過去ログ表示


過去ログ 221 を表示

トピック内全 7 記事中の 1 〜 7 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

メールの中身が表示されない
(#35065) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5/Thunderbird1.5)

Thunderbird ver1.5.0.5で「ツール→迷惑メールフィルタを実行」している途中にエラーが出て、終了してしまいました。その後、Thunderbirdを立ち上げると受信トレイ(約8500程のメールが入っている)で待たされたあげく、何も表示されません。そして他のフォルダ(メール数が少ないところは何の問題もない)へ移ったあとに、再度受信トレイに行くと「受信トレイの要約ファイルを作成しています」と表示されて、その後メールの題名だけは全て表示されるのですが、メールの中身は表示されません。どのようにすれば直るか教えてください。よろしくお願いいたします。

Re[1]: メールの中身が表示されない
(#35066) このトピック中2番目の投稿
(環境: その他/Mozilla1.7)

> Thunderbird ver1.5.0.5で「ツール→迷惑メールフィルタを実行」している途中にエラー.....Thunderbirdを立ち上げると受信トレイ(約8500程のメールが入っている).....メールの中身は表示されません

# エラー発生の原因は後にして、メールの復旧から

「プロファイルフォルダ」が何処に有るか、またアカウント名を確認して下さい。
http://www.mozilla-japan.org/support/thunderbird/edit

Thunderbirdを完全に止めてから「Inbox」と言う拡張子の無い物と「Inbox.msf」と言うファイルを別名で違うディレクトリ・ホルダなどに退避してください。
次に「Inbox.msf」ファイルを削除、Thunderbirdを再度立ち上げます。

# 出来れば「迷惑メールフィルタ」は一時的にチェックを外してください、現在までのメール復旧ですから。

Thunderbird、アカウントの「受信トレイ」にマウスを合わせて、右クリック→「このホルダを最適化(F)」をクリック。

復帰しましたか? エラー発生の大元はメールウォール(ワーム/ウイルス検査や隔離)等が勝手にThunderbird側の作業とは関係なく、Thunderbird側ファイルを操作したため...とも想像されます。

# メール8500通の合計容量がHDDやOSの管理単位を超えると、作業不能と言う場合も有りますので、受信したメールを内容や年号月別などに命名したホルダー毎に分類したり、古いメールを単位毎に別名保存すると全体作業が軽くなり、OS側などの限界前に対処出来ることも有ります。

自動的に対応する機能とか
(#35067) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

2006/11/07(Tue) 12:14:41 編集(投稿者)

なんかこう... ひとつのフォルダに大量のメールを入れてトラブる人が散発的に現れているのを見ていると「このフォルダに入ったメールは、年月ごとのサブフォルダへ自動的に移動する」とかいう機能があると便利なのかもって思いますね。(それでも大量の添付ファイルを受け取る人は一ヶ月で100MB超えたりするのでしょうが)
あと、圧縮(最適化)をデフォルトで on にするとか。

Re[3]: 自動的に対応する機能とか
(#35068) このトピック中4番目の投稿
(環境: その他/Mozilla1.7)

> ...「このフォルダに入ったメールは、年月ごとのサブフォルダへ自動的に移動する」


メッセージホルダ単位で個別「メッセージフィルタ」が設定でき、
手動で実行になりますが、各アカウントに「年次更新」と言うホルダ又は「月次更新」でも良いですが....作りましょう。
そしてフィルターの優先順位は最低にし、普段はチェックを外し利用者が意識して利用しましょう(新規メール受信時、相手側の時計問題を回避するため)。

フィルター名「年度更新・フォルダ移動」として作成
検出側(上側)
「送信日からの日数」「が次と一致する」「364」
「送信日からの日数」「が次と一致する」「365」
「送信日からの日数」「が次と一致する」「366」
「送信日からの日数」「が次と一致する」「367」
「送信日からの日数」「が次と一致する」「368」
「送信日からの日数」「が次と一致する」「369」
アクション側(下側)
「メッセージを移動する」「年次更新」のホルダ

の様にうるう年(364)、連休(365に対する安全度366〜369..好きなだけ)を考慮した経過日数を複数検出させるようにして、手動でアカウント単位でフィルター名「年度更新・フォルダ移動」をクリック実行することで設定経過した物は移動可能、「年次更新」のホルダ内容をMUA以外のディレクトリに年1回コピーし正しい年度名等にリネーム、元側の内容削除等は、有償NN時代(当時PCはHDD自体が 2G〜8G以下、メールサーバ側も小さいHDDなので苦労)から行っていますが......(^^)

> 圧縮(最適化)をデフォルトで on に

お勧めしません、かなりパフォーマンスの良いOS/CPU/メモリー/HDD、かつ「自由にワーム/ウィルス・ウォールを完全停止出来る方」向けではと思います。
http://www.thepcspy.com/articles/other/what_slows_windows_down/3
それ以外ではThunderbirdの実装自体正しくループするのですが「MUAアプリ以外の原因」で傷害発生率が上がり不幸な結果と成ることも有ります。

Re[3]: 自動的に対応する機能とか
(#35070) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

8500通/フォルダ程度のメールでトラブルが散発するような設計・実装は、根本的に変えるべきかと。

Re[4]: 自動的に対応する機能とか
(#35075) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0/Thunderbird1.5)

> 8500通/フォルダ程度のメールでトラブルが散発するような設計・実装は、根本的に変えるべきかと。

よく見かける症状の目立った原因はこの二つじゃないかな・・と思います。

- 削除済だが削除フラグがセットされているだけで実際には
 残っているメールが極端に多い
- 添付ファイルなどによって mbox ファイルが巨大(GB単位)

「受信フォルダ」はフィルタなどによってメールの追加削除が繰り返されやすいフォルダなので、不要部分が増えやすい性質があります。不要部分が多く、またその mboxファイルが巨大だと処理負荷が体感へ与える影響も大きくなる可能性はあるかと。

しかし、最適化で圧縮をかけるとmboxファイルにおける不要部分が排除される事に加えてサマリーファイルも好ましい状況になり、さらに(運がよければそのファイル単位の)フラグメンテーションも好ましい状態になります。

テスト目的で 17,727通,91MBくらいのフォルダを持っていますが、そういう良好な条件下では体感できるほどの問題を感じることはないです。(とりあえず私の環境では)
ただ、受信フォルダのようなフォルダでは、最適化処理による不要部分の排除なしには現実的ではないのではとは思います。 (ウイルス対策ソフト向けに受信メールを別ファイルへ一旦保存する機能がありますけど、そのタイミングでフィルタを実行すると受信フォルダの不要領域増加を少しは抑えられないか、と思う事はあったりしますが...)

Re[2]: メールの中身が表示されない
(#35085) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE7)

修復できました。本当にありがとうございました。
これからはフォルダ内のメールの数を減らすようにします。

本当に助かりました。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -