過去ログ表示


過去ログ 199 を表示

トピック内全 4 記事中の 1 〜 4 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

フィルターによる振り分けにて
(#31489) このトピック中1番目の投稿
(環境: Win2000/Firefox1.5/Thunderbird1.5)

Thunderbird1.5を使っています。
メッセージフィルターによって振り分けを行っています。
たまにメールを受信して自動で振り分けを行ったあと、受信トレイ(Inbox.msf)の一覧からは消えているのですが、Inboxファイルにはまだ残っているようで、その状態で新たなメールを受け取ると(これが原因かは不明)振り分けた後のメールのタイトルと本文が合わない現象になります。
Inbox.msfを消して新たに作り直せば、タイトルと本文があったメールを読むことができるのですが、一致しないメールが残ってその削除をいつも行っています。
なにか対策はありますでしょうか?

Re[1]: フィルターによる振り分けにて
(#31490) このトピック中2番目の投稿
(環境: Win2000/SeaMonkey1.5)

> メッセージフィルターによって振り分けを行っています。
> たまにメールを受信して自動で振り分けを行ったあと、受信トレイ(Inbox.msf)の一覧からは消えているのですが、Inboxファイルにはまだ残っているようで、その状態で新たなメールを受け取ると(これが原因かは不明)振り分けた後のメールのタイトルと本文が合わない現象になります。
> Inbox.msfを消して新たに作り直せば、タイトルと本文があったメールを読むことができるのですが、一致しないメールが残ってその削除をいつも行っています。
> なにか対策はありますでしょうか?

「メールのタイトルと本文が合わない現象」は、以下のようにして簡単に引き起こせます。
(1)あるメールフォルダー(TESTとします)を開く。
(2)他のメールフォルダーを開く。
(3)TEST.msfはオープンされたままだが、TESTはクローズされる。
(4)TESTというファイルの中身を書き換える。
あるメールの長さを少し削ったり他のメールの長さを増やすとかして位置を変えたり、途中にあるメールのデータを消してしまったり後ろにメールのデータを追加したりする。
(5)TESTというメールフォルダーを再び開く。

これをやると、変更の仕方やタイミングによっては".msf"が完全に壊れていると判断して要約ファイルの再作成に入ってくれるのですが、
多くの場合、「完全に".msf"が壊れている状態」までには至らず、".msf"の中に保持している位置情報と実際のメールデータの位置が食い違うことになって、おっしゃるような状況を作り出すことができます。
メールの追加や削除と同様の変更を"TEST"に入れておくと、メールの数を狂わせることも可能です。

このようなことが実際に起こっているかどうかは不明ですが、アンチウィルスソフトによるメールデータ関係のファイルの削除や書き換えが大きな原因である可能性は、充分にあります。
以下のどちらかを試して、様子を見てはいかがでしょうか。
(1)アンチウィルスソフトのファイルスキャンの対象からThunderbirdのメールディレクトリーをはずす。(拡張子を持たないので、拡張子での指定はできません)
必要ならば、かわりに、メールスキャンの機能を利用する。
(2)頻繁にメールの追加や削除が入る「受信トレイ(Inbox)」に全てをおかず、「My受信トレイ」とかにほとんどを移動する運用にし、Inboxが壊された時の被害を大幅に軽減する。

また、時々Compact Folder(フォルダーの圧縮or最適化)が自動で入るようにしたり、手動で行うなどをしておくと、
あるメールにウィルスが入っているが受信時点ではまだデータベースにないもので、
メールとしてはスパムフィルターが削除したがまだメールデータとしては残っていて、
そのあとにデータベースが更新されてウィルスを発見してメールファイルを削除、
なんてなことも防げます。

Re[2]: フィルターによる振り分けにて
(#31494) このトピック中3番目の投稿
(環境: Win2000/Firefox1.5)

> このようなことが実際に起こっているかどうかは不明ですが、アンチウィルスソフトによるメールデータ関係のファイルの削除や書き換えが大きな原因である可能性は、充分にあります。

ウィルスソフトが原因というのはたしかに考えられます。
デスクトップとノートどっちでも起こるのでウィルスソフトでの共通問題かもしれません。
しかし残念ながら使用しているウィルスバスターは拡張子指定及びファイル指定しかできないようです。
Thunderbirdフォルダのファイルを全部指定するのは大変なので、時期を見てアンチウィルスソフトのリアルタイム検索を切って様子をみてみます。

Inboxのメールはかならずどこかのフォルダに振り分けられるようにしてて、最適化も自動でたまにはいるようにしています。

ひとまず解決にして様子見で問題がまだ出るようであれば、新たにあげるようにしようとおもいます。

どうもありがとうございました。
済!
Re[3]: フィルターによる振り分けにて
(#31509) このトピック中4番目の投稿
(環境: Win2000/SeaMonkey1.5)

> しかし残念ながら使用しているウィルスバスターは拡張子指定及びファイル指定しかできないようです。
> Thunderbirdフォルダのファイルを全部指定するのは大変なので、時期を見てアンチウィルスソフトのリアルタイム検索を切って様子をみてみます。

「リアルタイム検索を切って」のしばらくの様子見は、ちょっと危険かも...
接続できるかどうかの確認のために一時停止、というのならいいのですが。
壊される可能性があるのはほぼ受信トレイの「Inbox(拡張子なし)」というファイルだけですから、
各アカウント用のディレクトリーとLocal Foldersの下にある\Inbox(拡張子なし)を、検索対象からはずす指定にいれてみてはいかがでしょうか。
これなら、せいぜい数個のファイルの指定で済みます。
済!

このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -