過去ログ表示


過去ログ 243 を表示

トピック内全 15 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38391) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

userChrome.jsを導入しようと考えていますが、Javascriptは書けますが、
Mozilla固有のscriptのリファレンスの所在を知りません。
URLで結構ですので教えていただければ助かります。

Re[1]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38400) このトピック中2番目の投稿
(環境: Win2000/Firefox2.0/Thunderbird2.0)

userChrome.css のことですか(スタイルシートですけど)?
であれば、ノードは「ツール」→「DOM インスペクタ」で調べられますけど。

Re[1]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38456) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

2007/05/31(Thu) 17:59:11 編集(投稿者)

> userChrome.jsを導入しようと考えていますが、Javascriptは書けますが、
> Mozilla固有のscriptのリファレンスの所在を知りません。
> URLで結構ですので教えていただければ助かります。

 普通に DOM Inspector を使って Firefox の XUL 要素を検索して、DOM インターフェースを利用して、やりたいことをすればいいだけですよ。

 Mozilla 固有の JavaScript のコードは特にないです。ただし XPCOM は Mozilla テクノロジー固有ですから、XPCOM を利用する場合は mozilla developer center を参照すればいいのではないでしょうか。

 TOP ページの URL は
http://developer.mozilla.org/en/docs/Main_Page
です。日本語のドキュメントがある場合は URL の "en" を "ja" にすれば見れます。ただし、XULRunner アプリケーション、Firefox 拡張の作成経験から、英語の原文を読むことをお勧めします。

 あと URL ではありませんが、Software Design 4 月号の piro さんの記事は非常に参考になります。

Re[2]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38477) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

>  TOP ページの URL は
> http://developer.mozilla.org/en/docs/Main_Page
> です。日本語のドキュメントがある場合は URL の "en" を "ja" にすれば見れます。ただし、XULRunner アプリケーション、Firefox 拡張の作成経験から、英語の原文を読むことをお勧めします。

まぁ、多分、言いたいことは分かるような気はするのですが、、、その理由は?

# urlを直接変更しなくても、日本語のバージョンがあるページには、「日本語」と
いうリンクが表示されるはずです。

Re[3]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38482) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

2007/06/01(Fri) 21:46:07 編集(投稿者)

 釣りですか?(−"−)=3ふぅ

> まぁ、多分、言いたいことは分かるような気はするのですが、、、その理由は?
 ・正確な情報を得ることができるから。
 ・最新の情報を得ることができるから ( もちろん例外もあります )。
 ・日本語化されてないドキュメントがある程度整備されているから ( XPCOM は例外 )。
 ・MDC 日本語化プロジェクトで用語などの定義や訳文の仕方などでもめているから。

 それだけですが、なにかそれ以上の理由が必要でしょうか?

> # urlを直接変更しなくても、日本語のバージョンがあるページには、「日本語」と
> いうリンクが表示されるはずです。
 そうですね。情報が古かったりする問題点があったりしますが。

Re[4]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38487) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

>  釣りですか?(−"−)=3ふぅ

理由分からんで勧められても読む気がしないから、ちょっとした理由は書いておいたら?ってことじゃないかな。
# あ、もしかして、これ釣り?フゥゥ!!!(レーザーラモン風)

Re[5]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38498) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.5)

> >  釣りですか?(−"−)=3ふぅ
>
> 理由分からんで勧められても読む気がしないから、ちょっとした理由は書いておいたら?ってことじゃないかな。

MDC 日本語版に関わっている人間にとっては、英語版を勧める理由が気になるのは当然かと…

Re[2]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38500) このトピック中8番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox1.5)

>  普通に DOM Inspector を使って Firefox の XUL 要素を検索して、DOM インターフェースを利用して、やりたいことをすればいいだけですよ。
>
>  Mozilla 固有の JavaScript のコードは特にないです。ただし XPCOM は Mozilla テクノロジー固有ですから、XPCOM を利用する場合は mozilla developer center を参照すればいいのではないでしょうか。

レスすいません。私は、XULに関して無知なので、残念ながら、現時点では上の意味が全く分らない状態です。

もう少し、具体的に困っている点を申しますと、
例えば、クリップボードから文字を得る場合、ググってみますと、

// get clipboard text
var clip = Components.classes["@mozilla.org/widget/clipboard;1"].createInstance(Components.interfaces.nsIClipboard);
var trans = Components.classes["@mozilla.org/widget/transferable;1"].createInstance(Components.interfaces.nsITransferable);
trans.addDataFlavor("text/unicode");
clip.getData(trans, clip.kGlobalClipboard);
var str = new Object();
var len = new Object();
trans.getTransferData("text/unicode", str, len);
if( str ) str = str.value.QueryInterface(Components.interfaces.nsISupportsString).toString();
else return;

で、なんとかうまくいきました。
私が言いました、
>Mozilla固有のscript
といのは、こういった類のscriptのことです。
これらが、
http://developer.mozilla.org/en/docs/Main_Page
に体系的にまとめてある、ということでしょうか。

Re[3]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38522) このトピック中9番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

> もう少し、具体的に困っている点を申しますと、
> 例えば、クリップボードから文字を得る場合、ググってみますと、
>
> // get clipboard text
> var clip = Components.classes["@mozilla.org/widget/clipboard;1"].createInstance(Components.interfaces.nsIClipboard);
> var trans = Components.classes["@mozilla.org/widget/transferable;1"].createInstance(Components.interfaces.nsITransferable);
> trans.addDataFlavor("text/unicode");
> clip.getData(trans, clip.kGlobalClipboard);
> var str = new Object();
> var len = new Object();
> trans.getTransferData("text/unicode", str, len);
> if( str ) str = str.value.QueryInterface(Components.interfaces.nsISupportsString).toString();
> else return;
>
[略]
> http://developer.mozilla.org/en/docs/Main_Page
> に体系的にまとめてある、ということでしょうか。
 その URL の XPCOM のドキュメントを参照するといいです。

Re[6]: userChrome.jsのscriptの書き方について
(#38523) このトピック中10番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox2.0)

2007/06/03(Sun) 18:22:52 編集(投稿者)

> MDC 日本語版に関わっている人間にとっては、英語版を勧める理由が気になるのは当然かと…

 うわ、MDC 日本語版関係者の方でしたか。それは失礼しました。

 いや実は私もちょっとした XULRunner アプリケーションと、その拡張版を作ったですが、日本語化されているドキュメントが少なかったので、本家と XULPlanet の本家をもっぱら頼っていました。

 本当の問題は MDC 日本語版では翻訳されているドキュメントが少な過ぎる、ということです。

 で、手伝うつもりで Wiki に登録したのですが、翻訳のルールとして「原文に忠実に翻訳しないといけない」とあったので、リファレンスを翻訳しようとした時に、かなり意訳しないと日本語の文章にならないことが編集中にわかってしまいまして、編集を中止せざるを得ませんでした。

 翻訳しにくいように書かれている原文に問題があるとも言えますが、「原文に忠実に翻訳しないといけない」とある限り、翻訳は非常に困難です。

 で、結局 MDC 日本語版を頼るより、本家の原文の方がストレートに書かれているので、本家の方を勧めた次第です。それと XPCOM のインターフェースは、フリーズさせたもの以外は、常に変更が加えられているので、本家の情報の方が頼りになる、という判断もありました。実際は本家もソースファイルの変更についていけてないところもあるのですが。

 ちょっと話はずれますが、どちらにせよ、Mozilla 環境はあまり開発者には優しくない開発環境だという認識です。API やインターフェース、オブジェクトの仕様がころころ変るのは、やはり望ましいとは思えません。せめて後方互換性は保証して欲しいものです。

# ここでする議論ではないのに済みませんでした。dev-mdc-ja に流した方がよかったですかね?


[ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -