過去ログ表示


過去ログ 186 を表示

トピック内全 10 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Thunderbirdのプロファイルの復元ができません.
(#29113) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5/Thunderbird1.5)

今までWindowsでThunderbird1.5を使用してきたのですが,併用しているLinuxPCでもThunderbird1.5を使用したいと思い,メールやアカウントなどの設定移行を行いました.

いろいろな掲示板などを参考に,
​http://www.mozilla-japan.org/support/thunderbird/profile#locate​
上記のMozillaサイトを見ながらprofiles.iniを以下のように設定しました.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=0
Path=d13g2tvq.default
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さらに,IsRelativeを1にしてみたりStartWithLastProfile=を0や1に変えてみたりと何度やってみても,Thunderbirdを再起動するとこのプロファイルを読み込んでくれず,プロファイルが新しく作成されてしまいます。
設定変更したはずのProfiles.iniも,勝手に新しく作成されたのプロファイル名に書き換えられてしまいます。

こちらの過去ログ
http://forum.mozilla.gr.jp/?mode=al2&namber=21565&rev=&&KLOG=137
に似た症例がありましたが,上記のようにprofiles.iniを設定すればプロファイルの読み込みができるよう書いてありました.
しかし,私の場合では症状に変化がありませんでした.

どなたか原因のわかる方がおられましたら,教えていただけませんでしょうか.
よろしくお願いいたします.

(環境: WinXP SP2/その他/Thunderbird1.5)

profiles.iniの中の、

> Path=d13g2tvq.default

の部分は

> Path=Profiles/d13g2tvq.default

じゃないかな?
あんま詳しくないから偉そうな事は言えませんが・・・

(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

> Name=default

> さらに,IsRelativeを1にしてみたりStartWithLastProfile=を0や1に変えてみたりと何度やってみても,Thunderbirdを再起動するとこのプロファイルを読み込んでくれず,プロファイルが新しく作成されてしまいます。
> 設定変更したはずのProfiles.iniも,勝手に新しく作成されたのプロファイル名に書き換えられてしまいます。

プロファイルが勝手に新しく作成されるとしたら、名前は default のはずなので、名前は default のままのはずですが
何をもって「新しく作成されたのプロファイル名に書き換えられてしまいます。」と言っているのでしょうか?

(環境: Linux/Firefox1.5/Thunderbird1.5)

メガネ さま、ご返答ありがとうございます。

ご指摘の通り、以下のようにprofiles.iniを編集致しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=0
Path=Profiles/7j8ilohf.default
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、「設定とデータのインポート元」と「アカウントウィザード」
などの初めてThunderbirdを起動したときに表れる画面が表示され、
その後のprofiles.iniは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=756aqenu.default
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

のように書き換えられていまい、756aqenu.defaulという新たな
プロファイルが作成され、7j8ilohf.defaultというプロファイルの
復元はできませんでした。

そこで当方Linuxでありますので、profiles.iniは
〜/.thunderbird/profiles.ini
にあるため、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Path=.thunderbird/7j8ilohf.default
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でも試して見ましたがやはり同じ結果となってしまいました。

申し訳ございませんが、もう少しお力添えいただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

(環境: Linux/Firefox1.5/Thunderbird1.5)

ご返答ありがとうございます。

>>何をもって「新しく作成されたのプロファイル名に書き換えられてしまいます。」と言っているのでしょうか?

私の言葉足らずのせいでご理解に苦しまれたことと思います。
申し訳ございませんでした。

上記の意味は7j8ilohf.defaultというプロファイルを復元したいと思い、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=0
Path=7j8ilohf.default
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

のようにprofile.iniを書き換えたところ、
「設定とデータのインポート元」と「アカウントウィザード」
などの初めてThunderbirdを起動したときに表れる画面が表示され、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=756aqenu.default
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

のように756aqenu.defaulという新たなプロファイルが作成されて
しまうという意味です。

現在のところ他の方からのご意見がございまして、
Path=Profiles/7j8ilohf.default
のようにprofile.iniを記述するとよいとのことでしたので、
Path=Profiles/7j8ilohf.default
や、当方Linuxでありますので、
Path=.thunderbird/7j8ilohf.default
などで早速試して見ましたがやはり上記のような現象が起こりダメでした。

この解決作をご存知でおられましたら、なにとぞお力添え
いただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

> 上記の意味は7j8ilohf.defaultというプロファイルを復元したいと思い、

> Path=756aqenu.default
> ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>
> のように756aqenu.defaulという新たなプロファイルが作成されて
> しまうという意味です。

7j8ilohf.default というディレクトリに、使いたいプロファイルが入っている。
なのに、756aqenu.default という新規のディレクトリが作られてしまった、ということですよね?

それならば、profile.ini を編集する必要はなくて、
7j8ilohf.default の中身を 756aqenu.default に入れればよいのだと思います。

(環境: Linux/Firefox1.5)

あ さん、書き込みありがとうございました。
早速以下のことについてためしたみました!

> それならば、profile.ini を編集する必要はなくて、
> 7j8ilohf.default の中身を 756aqenu.default に入れればよいのだと思います。

しかし、上記の操作を行った場合、プロファイルの復元ができているかどうかよりも、
Thunderbird自体の起動ができなくなってしまうようです。

こういった場合の対処法についてもご存知でしたら、教えていただけませんでしょうか?

(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

>>7j8ilohf.default の中身を 756aqenu.default に入れればよいのだと思います。
>
> しかし、上記の操作を行った場合、プロファイルの復元ができているかどうかよりも、
> Thunderbird自体の起動ができなくなってしまうようです。

ちょっとだけ試してみて、いけてるような気がしたのですが
フォルダ名に日本語があったらめちゃくちゃになりました^^;

ファイル名のエンコードが違うためにめちゃくちゃになるので、
(1) フォルダ名は ASCII のみにする。
(2) ファイル名のエンコードを変換する。
(3) Linux 側で、SJISなロケールをサポートする環境を用意する。
の、いずれかでなんとかなるかもしれませんが、
試してないのでわかりません。

いきなり、いろんなデータが入っているプロファイルで試すと
どこに問題があるのかがわかりづらいので、
あまり何も入っていないプロファイルから試してみてはどうでしょうか。

(環境: Linux/Firefox1.5)

みなさま書き込みどうもありがとうございます。

また、プロファイルの復元の方ですが、
新しい Thunderbird(例えば違うバージョン等)をインストールした際にユーザデータ(メール、アドレス・・・・等)を今まで使っていた物と同じにしたい場合です。
注:カスタムインストールを選択して別の場所にインストールするケースです
・新しい Thunderbird を起動させてプロファイルを作ります。(勝手に作ってくれます)
・何もせずに一旦終了します。
・元のプロファイルの中のファイル類をまとめてコピーして新しくできたプロファイルの中に貼り付けます。(コピー&ペースト)


という方法をフォルダごと一気にコピーせずに、ファイル1つづつコピーしながら、不具合のあるファイルを調べてみました。
結果、以下のファイルをコピーすることによってThunderbirdが起動しないという不具合が発生することがわかりました。

compreg.dat
/chrome/overlayinfo/

これ以外のファイルを全てコピーすることでThunderbirdのプロファイル移動ができました。しかし、Thunderbirdが同時に複数起動したりするなど、なんとなく不安定なきがします。

しかし、一応LinuxでのThunderbirdの使用環境が整ったのでありがとうございました。

Re[7]: Thunderbirdのプロファイルの復元ができません.
(#29340) このトピック中10番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

> また、プロファイルの復元の方ですが、
> 新しい Thunderbird(例えば違うバージョン等)をインストールした際にユーザデータ(メール、アドレス・・・・等)を今まで使っていた物と同じにしたい場合です。
> 注:カスタムインストールを選択して別の場所にインストールするケースです

カスタムインストールをするということは、インストーラがあることが前提になりますので
Windows 版を使っていると言うことになりますが、
Linux に移行したいのではなかったでしょうか?

また、カスタムインストールで別の場所にインストールしても、
プロファイルの場所は同じです。

> という方法をフォルダごと一気にコピーせずに、ファイル1つづつコピーしながら、不具合のあるファイルを調べてみました。
> 結果、以下のファイルをコピーすることによってThunderbirdが起動しないという不具合が発生することがわかりました。
>
> compreg.dat

その方法をちゃんとしようとすると、
1つづずコピーするのではダメで、
すでにコピーしたファイルも、再度コピーしなおす必要があります。

例えば、compatibility.ini をコピーして起動した後、
compreg.dat だけをコピーして起動しようとすると、おそらく起動しないと思います。

でも、compatibility.ini と compreg.dat を両方コピーした場合は、
たぶん起動するのではないかと思いますが…

# そもそも、compatibility.ini も compreg.dat もコピーする必要がないので、
# コピーしなければ良いのですが…

http://wiki.mozilla.gr.jp/wiki.cgi?page=%A5%D7%A5%ED%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A4%CE%B0%DC%B9%D4%CA%FD%CB%A1#p6
引き継ぐと不具合を起こしやすいファイル(引き継ぐべきではないファイル)
も参考になるかと思います。
本当は、これは Firefox 用に書かれていますが、Thunderbird でもだいたい同じです。

> 結果、以下のファイルをコピーすることによってThunderbirdが起動しないという不具合が発生することがわかりました。

> /chrome/overlayinfo/

最初の記事では Thunderbird1.5 を選択されていたと思いますが、
1.0.x を使ったことがあるのでしょうか?
overlayinfo は、1.0.x ではプロファイルのパスを変えた場合には引き継ぐことができないですし、
1.5 ではそもそも不要です。

> これ以外のファイルを全てコピーすることでThunderbirdのプロファイル移動ができました。しかし、Thunderbirdが同時に複数起動したりするなど、なんとなく不安定なきがします。

同時に複数起動というのは、何で判断しているのでしょうか?
同じプロファイルを使用する Thunderbird を、複数起動することはできないです。

もし、ps 等でプロセスが複数見えると言うことでしたら、
Thunderbird はマルチスレッドで動きます。
Windows では、マルチスレッドなプロセスをタスクマネージャーで見ても1つしか出てこない(っていうか、それが普通)なんですが、
Linux でのマルチスレッドは、スレッドそれぞれにプロセスを割り当てるのでそんな感じに見えます。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -