過去ログ表示


過去ログ 196 を表示

トピック内全 7 記事中の 1 〜 7 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Mozilla Party JP 7.0 感想
(#30957) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

Mozilla Party JP 7.0 参加させていただきました。面白かったです。参加した
感想を書かせてもらいます(ちょっと長いです)。

講演の内容以外で印象に残っているのは、参加者が若い人が多いなぁというのと、
アンケート書くと漏れなく Firefox Tシャツプレゼント(太っ腹!)、講演す
る人がそれぞればらばらのツールを使ってる!( OS も違うし!)というあたり
です。
講演内容では、興味深かったのが Piro さんの講演と、Kanai さんの講演の内容
です。ダリン・フィッシャーさんの講演も面白かったですが、正直なところ、彼
にアメリカから来てもうほどの内容なのかなというのがすこし疑問でした(講演
自体は大変面白かったです)。

Mozilla-Japan Kanai さんの講演でもっとも力を入れて話されていて、もっとも
私の興味を引いたことは Spread Firefox Japan についてでした。そして、すで
に、Spread Firefox Japan サイトのベータ版が公開されているようです!
http://japan.spreadfirefox.com/
http://www.spreadfirefox.com/node/23215/
# 利用可能になったらアナウンスするとは話していましたが、ベータにアクセス
# できるようになったって言ってたっけ...?ちょっとびっくり。
それと、MJ では Firefox の日本国内シェアを今年中に 10% にすることを目標
にしているそうです。現在 3% 程度と見込んでいるとのことでしたので、かなり
高い目標ですね。あと、Firefox 以外のプロダクトとウェブ標準化などについて
言葉はでてきても扱いがかなり軽かったのがちょっと残念だなぁという感じがし
ました。
あと、話しをされている時間は少なかったですが、MJ 瀧田さんの話は非常に端
的で分かりやすかったです。そして、恐らく、同じ内容を文章にすると、そっけ
なさ過ぎて「木で鼻をくくったような」説得力のない文章になってしまうんだろ
うなとも思いました。やはり、実際生で話を聞くというのは大事ですね。
# 生で話を聞いても誤解が生まれるときも多々ありますが。

Piro さんの講演の話題は「悪意のある拡張」についてで、いくつかの実例を示
しながら話をしてくださいました。とてもテンポよく、冗談もはさみながらでし
たので、聞いていて全く疲れませんでした。悪意のある拡張の実例は実行すると
「タブを永遠に開き続ける」「ウィンドウが震える」というブラクラ的なものか
らはじまって、「パスワードを盗んで送信する」などが続き、最後は「システム
ディスクを初期化する」というものでした。さすがに最後のはちょっとドキっと
しました。ローカルファイルのすべてが書き換え可能なら、当たり前の話なんで
すよね。分かっているつもりでいて、あまりわかっていなかったのかもしれない
です。勉強になりました。
# 他言無用とのことでしたが、この程度の書き方なら大丈夫でしょうか...
質疑応答もディスカッション的な展開で面白かったです。悪意のある拡張への対
抗手段は何が有効だろうという話になって、ウェブ上に共有されているホワイト
リストは安全か?、電子署名はどうだろう?、フィッシャーさんからも本体側か
らはどういう方策があるだろう?などの質問がでて、この質疑のじかんが、今日
会の中で一番盛り上がって、聞いていて一番面白かったです。

会が終わって、パネル形式などで一人の頭で考えられた話ではないものを聞けると
よかったなぁとなどと思いました。
# パネルはネタあわせがめんどくさいし、話を均等に振らなきゃいけないので司会
# も大変という話もあるので、その辺の都合でやらなかったのかもしれませんけれど...

このほか、フィッシャーさんのお話も Firefox から XUL、Googole とブラウザ
の多様性の話までざっくりといろいろなものがつながってくる感じで面白かった
です。XPCOM - JavaScript とか、WhatWG - W3C とかそういう話を技術的な側面
と社会力学的(?)な側面をもう少し突っ込んでくれるともっと面白かったかな
ぁなどと思うくらい面白かったです(つまりもっと話を聞きたかった)。鎌滝さ
んの Portable OOo についてのお話はリムーバブルディスクの大容量化、ソフト
ウェアの起動/動作環境などの面で面白いお話でしたし、Gomita さんの ScrapBook
の紹介も、帰宅早々に ScrapBook をインストールするくらい面白かったのです
が、これ以上書くとあまりにも長くなるので、書きません。

最後に、スタッフの皆様に感謝です。来年も参加させていただくかもしれません
ので、そのときは、またよろしくお願いします。
それから、ペンを持参しなかったため、アンケート未提出です。ごめんなさい。
# ステッカーだけもらいました。会社のデスクにでも張るつもりです。
# Tシャツほしかったなぁ。

Re[1]: Mozilla Party JP 7.0 感想
(#30959) このトピック中2番目の投稿
(環境: Win2000/seamonkey1.0b)

行きたかったんですが、二日酔いで死んでたので諦めました… :mrgreen:
来年は是非とも行きたいです。

Re[1]: Mozilla Party JP 7.0 感想
(#30964) このトピック中3番目の投稿
(環境: Linux/seamonkey1.5)

のらねこさん、パーティーに参加、そして感想を書いていただきありがとうございます。

ちょっと、気になる部分だけ、反応させてもらいます。

> 最後に、スタッフの皆様に感謝です。来年も参加させていただくかもしれません
> ので、そのときは、またよろしくお願いします。

たぶん、来年もやると思います。また、起こしいただけると、うれしいです。

> それから、ペンを持参しなかったため、アンケート未提出です。ごめんなさい。
> # ステッカーだけもらいました。会社のデスクにでも張るつもりです。
> # Tシャツほしかったなぁ。

ああ、筆記用具がなかったですねえ。すみませんでした。
次回は、用意するように、スタッフに提案しておきます。

Re[1]: Mozilla Party JP 7.0 感想
(#30965) このトピック中4番目の投稿
(環境: Linux/Mozilla1.7)

ご来場いただき、本当にありがとうございます。

いろいろお返事したいところがあるのですが、一点。基本的にセッションの内容は事前に精査していません。これは、こっちではあまり講演者をしばりたくない、というのがありますし、信頼もしているからです(ただし、流石に昨日のPiro氏の内容は、いろいろ注意してもらった上でのものでしたが)。ただ、日本の状況や想定される来場者の層くらいは事前にお伝えするべきだったかもしれません。

あと、ペンは、いつでも申し出ていただいて結構でしたのに :D

それにしても、多くの皆様にご来場いただきまして、本当にありがとうございます。会場が広いので(280名収容)、まばらだったように感じた人もいるかもしれませんが、確実に去年より多かったです。

Re[2]: Mozilla Party JP 7.0 感想
(#30977) このトピック中5番目の投稿
(環境: Linux/Mozilla1.7)

会場にもいらっしゃったITProの高橋さんの記事がでています。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060501/236661/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060501/236683/
高橋さんは、去年もいらっしゃって、普段もオープンソース系の記事を多く書いている方です。
是非とも、お読みください。

Re[2]: Mozilla Party JP 7.0 感想
(#30984) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

> いろいろお返事したいところがあるのですが、一点。基本的にセッションの内容は事前に精査していません。これは、こっちではあまり講演者をしばりたくない、というのがありますし、信頼もしているからです(ただし、流石に昨日のPiro氏の内容は、いろいろ注意してもらった上でのものでしたが)。ただ、日本の状況や想定される来場者の層くらいは事前にお伝えするべきだったかもしれません。

話す側にも「このことを話したい/話さなければいけない」というのと、「自分が話すことで協力したい」というのがあると思うのです。主催者側とのやりとりも分からないのでフィッシャーさんへの情報提供が不足だったのか、彼自身がざっくり話すことに意味があると思っていたのか、私には分かりませんが、ケースによっては主催者側の要望を伝えた方が、講演者の意図に沿う場合(「講演者の話したいこと」=>「主催者の話してほしいこと」である場合)もあると思いますよ。ただ、この辺は会のポリシーということもあるので、あまり深く突っ込むところではないのでしょうね。
# 逆に MJ Kanai さんは「話さなければいけない」ことを分かっていて話せていない
# 印象を受けたので、もっと MJ の方針なり、話すことを前面に出さないと駄目だ
# よって思ったりもしたんですが、話し手の問題なので、それはそれで。

> あと、ペンは、いつでも申し出ていただいて結構でしたのに :D

そうでしたか。すみません。m(_ _)m

> それにしても、多くの皆様にご来場いただきまして、本当にありがとうございます。会場が広いので(280名収容)、まばらだったように感じた人もいるかもしれませんが、確実に去年より多かったです。

数えなかったのでぱっと見ですけど、席にいた人は 100 人程度くらいだったでしょうか。スタッフ側のコアは10人程度でしょうか。あれだけのことをやるのは大変だと思います。本当にご苦労様でした。

Re[3]: Mozilla Party JP 7.0 感想
(#30994) このトピック中7番目の投稿
(環境: Linux/Mozilla1.7)

> 話す側にも「このことを話したい/話さなければいけない」というのと、「自分が話すことで協力したい」というのがあると思うのです。主催者側とのやりとりも分からないのでフィッシャーさんへの情報提供が不足だったのか、彼自身がざっくり話すことに意味があると思っていたのか、私には分かりませんが、ケースによっては主催者側の要望を伝えた方が、講演者の意図に沿う場合(「講演者の話したいこと」=>「主催者の話してほしいこと」である場合)もあると思いますよ。ただ、この辺は会のポリシーということもあるので、あまり深く突っ込むところではないのでしょうね。

そうですね、必要以上にコンタクトをとってなかったので、「情報提供の不足」というのが、正しいです。セッションの概要は、共有しても良かったはずですね。

ありがとうございました。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -