過去ログ表示


過去ログ 241 を表示

トピック内全 13 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

添付ファイルを開く際の挙動について
(#38120) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE6/Thunderbird2.0)

2007/05/07(Mon) 03:45:15 編集(投稿者)

はじめまして。
Thunderbird 2.0を最近使用し始めました。
添付ファイルを開く際の挙動について教えていただきたいと思います。
《内容》
添付ファイルをダブルクリック(もしくは、右クリック→開く)すると、添付ファイルを処理するためのダイアログボックスが開きます。
添付ファイルがWindowsに登録されている拡張子の場合、ダイアログボックス内に”このファイルをどのように処理するか選んでください”と表示され、どのアプリケーションで開くか選択できるます。
しかし、Visioのファイルが添付されている場合、”このファイルを保存しますか?”と表示され、保存することしか選択できません。
私の環境にはVisioはインストールされており、Visioファイルをダブルクリックすることで開くこともできます。
※Thunderbirdの設定中、”添付ファイルを開く時の動作設定”には、何も登録されていません。手動登録もできないようなので・・・

解決方法について、ご教授いただけますでしょうか?

Re[1]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38123) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.1)

2007/05/07(Mon) 16:12:26 編集(投稿者)

> Visioのファイルが添付されている場合、”このファイルを保存しますか?”と表示され、保存することしか選択できません。
> 私の環境にはVisioはインストールされており、Visioファイルをダブルクリックすることで開くこともできます。

Tbのメールの添付に関する動作は、単なるファイル名の一部であってしかるべき拡張子部分ではなく、Content-Type:ヘッダーの中のmime-typeの指定によって決まります。
その後でアプリケーションに開いてもらう場合には、拡張子経由でどのプログラムかを決めることになるとは思いますが。
受信したメールのContent-Type: ヘッダーはどうなっていますか?
また、Visioファイルを添付したメールをドラフトに保存した時に、どのようなContent-Type:ヘッダーが書かれますか?

> ※Thunderbirdの設定中、”添付ファイルを開く時の動作設定”には、何も登録されていません。手動登録もできないようなので・・・

「何も登録されていません」は、Bug-org 229386。Bug-org 229386 Comment #5に掲げたバグもご参考に。
https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=229386#c5

「手動登録もできない」は、Bug-org 244618。
https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=244618
ばぐじらにこの問題自体を扱うバグがあったかどうかは不明。
Bug-org 244618 comment #13に書いてある手順でやるか、Mozilla/Seamonkeyのヘルパーアプリケーションで設定してmimeTypes.rdfをコピーするくらいしか思いつきません(バグ 5278 コメント #28参照)。
http://bugzilla.mozilla.gr.jp/show_bug.cgi?id=5278#c28
https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=244618#c13

Re[2]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38127) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

拡張の MIME Edit で手動登録できますが、インストールするとメニューから迷惑メールフィルタ関連の操作などが出来なくなる…かも。

(非公式日本語専用版)http://w2.abcoroti.com/~cattin/downloads/mime_edit-0.60-fx+tb.xpi

Re[3]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38131) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.5)

> 拡張の MIME Edit で手動登録できます

保存しか選択できないというところからすると、おそらく application/octet-stream ではないかと思うのですが、application/octet-stream というのは何らかのバイナリファイルというだけで、特定の種類を表しているものではありませんから(だから保存しか選択できないのですが)それを Visio に関連付けてしまうと、関係のないファイルまで Visio に関連付けられてしまうかもしれません。
(Visio 以外の application/octet-steream を受け取ることはない、というのであれば良いのですが)

# もし application/octet-stream ではなければスルーしてください。

Re[4]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38137) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Netscape4)

皆様、ご回答ありがとうございます。
送られてきているメールは、”Content-type:application/octet-stream”となっています。(ほとんど、Beckyから送られてきているものです。)

ThunderbirdでDraftに保存してみたところ、”Content-Type: application/vnd.visio”となりました。
このファイルをDraft上でダブルクリックしても、やはり”保存”しか選択できません。

同様に、WordファイルをDraftに保存したところ、”Content-Type: application/msword”となりました。
こちらの方は、Draft上でダブルクリックすると、”アプリケーションで開く”が選択できます。
これは、Becky等から送られてきた、、”Content-type:application/octet-stream”なメールでも、同じように”アプリケーションで開く”が選択できます。
#アイコンだけは、Windowsデフォルトのアイコンになってしまいますが・・・

Re[5]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38138) このトピック中6番目の投稿
(環境: Other/Mozilla1.7)

> 送られてきているメールは、”Content-type:application/octet-stream”となっています。(ほとんど、Beckyから送られてきているものです。)
> ThunderbirdでDraftに保存してみたところ、”Content-Type: application/vnd.visio”となりました。
> このファイルをDraft上でダブルクリックしても、やはり”保存”しか選択できません。

「ファイルに落として其れをクリックする手間」は、application/octet-streamで送ってくるBeckyからだけなら、エクスプローラのファイルの一部から判断(MiME不確定マジック?)での動作で諦めるのも選択種では?

MiME処理に関わる件で メールでは有りませんが処理すると言う意味で、MS側では自社製IISでもKBにて言及しています(visioに対する環境が整ってない)。
原因:この現象は、.vdx 拡張子に対応する MIME マッピングが Web サーバー上で定義されていない場合に発生する場合があります。
http://support.microsoft.com/kb/825368/ja

↑に有るように拡張子に対する「タイプ/サブタイプ」が「application/ms-visio」であると動作が可能? かも知れませんが....
送り手が「application/vnd.visio」で有るのか何なのか? visioで扱う拡張子自体が「4〜種」有るようで受け取り側で本当のことは解りません (^^)

Re[5]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38146) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.1)

> ThunderbirdでDraftに保存してみたところ、”Content-Type: application/vnd.visio”となりました。
> このファイルをDraft上でダブルクリックしても、やはり”保存”しか選択できません。

そのメールを受信トレイに移動し、受信メールを装ったメールを開いて右クリックから添付を開こうとすると、どうなりますか?

Re[6]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38162) このトピック中8番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Netscape4)

> > ThunderbirdでDraftに保存してみたところ、”Content-Type: application/vnd.visio”となりました。
>>このファイルをDraft上でダブルクリックしても、やはり”保存”しか選択できません。
>
> そのメールを受信トレイに移動し、受信メールを装ったメールを開いて右クリックから添付を開こうとすると、どうなりますか?
→やはり、”保存”しか選択できません。

なぜにvisioだけ・・・ Embarassed

Re[7]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38167) このトピック中9番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.1)

2007/05/10(Thu) 06:12:32 編集(投稿者)

> >>ThunderbirdでDraftに保存してみたところ、”Content-Type: application/vnd.visio”となりました。
> >>このファイルをDraft上でダブルクリックしても、やはり”保存”しか選択できません。
>>そのメールを受信トレイに移動し、受信メールを装ったメールを開いてs右クリックから添付を開こうとすると、どうなりますか?
> →やはり、”保存”しか選択できません。

デジャブだぁ〜、と感じていたけど検索したらでてきた次のケースではうまくいったはずなんですけどね。
http://forum.mozilla.gr.jp/?mode=al2&namber=32727&no=0&KLOG=206
Tbが知らないmime-typeの時は拡張子で判定しているようで、Visioがインストールしてなくてシステムに拡張子・mime-typeが登録されていない場合はいいが、インストールされていて拡張子やmime-typeが登録されているとダメ、ということなのかもしれません。

で、路線変更。
1.そのメールをもう一度ドラフトに移動し、フォルダーの最適化、Tbを終了
2.テキストエディターでDraftsを開き、添付ファイルのファイル名の拡張子を".vsd"(多分)から".zzz"に変更
3.Tbを再起動、メールを受信トレイに移動し、添付を開いてみる
この時点でダイアログがでませんか?
でれば、「常にこの設定を使う」指定をしてエントリーを作らせ、あとはmimeTypes.rdfを編集して、application/vnd.visioに対する拡張子を変えればOKのはず。
NC:fileExtensions="zzz" => NC:fileExtensions="vsd"
これでもダメなら、Content-Type:もapplication/vnd.visio-zzzに書き換え、あとでmimeTypes.rdfの中のapplication/vnd.visio-zzzを全部application/vnd.visioに書き直してみてください。

でも、書いていて、Mozilla/Seamonkeyのヘルパーアプリケーションで登録してmimeTypes.rdfをコピーするほうが圧倒的に楽なような気がしてきた...

Re[8]: 添付ファイルを開く際の挙動について
(#38183) このトピック中10番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Netscape4)

ご回答、ありがとうございます。
> 1.そのメールをもう一度ドラフトに移動し、フォルダーの最適化、Tbを終了
> 2.テキストエディターでDraftsを開き、添付ファイルのファイル名の拡張子を".vsd"(多分)から".zzz"に変更
> 3.Tbを再起動、メールを受信トレイに移動し、添付を開いてみる
> この時点でダイアログがでませんか?
→ダイアログは出ませんでした・・・
 (やはり、保存のみ)

> でれば、「常にこの設定を使う」指定をしてエントリーを作らせ、あとはmimeTypes.rdfを編集して、application/vnd.visioに対する拡張子を変えればOKのはず。
> NC:fileExtensions="zzz" => NC:fileExtensions="vsd"
> これでもダメなら、Content-Type:もapplication/vnd.visio-zzzに書き換え、あとでmimeTypes.rdfの中のapplication/vnd.visio-zzzを全部application/vnd.visioに書き直してみてください。
→この方法でうまくいきました!

ありがとうございました。

#しかし、なぜvisioだけだめなんでしょうね・・・
#ほかのMS-OFFICE製品は大丈夫なのに・・・
済!

[ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -