合に、
(3,662,137バイト+アルファ)以内ならサーバーが受け取れるが、
(3,667,455バイト−アルファ)以上だとサーバーが「これ以上は絶対にダメ」と受信を拒否する場合くらいでしょうね。
「なぜ5000バイト、しか/も、違う?」と書いたのは、これを念頭にメールデータを見て比較すると、メールデータの構造を理解しやすくなり、とおりつがりさんの計算の意味がわかるからです。

Thunderbirdはちゃんと「サーバーのサイズ制限」に従っているのであって、明らかにもう問題ではなくなっていますから、
あとは、ぱんぢょ さん が、なにが起こっているのかを調べられて現象を理解できればいいわけです。
でも、今の段階で、トレース採って調べたら?、なんて言ったら、ぱんぢょ さんがパニックに陥ること請け合い。
ご自分でも「そんなにPCに強くないので」とおっしゃっていますし、実際に「telnet やら bash やらで直接 110 ポートに接続してコマンド送信...」、と のらねこ さんに言われて、いかがでしたか?(^^)

調べるには、(A)送る前のメールデータと、(B)届いたメールデータ、が絶対に必要になりますが、
(A)はすでに入手しているので、次は(B)ということになり、それが(Q1)と(Q2)になります。
そして、「幸い(^^;」なことにThunderbirdは分割されたメールをマージしない(まだできない)ので、
(Q2)のデータは、自動分割されているのか・いないのかの完璧な証拠になります。
そのあとは、サーバーがどんな応答をしているかを、Outlook ExpressとThunderbirdで調べればいいのですが、それはもう少し事実が確認できてからの話。
また、ヘッダーを調べる、と簡単に言いましたが、3.6メガバイトもあるファイルの中身をみることになるわけで、工夫が必要になってくるかもしれませんから、それはあと回しにしましょう。

他の方から、もしかしたら異なるSMTP...、という疑問もでましたから、それも含めて明確にするために、まずは、次の3つのメールの".eml"を入手してください。

(1)Outlook Express+2.6Mの添付ファイル -> Outlook Expressで受信 -> ".eml"に保存
(2)Outlook Express+2.6Mの添付ファイル-> Thunderbirdで受信 -> -> ".eml"に保存
(3)Thunderbird + 2.6Mのものと同じ拡張子の、1K以下のごく小さなファイルの添付 -> Thunderbirdで受信 -> ".eml"に保存

そのあと、(3)で保存した".eml"ファイルを、メモ帳(notepad.exe)で開いてみてください。
そうすれば、メール・添付ファイルがどのような形で送られているかがわかりますよ。

なお、スレッドのネストが深くなって読みにくくなってきましたから、3つの".eml"を保存できたら、メインスレッドに対する一番目のレベルの返信で書き込んでくださいね。
そこで、".eml"の中のメールヘッダーをみて、実際に何が起こっているかを調べましょう。

↑これに注目↑
(#22871) このトピック中17番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.0.4)

件名同じじゃ埋もれて見えないよ。。。。。
というわけで目立たせてみたのですがいかがでしょう。

Re[9]: 送信サイズの制限
(#22872) このトピック中18番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE6)

すみません、いろいろとご意見を頂いているのですが、なんだか分からなくなってきて、全然ついていけてません(汗、汗。

とりあえず、送信後のデータファイルというのも比較するようがんばって見ます。

これ以上、貴重なご意見を頂いても、私が消化できそうもないので、
申し訳ないので、しばらく傍観下さい。

進展があったら、またご報告させてください。

みなさま、ありがとうございました。感謝します。

PS 私のような一般市民はMSを使えってことなんですかね・・・。悲。


> 2005/07/15(Fri) 12:50:06 編集(投稿者)
>
>>5K bytesの違いの原因が分かったとして、送信制限にどのような影響を与える可能性があるのでしょうか?
>
> あらら、また変な方向に行っちゃった(^^;
> それと、「FCでファイルを比較」なんて余計なことを書いたせいで、どうしていいかわからなくなったようで...
>
> 5000バイトの違いが送信制限に直に関係してくるのは、
> サーバーが「全サイズ制限は3,072,000バイトだよ」と言ってきて、
> それを無視してそれより大きなものを送った場合に、
> (3,662,137バイト+アルファ)以内ならサーバーが受け取れるが、
> (3,667,455バイト−アルファ)以上だとサーバーが「これ以上は絶対にダメ」と受信を拒否する場合くらいでしょうね。
> 「なぜ5000バイト、しか/も、違う?」と書いたのは、これを念頭にメールデータを見て比較すると、メールデータの構造を理解しやすくなり、とおりつがりさんの計算の意味がわかるからです。
>
> Thunderbirdはちゃんと「サーバーのサイズ制限」に従っているのであって、明らかにもう問題ではなくなっていますから、
> あとは、ぱんぢょ さん が、なにが起こっているのかを調べられて現象を理解できればいいわけです。
> でも、今の段階で、トレース採って調べたら?、なんて言ったら、ぱんぢょ さんがパニックに陥ること請け合い。
> ご自分でも「そんなにPCに強くないので」とおっしゃっていますし、実際に「telnet やら bash やらで直接 110 ポートに接続してコマンド送信...」、と のらねこ さんに言われて、いかがでしたか?(^^)
>
> 調べるには、(A)送る前のメールデータと、(B)届いたメールデータ、が絶対に必要になりますが、
> (A)はすでに入手しているので、次は(B)ということになり、それが(Q1)と(Q2)になります。
> そして、「幸い(^^;」なことにThunderbirdは分割されたメールをマージしない(まだできない)ので、
> (Q2)のデータは、自動分割されているのか・いないのかの完璧な証拠になります。
> そのあとは、サーバーがどんな応答をしているかを、Outlook ExpressとThunderbirdで調べればいいのですが、それはもう少し事実が確認できてからの話。
> また、ヘッダーを調べる、と簡単に言いましたが、3.6メガバイトもあるファイルの中身をみることになるわけで、工夫が必要になってくるかもしれませんから、それはあと回しにしましょう。
>
> 他の方から、もしかしたら異なるSMTP...、という疑問もでましたから、それも含めて明確にするために、まずは、次の3つのメールの".eml"を入手してください。
>
> (1)Outlook Express+2.6Mの添付ファイル -> Outlook Expressで受信 -> ".eml"に保存
> (2)Outlook Express+2.6Mの添付ファイル-> Thunderbirdで受信 -> -> ".eml"に保存
> (3)Thunderbird + 2.6Mのものと同じ拡張子の、1K以下のごく小さなファイルの添付 -> Thunderbirdで受信 -> ".eml"に保存
>
> そのあと、(3)で保存した".eml"ファイルを、メモ帳(notepad.exe)で開いてみてください。
> そうすれば、メール・添付ファイルがどのような形で送られているかがわかりますよ。
>
> なお、スレッドのネストが深くなって読みにくくなってきましたから、3つの".eml"を保存できたら、メインスレッドに対する一番目のレベルの返信で書き込んでくださいね。
> そこで、".eml"の中のメールヘッダーをみて、実際に何が起こっているかを調べましょう。

Re[10]: Thanks
(#22873) このトピック中19番目の投稿
(環境: Win2000/Mozilla1.8b)

> 件名同じじゃ埋もれて見えないよ。。。。。
ということで、件名の後ろに少し追加しておきました。

Re[10]: 送信サイズの制限(事実と疑問点の整理)
(#22874) このトピック中20番目の投稿
(環境: Win2000/Mozilla1.8b)

2005/07/17(Sun) 09:59:59 編集(投稿者)

> いろいろとご意見を頂いているのですが、なんだか分からなくなってきて、全然ついていけてません(汗、汗。

やっぱり、半分パニック状態(^^)

> とりあえず、送信後のデータファイルというのも比較するようがんばって見ます。

「比較してみてください」と書いたのは、どのくらい知っているのかわからないから、まずは、それに対し、すぐに「メールヘッダーはこうなっている」というような返事が返って来るのか・来ないのかを確認してみた、ということです。
わからない時には、全部自分で頑張って調べないといけない!、と思うのではなくて、どういうことか?、とか、どういうふうにすればいいのか?、という返事をしてくださるかたの方が圧倒的に多いですし。
(ちょっと意地悪な聞き方だったかな(^^;)

メールデータの構造を知らないと難しい話ですし、一人だけでやっていると迷路に迷いこんだみたいになっちゃいますよ(^^)
それに、調べる時にデータ部分は無視できるといっても、それが3.6メガもあるわけで、スクロールするだけでも気分が滅入ります。

".eml"ファイルが入手できさえすれば、それを見る方法とか、それのどこを見ればいいとか、皆さんの具体的なアドバイスも受けられます。
自分ひとりで一度に全部やろうとしないで、皆さんからの疑問点を、事実(データ)を元に、一つずつ調べていきましょう。

(追記: 事実と疑問点の整理)

[ 事実 ]

(1)添付ファイルの実際のサイズ: 2,675,712 bytes
(2)Outlook Expressでの送信
(Case-A){2.6Mの添付}→[O.E]→{3,662,137 bytesのeml}→○→[SMTPサーバー]→[POPサーバー]→[O.E]→{eml-A}
(Case-B){2.6Mの添付}→[O.E]→{3,662,137 bytesのeml}→○→[SMTPサーバー]→[POPサーバー]→[Tb]→{eml-B}
(3)Thunderbirdでの送信
(Case-C){2.6Mの添付}→[Tb]→{3,667,455 bytesのeml}→X→[SMTPサーバー]→(不可能)→[POPサーバー]→(不可能)→[Tb]→(不可能)→{eml-C}
 エラーメッセージ:
 「メッセージのサイズは、サーバーの全サイズ制限(3,072,000 bytes)を超えたために
 送信されませんでした。メッセージサイズを小さくして、やり直してください。」

[ みなさんからの疑問点 ]

(1) Case-AとCase-C は、本当に同じSMTPサーバー?
(2) Case-A/Case-B において、Outlook Expressは自動分割している?
(3) 同じSMTPサーバーで、自動分割されていなくて、サーバー側が、実際にスペースがパンクするまでは受信してくれる場合、
(3-A)Outlook Expressは、サーバーが「最大=3,072,000 bytes」と言っているのに、それを無視している?
(3-B)あるいは、サーバーに「最大は?」と問い合わせていない?
(3-C)それとも、サーバーに「これから送るのは3,662,137 bytes」と申告していない?
(3-D)はたまた、「これから送るのは2メガしかないよ」と、ウソの申告をしている?
(3-E)もしかすると、SMTPサーバーがMS製のソフトを使っていて、MS製のメーラーだと制限しないが他のメーラーだと制限するのかもしれない。
# MSのソフトの場合は、何が起きても不思議じゃない(^^)

これらを調べるには、
* Thunderbirdでの送信 その2
(Case-D){1Kの添付}→[Tb]→{〜数K程度のeml}→○(のはず)→[SMTPサーバー]→[POPサーバー]→[Tb]→{eml-D}
で、比較のためのデータをとり、
 a) {eml-A}と{eml-B}で、メールヘッダーなどがどう違うか、あるいは、どの程度同じなのか、
 b) {eml-A}/{eml-B}と{eml-D}で、メールヘッダーがどう違うか、
を知る必要がある、ということです。
そのあと、(Case-A)の[O.E]→○→[SMTPサーバー]でどのようなやりとりがあるか、
それが(Case-B)の[Tb]→×→[SMTPサーバー]の場合のやりとりとどう違うのか、
を調べれば、おしまい。

(追記おわり)


[ 前のトピック内容10件 ] | [ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1] [2]

返信不可


- Child Tree -