過去ログ表示


過去ログ 168 を表示

トピック内全 13 記事中の 11 〜 13 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

(環境: Win2000/Firefox1.0.7)

Wadaさん、回答ありがとうございます。

要約ファイルの作り直しやってみました。
いまのところ例のエラーは出ていませんので、しばらく様子をみることといたします。

(環境: Win2000/Firefox1.0.7/Thunderbird1.0.7)

要約ファイルを作り直しても、またこの症状が起きてしまいました。
メールの受信間隔が1分と短かかった為、Wadaさんのおっしゃるように
メールの送信の完了と、メールの自動受信が重なり、デッドロックのようなことがおきているのかもしれません・・・

TBで自動受信はやめて、軽量なメールチェッカーでメールの確認を行うようにしたほうがよいかもしれませんね。

(環境: Win2000/seamonkey1.0a)

> メールの受信間隔が1分

「もしかしたら、かなり短めの間隔指定?」と聞いといたほうがいいかなぁ〜、と思っていたところに、この回答...(^^)

> メールの送信の完了と、メールの自動受信が重なり、デッドロックのようなことがおきているのかもしれません・・・

単純に、受信中に送信しただけで起こるのなら、普通に間隔を指定している方のところでも、結構な確率で同じような問題が発生するように思えます。
デッドロックのようなことだとすると、ダウンロードが完了しないうちに、時間間隔指定による次のダウンロードがスケジュールされて待たされていて、その時の条件によっては、送信すると問題が起こる、というような感じがします。
もしかすると、次が待っているだけならOKで、次の次も待たされた時でないと起こらない問題なのかもしれません。

1分間隔の指定だと、実際にダウンロードが発生した時には1分以内に終わらない確率が高くなり、次が待たされるケースも増えると思います。
余計な問題に遭遇しないように、普通にダウンロードする時にかかる時間を見て、それより大きめの時間間隔を指定しておいたほうが、安全だと思います。

以前、DTIに、どのくらいまでなら短くしても大丈夫か、と聞いたときは、サーバーの負荷を考えるとできれば5分程度までにしてほしい、という回答がきました。
サーバーのことも考えて、自分にとって不都合でない範囲で、できるだけ長めに指定してあげましょう。

なお、POP3も関係してくるとなると、プロトコルログは、SMTPとPOP3の両方を見る必要がでてきます。
「protocol:5」のところを、「SMTP:5,POP3:5」のようにカンマでつなげれば複数同時にとれますから、一度この設定でログをとっておいたほうがいいかもしれません。
画像などのある大きなメールを受信するとこのログも増えますから、時々Thunderbirdを再起動するようにして、HDDのパンクを避けるようにしてください。


[ 前のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -