過去ログ表示


過去ログ 227 を表示

トピック内全 10 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

(環境: WinXP SP2/Firefox2.0/Thunderbird1.5)

Thunderbirdの"ゴミ箱を空にする"操作に連動して、Inbox内の該当するメールを直接削除する
拡張があればご紹介下さい。

Inbox内の不要なメールを削除メールしたいが、私の非力なマシン(P3 850MHz)では、
100MB超えの
Inboxを開くのに1分以上かかってしまいます。(テキストエディタはMKEditor)

エディタで開かれたInboxは、ヘッダーや文字化けの山で見るのもうんざりです。

(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

2007/01/03(Wed) 07:45:05 編集(投稿者)

もしも不要メールの方が極端に多くて必要メールの方が少ないのであれば

1)必要なメールを保存するためのフォルダを作成。たとえば keep
2)Thunderbird で Inbox から必要なメールを 1項のフォルダ keep へコピー
3)Thuderbird を終了
4)Thunderbird の Inbox フォルダに相当するファイル Inbox とサマリファイル Inbox.msf をエクスプローラでファイル削除
5)1項のメールフォルダに相当するファイル keep を Inbox にファイル名変更。 keep.msf は削除
6)Thnderbird を起動

という操作の方が、Thunderbird 上で普通にメール削除&最適化するよりも素早くできる可能性はあります。

といってもとてもではありませんが日常的に行う作業内容ではありません。

「該当するメール」というのが「どういう状態のメール」なのか、また「直接削除する」という処理が具体的にどのような内容の処理をおっしゃっているのか判りませんが... Thunderbird のメールファイルである unix mbox は単純なテキストファイルなので、その中の中間部分を削除するといっても結局は全てを読み込んでから必要な部分だけを保存するという処理になります。

単純なテキストファイルである事には利点も欠点もありますが、その欠点の一つが巨大になった場合の処理負荷の増加なのです。
他のメールソフトではメールを個別のファイルに切り分けたりデータベース風な処理を行ったりするものもありますが、現在の Thunderbird はこういうものなのでメール削除操作が行われる可能性のあるフォルダは巨大にならないように気をつける必要はあります。

(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

やりたいことは、おそらく、ファイル→フォルダを最適化ではないでしょうか?

Thunderbird のメッセージフォルダの最適化 - えむもじら
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20060212_CompactFolder

(環境: WinXP SP2/Firefox2.0/Thunderbird1.5)

Socksさん、levelさん
おかげさまで大方の疑問・問題が解消したのだと思います。"ゴミ箱を空にする"機能を私が理解して
いなかったのが、そもそもの原因だったようです。

InboxやSentファイル構造を眺めてみると、ファイルを適度の大きさに保つには、Thunderbird上
から、まめにゴミ箱を空にする、などの操作をするのが一番のようです。


> やりたいことは、おそらく、ファイル→フォルダを最適化ではないでしょうか?
>
> Thunderbird のメッセージフォルダの最適化 - えむもじら
> http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20060212_CompactFolder
済!
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.5)

> InboxやSentファイル構造を眺めてみると、ファイルを適度の大きさに保つには、Thunderbird上
> から、まめにゴミ箱を空にする、などの操作をするのが一番のようです。

元の書き込みを見ると、お望みのことは [ごみ箱を空にする] ではなくて [フォルダを最適化] ではないかと思うのですが…?

(環境: WinXP/Firefox2.0)

お答えします。

"フォルダの最適化"は、あるフォルダについては実行でき、完了表示まで進みます。この場合はその
フォルダのサイズ(KB)が幾分か減少しおり、最適化の効果が分かります。
しかし多くの場合、最適化を実行しても無反応だったり、最下部のバー左側に"xxxを最適化してい
ます"と
いう表示が出るものの、プログレッシブバー(緑色の)は現れず、10分ほど待っても何も起こり
ません。やむなくThunderbirdを終了して、再度、最適化を実行すると、今度は"xxxを最適化して
います"の表示も出ず、空振り状態です。直前の操作で最適化が完了しているので、何も表示が出な
いのか、他に不具合があるのか分からず、???の思いです。また、最適化が完了しても、どこが
どのように最適化されたが分からないし、ProfilesのInboxをエディタで開いてもみても、目的の
部分を探すのは至難です。ここでご説明した症状は、非力なノート機だけでなく、デスクトップ機
にも共通です。

こんな経験、イライラ感から、Thuderbird上からProfiles内のInboxを素通しで眺め、不要な部分
(メール本体やヘッダ、添付ファイルなどを編集、削除できればと思った次第です。

あ_さんをはじめ、皆さまからのアドバイスを伺って、私の考えが最初の投稿の時からは、ずい
ぶんと変わってしまい、また、フォルダの最適化に伴うThunderbirdの挙動を眺めるにつれて私の
戸惑いが増し、申し上げる内容、方向が変わってしまっていることをお許しください。


> > InboxやSentファイル構造を眺めてみると、ファイルを適度の大きさに保つには、Thunderbird上
>>から、まめにゴミ箱を空にする、などの操作をするのが一番のようです。
>
> 元の書き込みを見ると、お望みのことは [ごみ箱を空にする] ではなくて [フォルダを最適化] ではないかと思うのですが…?

(環境: OS2"/Firefox2.0/Thunderbird1.5)

> こんな経験、イライラ感から、Thuderbird上からProfiles内のInboxを素通しで眺め、不要な部分
> (メール本体やヘッダ、添付ファイルなどを編集、削除できればと思った次第です。

各々のメール(ヘッダ、本文、添付ファイル)の区切りは、以下のようになっています。

From - Mon Jan 1 00:00:00 1965
X-Mozilla-Status: 0011
X-Mozilla-Status2: 00000000
ヘッダ
本文
添付ファイル

From - Mon Jan 1 00:00:00 1965
X-Mozilla-Status: 0011
X-Mozilla-Status2: 00000000
    :

したがって、ヘッダ内にある
Date:〜   ← 日付、時刻
Subject: 〜  ←題名(但し、iso-2022-jp型式のため、そのままでは読めない)
をキーにして、メールを削除することが可能です。
                            from youfo

Mozilla/5.0 (OS/2; U; Warp 4; en-US; rv:1.8.1.1) Gecko/20061223 Firefox/2.0.0.1

(環境: WinXP/Netscape4)

メモリが少なかったりディスクが遅いハードウェアで極端に巨大な
メールフォルダの最適化処理を行うと非常に時間がかかります。
ディスクに充分な空き容量がある場合はひたすら待ってください。

もしも最適化処理を実行できる程度の空き容量もない場合は、最適化
処理が完了しないと思います。(詳しくは levelさんが書かれた
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20060212_CompactFolder を)
状況次第ですが途中で止めると中途半端な一時ファイルが残った
ままになり余計にディスク消費量が増えてしまうので、その時は
手作業で一時ファイルを削除したり色々とやらなければなりません。
(具体的にどのような状態になりどう対処しなければならないかは..
いま環境がないので不明)

#36267より
>InboxやSentファイル構造を眺めてみると、ファイルを適度の大きさに保つには、Thunderbird上
>から、まめにゴミ箱を空にする、などの操作をするのが一番のようです。

1)保存しておきたいメールが多い場合はサブフォルダなどを作成して
 小分けに保存する。
2)定期的にファイルメニューからフォルダの最適化を行い、無駄な領域を
 残さないようにする。
3)ゴミ箱も定期的に空にする。

かと。
フォルダペインの表示カラム設定を行えばフォルダサイズを表示できます
ので、それを参考にお使いのパソコンに見合った適当なサイズ
(10MBとか20MBとか)で分類する事をお勧めします。
万が一、メールフォルダのファイルが破損しても被害範囲を少なく抑え
られますしね。

(環境: WinXP/Netscape4)

実装まで確認してはいませんが、伝統的な mbox 形式でしたら
(メール部分をわかりやすくするために行頭に | を付与)

|
| 前のメール
|

From - ほにゃらら
|
| 次のメール
|

という具合に
- メールとメールの間に改行のみの行をひとつ
- その次は From 行(※メールヘッダの From:フィールドとは異なる)
だったと思うので... もしも直接編集されるなら注意した方が
良いかもしれません。あと直接編集した後は念のために msf ファイル
を削除した方が良いかもしれません。

削除したけどもまだ最適化を行っていないためにメールデータ
自体が残っているメールはメールフォルダファイルに含まれる
X-Mozilla-Status: フィールドの値で識別することができます。
値に 0x0008(MSG_FLAG_EXPUNGEDフラグ)が設定されていれば
削除メールのはずです。

(環境: WinXP/Firefox2.0/Thunderbird1.5)

tomcatさん
詳しい解説をしていただき、ありがとうございます。内容が難しくなり、ついて行くのがやっとです。

それでも直接編集のこつが分かってきたので、ボチボチと試行し、不要な部分・ヘッダーやメーリング
リストで着信するYahoo!メールの広告を削除することが出来るようになりました。保存しなくては
ならない内容を含むメールを、専用のフォルダに移動し、あまりフォルダが大きくならないうちに
編集するように習慣づけたらと考えています。それでも手間が大変なので続けられるかどうか・・・。

直接編集を行ったメールのいくつが、未読メールとして受信トレーに復活しました。どうと言うこと
はないのですが、原因・仕組みを教えて頂けると嬉しいです。

済みマークを付けますが、さらにアドバイスがあればお聞かせ下さい。

> メモリが少なかったりディスクが遅いハードウェアで極端に巨大な
> メールフォルダの最適化処理を行うと非常に時間がかかります。
> ディスクに充分な空き容量がある場合はひたすら待ってください。
>
> もしも最適化処理を実行できる程度の空き容量もない場合は、最適化
> 処理が完了しないと思います。(詳しくは levelさんが書かれた
> http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20060212_CompactFolder を)
> 状況次第ですが途中で止めると中途半端な一時ファイルが残った
> ままになり余計にディスク消費量が増えてしまうので、その時は
> 手作業で一時ファイルを削除したり色々とやらなければなりません。
> (具体的にどのような状態になりどう対処しなければならないかは..
> いま環境がないので不明)
>
> #36267より
> >InboxやSentファイル構造を眺めてみると、ファイルを適度の大きさに保つには、Thunderbird上
> >から、まめにゴミ箱を空にする、などの操作をするのが一番のようです。
>
> 1)保存しておきたいメールが多い場合はサブフォルダなどを作成して
>  小分けに保存する。
> 2)定期的にファイルメニューからフォルダの最適化を行い、無駄な領域を
>  残さないようにする。
> 3)ゴミ箱も定期的に空にする。
>
> かと。
> フォルダペインの表示カラム設定を行えばフォルダサイズを表示できます
> ので、それを参考にお使いのパソコンに見合った適当なサイズ
> (10MBとか20MBとか)で分類する事をお勧めします。
> 万が一、メールフォルダのファイルが破損しても被害範囲を少なく抑え
> られますしね。
済!

このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -