過去ログ表示


過去ログ 269 を表示

トピック内全 7 記事中の 1 〜 7 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

勝手に引用符が付いてしまう
(#42156) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE7)

こんにちは。
Thunderbird2を使用しており、メール本文に以下の文章を入れて送信すると
必ず引用符">"が入ってしまいます。

From my

(上記が何故か >From my となります)
送信しないまでも、本文に入力して保存でも下書きフォルダで確認できます。
私のPCと、その他数人の環境でも再現しました。

勝手に>が入ってしまい困っています。
これを回避する方法をご存知ないでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Re[1]: 勝手に引用符が付いてしまう
(#42157) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.1)

> From my
> (上記が何故か >From my となります)
> 送信しないまでも、本文に入力して保存でも下書きフォルダで確認できます。

下書きフォルダの中のメールのソースを表示して>From my になっている時、「下書きを編集」でメールの作成画面に入った時にも、編集画面において >From my で表示されるのですか?

> 勝手に>が入ってしまい困っています。

具体的にどのようなことで困っているのですか?
">From "のままでメールが送られたとか、メールデータが壊れたとか、メールが消えたとか、メールフォルダーが壊れた、などの問題が起こっているのですか?

以下は、メールのソースを見たときだけの話、の場合です。
Thunderbirdは、メールフォルダー用のファイルにはUnix Mbox形式を採用していて、一つのテキストファイルの中に複数のメールデータを保持しています。
(Unix Mboxについては、Googleで検索してください)
この「Unix Mbox形式」が、メールのセパレーター行を、"From "で始まる行、と規定しています。
このために、メールデータの中に"From "で始まる行があると、それがメールのセパレーター行になってしまいます。
それで、Unix Mbox形式のファイルに書き込むときは先頭に">"をくっつけて(エスケープ)、この問題を回避しています。
そして、「下書きを編集」の時や、「後で送信」で「未送信フォルダ」に書いたあと実際にSMTPサーバーにデータを送信する時には、この">"を取り除きます。

ただし、どうも途中でこのあたりのロジックが少しいじられたようで、以前(Tb 1かTb2で)、">"ではなくて" "(一文字の半角スペース)でエスケープされるのを見たことがあります。
もしかすると、このせいで、元々は"From "で始まっていた行が、">From "あるいは" From "として送られる、という問題が起こるかもしれません。

Re[2]: 勝手に引用符が付いてしまう
(#42158) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE7/Thunderbird2.0)

WADAさん、ありがとうございます。

> 下書きフォルダの中のメールのソースを表示して>From my になっている時、「下書きを編集」でメールの作成画面に入った時にも、編集画面において >From my で表示されるのですか?

はい、一度>From Myと入ってしまった下書きにあるメールを編集で開くと、既に>が入ってしまっています。

> 具体的にどのようなことで困っているのですか?

説明が足りず申し訳ありません。
意図せぬ箇所に">"が付いた状態でメールが送られてしまう、という影響だけです。
送信した後に送信済みトレイを見て初めて気付く為、防げないのです。
まぁそれだけのことなので大きな実害な無いのですが…。
ご丁寧な説明ありがとうございます。

その後色々試したのですが、"From m"だけでも再現しました。
このバグ(?)が英語版でもあったりすると、もっと沢山の人から同じ疑問が出そうですね。

Re[3]: 勝手に引用符が付いてしまう
(#42159) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.1)

> はい、一度>From Myと入ってしまった下書きにあるメールを編集で開くと、既に>が入ってしまっています。

> 意図せぬ箇所に">"が付いた状態でメールが送られてしまう、という影響だけです。

元々の">"でのエスケープ(初期のNetscape時代からの伝統ですし、ほとんどのUnix Mbox形式を利用するソフトウェアで採用している方式のはず)ではなく、" "(一文字の半角スペース)でエスケープ、というのは、">"だと見た目が良くないからスペースでエスケープすべし、というようなリクエストがあって、そこで行ったロジック変更だったと記憶しています。
そのせいで、">"でエスケープしてあるにも関わらず、" "(空白)でエスケープしてあると思ってドラフトの編集やメール送信を行う、あるいは、" "(空白)でエスケープしてあるにも関わらず、">"でエスケープしてあると思ってドラフトの編集やメール送信を行う、という問題が起こっているように思えます。
どこかのロジックのちょっとした変更のせいで、">"でエスケープしているのにそれをきちんと処理しなくなってしまった、という問題の可能性もありますけどね。

> このバグ(?)が英語版でもあったりすると、もっと沢山の人から同じ疑問が出そうですね。

メールで使用している文字コードが一バイト文字系統の場合は、何もしなければFormat=Flowedで送るので、たとえ編集画面での行の先頭が"From "があったとしても、メールフォルダーファイル(Unix Mbox形式)の中では行の先頭になる確率はかなり低くなるはずです。
また、行の途中の"From "が、たまたまメールフォルダーファイル(Unix Mbox形式)の中で行の先頭になる、という確率は、もっと低くなると思います。
一方、日本語のメールの場合は、Format=FlowedのDelSp=Yesパラメーターがまだ正式なRFCになっていないので、まだメール作成時にFormat=Flowed,DelSP=Yesにはしていない、という事情があります。
(Format=Flowed、DelSp=Yesについても、Googleで検索してください)
従って、日本語のメールの編集画面で行の先頭に"From "を書くと、確実にメールフォルダーファイル(Unix Mbox形式)の中で行の先頭になります。
このために、返って英語圏のほうが問題に遭遇する可能性が低くなっているのだと思います。

問題があることを念頭において、先頭に半角スペースをいれておくように注意する、くらいしか対策はないと思います。
最善・確実な回避策は、行の先頭に"From "を書くと">From "で送られるという「制限」がある、あるいは「それが仕様である」、と思ってあきらめる、ということになります。

Re[4]: 勝手に引用符が付いてしまう
(#42160) このトピック中5番目の投稿
(環境: Mac/Minefield)

> 意図せぬ箇所に">"が付いた状態でメールが送られてしまう、という影響だけです。

mbox 形式に保存する場合に起こる問題ですから、
・ メールを作成したら、保存せずに送る。
・ 下書きに保存した場合には、編集時に一度確認する。
・ 後で送信 は使わない。
とすれば、「">"が付いた状態でメールが送られてしまう」問題は避けられます。
# その場合、送信済フォルダには ">" 付きで保存されますが、送られるものは ">" 無しです。

あるいは、IMAP 上のフォルダであれば、保存したとしても Thunderbird のこの問題は発生しません。
# もし同じ問題を持ったサーバを使っていたら、結果的には同じことになってしまいますが、大丈夫な場合が多そうな気がする…

> 元々の">"でのエスケープ(初期のNetscape時代からの伝統ですし、ほとんどのUnix Mbox形式を利用するソフトウェアで採用している方式のはず)ではなく、" "(一文字の半角スペース)でエスケープ、というのは、">"だと見た目が良くないからスペースでエスケープすべし、というようなリクエストがあって、そこで行ったロジック変更だったと記憶しています。
> そのせいで、">"でエスケープしてあるにも関わらず、" "(空白)でエスケープしてあると思ってドラフトの編集やメール送信を行う、あるいは、" "(空白)でエスケープしてあるにも関わらず、">"でエスケープしてあると思ってドラフトの編集やメール送信を行う、という問題が起こっているように思えます。

どうもそうではないようで、
・ format=flowed の場合は、" " でエスケープする。" " でエスケープしてあると思ってアンエスケープする。(元通り)
・ format=flowed でない場合は、">" でエスケープする。アンエスケープは行われない(!)
# 強制的に " " エスケープ状態に書き換えても、アンエスケープしてくれない。
ということで、英語圏等ではほぼこの問題に遭遇しなさそうです。

Re[5]: 勝手に引用符が付いてしまう
(#42164) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP2/SeaMonkey1.1)

> どうもそうではないようで、
> ・ format=flowed の場合は、" " でエスケープする。" " でエスケープしてあると思ってアンエスケープする。(元通り)
> ・ format=flowed でない場合は、">" でエスケープする。アンエスケープは行われない(!)
> # 強制的に " " エスケープ状態に書き換えても、アンエスケープしてくれない。
> ということで、英語圏等ではほぼこの問題に遭遇しなさそうです。

そういうことですか。
引用の形式で端から">From ..."と書いた時に、
(多くの場合、引用は、"> From ..."と">"の後に空白を入れるので、問題にはならないのですが)、
Unix Mboxに入ったが最後、"From ...."の行のエスケープなのか、">From ..."と書いたのか、絶対に判別できない、という、
「Unix Mbox」+「"From "を">"でエスケープ」する限りは避けられない問題(制限)を、
format=flowedの時に" "(空白)でのエスケープで回避した、ということのようですね。
そして、format=flowedであろうがなかろうが、">"のアンエスケープは止めちゃった。
しかし、format=flowedでない場合の、">"によるエスケープに関しては一切変更していないので、今回の問題になる、と。

日本語の場合も、いずれformat=flowed,delsp=yesがデフォールトになるだろうし、現時点での「制限」と捉えてあきらめる、のが一番利口かな?

Re[6]: 勝手に引用符が付いてしまう
(#42169) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP2/IE7)

WADAさん、あさん
ありがとうございます。

> Unix Mboxに入ったが最後、"From ...."の行のエスケープなのか、">From ..."と書いたのか、絶対に判別できない、

で、なんとなく理解できました。結論として、

mbox 形式に保存する場合に起こる問題ですから、
・ メールを作成したら、保存せずに送る。
・ 下書きに保存した場合には、編集時に一度確認する。
・ 後で送信 は使わない。

でしばらく使ってみようと思います。
送信済みフォルダもUnix Mbox形式で管理されているので、
表示上は>Fromとなってしまっているだけなんですね。

これで駄目だったら、諦めます…。
もしくは、From...で始める口癖を直します(笑)

ありがとうございました。
済!

このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -