過去ログ表示


過去ログ 151 を表示

トピック内全 4 記事中の 1 〜 4 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

thunderbird-->Mail2 (Mac)へのデータ移行
(#23832) このトピック中1番目の投稿
(環境: Mac/Firefox1.0.6)

はじめまして。
現在mac版thunderbirdを使っています。

OSをtigerに変更したので試しにOS標準のmail2に一部のメールアカウントを
移行しようと思ったのですが、うまくいきません。

事象としては、一部のメールしか移行されないというものです。

thunderbirdの受信箱の中に10通メールがあるとして、
mail2に移行してみるとメールが7通とかに減っているのです。

念のためthunderbirdのinboxの中身を覗いてみたら、
受信箱に入っている10通のメールのうち7通分のメールデータしか
確認できませんでした。

でも受信箱上ではきちんと10通メールがあって、全部読めています。

これってinboxファイル以外でthundebirdはメールデータを
持っているんでしょうか??

知ってる方がいたら教えてください。よろしくお願いします。

:cry:

Re[1]: thunderbird-->Mail2 (Mac)へのデータ移行
(#23846) このトピック中2番目の投稿
(環境: Win2000/Mozilla1.8b)

> 念のためthunderbirdのinboxの中身を覗いてみたら、
> 受信箱に入っている10通のメールのうち7通分のメールデータしか
> 確認できませんでした。
>
> でも受信箱上ではきちんと10通メールがあって、全部読めています。

7通しかないのに移行すると10通になるのなら、削除メールも移行されたんじゃないか、という推測もつくんですが...

(Q1)Thunderbirdで、受信箱(Inbox)と同じ階層にmail_01〜mail_10というメールフォルダーを作り、それぞれに一通ずつメールをコピーし、コピーしたあと念のために「Compact Folder(フォルダーの圧縮、かな?)」をし、それらをMail2側にインポートするとどうなりますか?

(Q2)Mail2側にTbの"View(表示)"のようなものがあって、「未読」だけの表示とか、特定の送信者だけの表示とか、特定の宛先だけの表示とか、ある条件にヒットしたものだけの表示になっていませんか。

Re[2]: thunderbird-->Mail2 (Mac)へのデータ移行
(#23926) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE6)

理由らしきものがわかりました。
thunderbirdで保存されているmbox形式のメールとメールの切れ目を
mail2が読みとれない時があるみたいです。

1通のメールに、3,4通分のメールがくっついた内容のメールとかが
ありました。

でも、mbox形式というフォーマットがきまっているのに、
取りこぼすってのも変な感じはしますが・・・。

とりあえず、20通ごとにフォルダに分けてインポートを延々と繰り返して
なんとか無事終了しました。

ご助言ありがとうございました。 m(__)m

Re[3]: thunderbird-->Mail2 (Mac)へのデータ移行
(#23950) このトピック中4番目の投稿
(環境: Win2000/Mozilla1.8b)

> 理由らしきものがわかりました。
> thunderbirdで保存されているmbox形式のメールとメールの切れ目を
> mail2が読みとれない時があるみたいです。
>
> 1通のメールに、3,4通分のメールがくっついた内容のメールとかが
> ありました。
>
> でも、mbox形式というフォーマットがきまっているのに、
> 取りこぼすってのも変な感じはしますが・・・。

Unix Mbox形式では、"From xxxx 日付 ..."という形式のセパレーターの後ろにメールのデータそのもの、を一つのメールとして管理しています。
従って、本文の先頭に"From "というデータがあるとメチャクチャになるので、その場合は、">From"に変えて書き込み、読むときに">"を除去、などの、涙ぐましい努力をしています。
そして、厳密な規格は定められていないので、マルチパートのデータの中の"From"で始まるテキストはどうするのかなども、各メーラーによって様々なようです。
# Unix Mbox形式の設計が適当(=いい加減)なせい、
# いや、「設計」なんてものはなくて、いい加減に定義したものが広まってしまい
# 欠陥が問題になった時にはもう仕様変更できなくなっていた、
# というところかな(^^)

例えば、マルチパートの場合は「バウンダリー」というデータが規定されているので、その間には「バウンダリー」以外の任意のデータをおけるのですが、
実装によってはその間の"From"をメールのセパレーターと認識する可能性があります。
(この場合は、メールが増える、という現象になります)
また、スパムやウィルスメールだとメチャクチャなヘッダーやデータを作ってくるので、
「最後のバウンダリー」の無いメールを送ってくることもあり得ます。
そうすると、Unix Mboxファイル内の次の"From"というメールのセパレーターのデータが、
前のメールのマルチパートの中のデータであると認識される可能性があります。
(この場合は、メールが減る、という現象になります)

1つのメールの中に3〜4通あったというメールのソースを確認してみてください。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -