過去ログ表示


過去ログ 295 を表示

トピック内全 9 記事中の 1 〜 9 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

デュアルブートの状態下での利用について
(#45868) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.0)

ビスタとXPの両ソフトをCおよびDのドライブにインストールして、デュアルブートの状態でMozilla Firefox 3.0.5を、それぞれのドライブにインストールして使用しています。
今までは、主にDドライブにインストールしていたXPを主に使用していたのですが、今後はCドライブにあるビスタのFirefoxも利用するようにしたいと思っています。

そこで質問なのですが、いつどちらのFirefoxを使用しても違和感がないようにしたいと思っているのですが、どの様にすればよいのか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

なお、 ScrapBookはデータとして別ドライブに保存しています。

Re[1]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45880) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/SeaMonkey1.1)

> ビスタとXPの両ソフトをCおよびDのドライブにインストールして、
> デュアルブートの状態でMozilla Firefox 3.0.5を、それぞれのドライブにインストールして使用
> 今までは、主にDドライブにインストールしていたXPを主に使用していた
> 今後はCドライブにあるビスタのFirefoxも利用するようにしたい
> いつどちらのFirefoxを使用しても違和感がないようにしたい

VistaとXPのデュアルブートなら、どちらのOSで起動しても同じドライブレター(たとえばP:とする)になるところにFirfoxのプログラムを置き、たとえばX:となるところにプロファイルなどのFirefox 3が使用するデータを置く、という方法が楽でしょう。
ネットワークドライブ上に置き複数のPCで交互使用、というのと全く同じことになります。
(LinuxとWinのデュアルブートとか仮想化環境下の異なる種類のOSとかになると、このような手法では問題がでてくる)

Firefoxが動く時は、%APPDATA%\Mozilla\Firefox\profiles.iniというファイルの中でポイントしているディレクトリー(プロファイルディレクトリー)を使って動く、という、ごくシンプルな仕掛けになっています。
(デフォールトでは、%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\<ランダムな文字列>.<プロファイル名>が使われる)
%APPDATA%は、起動するOSやそこでログインするユーザーによって異なりますから、
(A) Vista/user-Vにおける %APPDATA%\Mozilla\Firefox\profiles.ini
(B) WinXP/user-Xにおける %APPDATA%\Mozilla\Firefox\profiles.ini
の両方に、テキストエディターで同じプロファイル名のエントリーを作成し、
(A)でも(B)でも、同じX:の中のプロファイルディレクトリーをポイントすればOK。
あとは、どちらのOSの下でも、同じP:の中のプログラムディレクトリーにあるfirefox.exeをお好みのプロファイルで起動する、ということになります。
デュアルブートで必ず交互使用になるので、同じプロファイルでもOK。
P:もX:も、アクセスできさえすれば、C:であろうがD:であろうが構いません。
「既定のブラウザー」の設定あたりも、Firefoxの起動時に問い合わせるようにしておけば、ほとんど気にする必要もないでしょう。

問題は、導入やソフトウェアの更新です。
起動しているOSによって、導入時や更新時に登録・変更されるWindows Registryが異なるわけですから、どちらで起動した時にどのような導入・更新をする・しないかなどを決めておく、などの注意が必要です。
Firefoxの自動更新だと、P:にあるライブラリーのFirefoxの更新結果をその時起動しているOSに登録するだけなので、ほとんど気にしなくてもいいですが、
プラグインなどで、自分のライブラリーに入れたものをOSに登録しておきFirefoxがそれを探して持ってくる、というようなケースでは、両方のOSでプラグインあるいはそれを提供するソフトウェアを導入する必要がでてきます。
(最近のFlash Playerは、こうなっていたような気が...)

Re[2]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45881) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.0)

No45880に返信(WADAさんの記事)
WADA さん こんにちは。懇切なご回答有り難うございます。


> VistaとXPのデュアルブートなら、どちらのOSで起動しても同じドライブレター(たとえばP:とする)になるところにFirfoxのプログラムを置き、たとえばX:となるところにプロファイルなどのFirefox 3が使用するデータを置く、という方法が楽でしょう。

完全に理解はしていないのですが、「同じドライブレター(たとえば>P:とする)になるところにFirfoxのプログラムを置き」という意味を、現在のDドライブでもよいのではと解釈して、ビスタを起動してからDドライブにあるFirefoxを立ち上げて見たのですが、ビスタ(Cドライブ)にあるFirefoxと同じものが立ち上がったのですが、OSをインストールしてある以外のドライブにFirefoxはインストールしなければならないということになるのでしょうか。
なお、Firefoxはいずれの場合も「Program Files」フォルダ中にインストールしています。

Re[1]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45889) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinVista/Firefox3.0/Thunderbird3.0)

やったこと無いですが、ポータブルにしたらどうなりますかね。
同じソース、同じデータですから違和感はないと思います。
やったことのある人は居ないかな。

Re[2]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45890) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> やったこと無いですが、ポータブルにしたらどうなりますかね。
> 同じソース、同じデータですから違和感はないと思います。
> やったことのある人は居ないかな。

Portablapps.comのFirefox Portable Edtionであれば,Windows XP - Vista間で利用しても問題なく使えます。
ただし,確実ではないのですがIE Tabとか使っているとなんかおかしくなったような気はします(過去形ですが Embarassed )。

Re[3]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45895) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP3/SeaMonkey1.1)

> ビスタを起動してからDドライブにあるFirefoxを立ち上げて見たのですが、
> ビスタ(Cドライブ)にあるFirefoxと同じものが立ち上がった

FirefoxはVista用/XP用と分かれてはいないので、C:のVistaの下でC:のProgram Filesの中に導入したFirefoxも、D:のXPの下でD:のProgram Filesの中に導入したFirefoxも、中身は同じものになります。

Firefoxを実行する上では、Firefoxが入っているプログラムディレクトリーは、どこにあっても構いません。
二度手間を省き余計なディスクスペースを消費しないようにどちらかのOSで一回だけ導入するとか、導入先をProgram FilesではなくD:\Fx-3にするとか、
C:/D:のProgram Fileの中のFirefoxのプログラムライブラリーをD:\Fx-3にコピーまたは移動とか、お好きなように。

ただし、プラグインの導入のことなどを考えると、両方のOSの下で標準のそれぞれのProgram FilesにFirefoxを導入しておき、
Program Fileの中のFirefoxのプログラムライブラリーをD:\Fx-3にコピーして(共通で使用、ということが目に見えるように)、
それぞれのOSのデスクトップにショートカットを作成、というほうがいいかもしれません。

Re[4]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45909) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.0)

No45895に返信(WADAさんの記事)
メンタームさん  アイヴァーンさん  WADAさん こんにちは。
早速のご返事有り難うございました。
レスが遅くなって申し訳ありません。実は、ご指摘いただいたことについて、私自身が知らないことが多く、いろいろと調べて指摘いただいたことを理解するのに時間がかかったという次第です。


「Mozilla Firefox, Portable Edition」の使用方法にについてまだ十分理解はしていないのですが、私としてはインターネットで得た資料を保存する機会が多く、その資料をCまたはDのドライブに保存することができなければ意味がないということになりますので、そこらあたりをもう少し勉強してみたいと思います。

私の当初の目論見では、 個別にバックアップを行う方法をとってDドライブの「%AppData%\Mozilla\Firefox」をCドライブのFireFoxにドラッグ&ドロップでコピーすればよいのではと簡単に思っていたのですが、これではその時点では同一性が保たれるものの、その後にまた同じではなくなるということが、WADA さんのご指摘でわかりました。
現在の私の力量で取り組んでよいのか不安はありますが、折角ここまで皆さんのご支援を頂いたのですから、もう少し頑張ってみたいと思います。

そこで、指摘のあったように
>Program Fileの中のFirefoxのプログラムライブラリーをD:\Fx-3にコピーして(共
>通で使用、とい>うことが目に見えるように)、

の作業を実行したいのですが、残念ながら「Firefoxのプログラムライブラリー」というのが、どのファイルまたはフォルダを指すのかわかりませんので、どの様な形でその判別をしたらよいのか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。
 

Re[5]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45910) このトピック中8番目の投稿
(環境: WinXP SP3/SeaMonkey1.1)

> 「Firefoxのプログラムライブラリー」というのが、どのファイルまたはフォルダを指すのかわかりません

「プログラムディレクトリー」というほうが普通でしたね(^^;
firefox.exeが入っているデレクトリー。
Firefoxを起動するショートカットのプロパティの、「リンク先」に指定されたパスから最後の"firefox.exe"を取り除いたもの。
手動で変更していなければ、「作業フォルダ」にもセットされています。

> 私の当初の目論見では、 個別にバックアップを行う方法をとってDドライブの「%AppData%\Mozilla\Firefox」をCドライブのFireFoxにドラッグ&ドロップでコピーすればよいのではと簡単に思っていたのですが、これではその時点では同一性が保たれるものの、その後にまた同じではなくなるということが、WADA さんのご指摘でわかりました。

毎回コピーだと内容の同期を取るのがたいへんになりますね。
起動前に、常に最後に使用したのがどちらかを気にする必要があって、異なるほうを使う場合にはそれをコピーしないといけない。

それを避けるために、(A)使用するプロファイルディレクトリーを一つだけにする、
(B)使用するプロファイルディレクトリーをポイントするpofiles.iniが、
それぞれのOSごとに一つあって合計二つあるので、編集して同じところを指すようにする、
というだけのことです。

使用する一つだけのプロファイルディレクトリーは、「Dドライブの%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\...」でも構わなくて、
フルパス表示の、D:\Documents and Settings\...\Mozilla\Firefox\Profiles\pqrxyz.prof_name は、どちらで起動しても、特殊な設定をしていない限り同じになりますから、
それをそのまま使用してもいいわけです。
しかし、C:で起動したVistaにおける%AppData%と、D:で起動したXPにおける%AppData%は異なるパスになりますから、多少の混乱を招きかねません。
(デフォールトのプロファイルロケーションで新規にプロファイルを作ると、どちらのOSで起動したかによってプロファイルができる場所が変わる)

で、いっそのこと、D:\Fx-Prof\pqrxyz.prof_nameに移動してしまい、どちらのOSのprofiles.iniでも絶対パス(IsRelative=0)でポイントしたほうが、共通で使用しているということが目に見えるからいいだろう、ということです。

Re[6]: デュアルブートの状態下での利用について
(#45966) このトピック中9番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.0)

No45910に返信(WADAさんの記事)

懇切な説明をいただきましたが、私の力では理解できないながらもなんとか終了しました。

このような質問を投稿して相手をしてくれる人がいるのかと不安な気持ちもあって、自分一人の考えで処理することも考えていたのですが、いろいろとご指摘いただいて幸いでした。
今回はどうも有り難うございました。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -