過去ログ表示


過去ログ 310 を表示

トピック内全 18 記事中の 11 〜 18 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

(環境: Linux/Other)

 http のリクエストとサーバの応答です。

----------------------------------------------------------
http://www.shinyamaru.co.jp/contents/oomonotachi/2009/2009.6.1



GET /contents/oomonotachi/2009/2009.6.1 HTTP/1.1

Host: www.shinyamaru.co.jp

User-Agent: Mozilla/5.0 (X11; U; Linux i686; en-US; rv:1.9.1pre) Gecko/20090611 Shiretoko/3.5pre

Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8

Accept-Language: ja,en-us;q=0.7,en;q=0.3

Accept-Encoding: gzip,deflate

Accept-Charset: UTF-8,*

Keep-Alive: 300

Connection: keep-alive

Referer: http://www.shinyamaru.co.jp/contents/oomonotachi.htm



HTTP/1.x 200 OK

Date: Thu, 11 Jun 2009 21:12:34 GMT

Server: Apache/1.3.12 (Unix) mod_ruby/1.2.2 PHP/3.0.14-i18n-ja mod_ssl/2.6.2 OpenSSL/0.9.4

Last-Modified: Mon, 01 Jun 2009 07:23:20 GMT

Etag: "be7d0-3e9-4a2381e8"

Accept-Ranges: bytes

Content-Length: 1001

Keep-Alive: timeout=15, max=100

Connection: Keep-Alive

Content-Type: text/plain

----------------------------------------------------------

 以上から Cai さんのおっしゃる通りブラウザの問題ではなくサーバの設定の問題ですね。

(環境: Linux/Other)

【補足】
 サイト管理者に Apache の設定をミスってること以外に、Apache のバージョンをアップすることも薦めた方がいいですね。バージョンが古すぎます。

(環境: Win2000/Firefox3.0)

>  http のリクエストとサーバの応答です。
>
> ----------------------------------------------------------
> http://www.shinyamaru.co.jp/contents/oomonotachi/2009/2009.6.1
>
>
>
> GET /contents/oomonotachi/2009/2009.6.1 HTTP/1.1
>
> Host: www.shinyamaru.co.jp
>
> User-Agent: Mozilla/5.0 (X11; U; Linux i686; en-US; rv:1.9.1pre) Gecko/20090611 Shiretoko/3.5pre
>
> Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
>
> Accept-Language: ja,en-us;q=0.7,en;q=0.3
>
> Accept-Encoding: gzip,deflate
>
> Accept-Charset: UTF-8,*
>
> Keep-Alive: 300
>
> Connection: keep-alive
>
> Referer: http://www.shinyamaru.co.jp/contents/oomonotachi.htm
>
>
>
> HTTP/1.x 200 OK
>
> Date: Thu, 11 Jun 2009 21:12:34 GMT
>
> Server: Apache/1.3.12 (Unix) mod_ruby/1.2.2 PHP/3.0.14-i18n-ja mod_ssl/2.6.2 OpenSSL/0.9.4
>
> Last-Modified: Mon, 01 Jun 2009 07:23:20 GMT
>
> Etag: "be7d0-3e9-4a2381e8"
>
> Accept-Ranges: bytes
>
> Content-Length: 1001
>
> Keep-Alive: timeout=15, max=100
>
> Connection: Keep-Alive
>
> Content-Type: text/plain
>
> ----------------------------------------------------------
>
>  以上から Cai さんのおっしゃる通りブラウザの問題ではなくサーバの設定の問題ですね。

HTTPのリクエストおよびレスポンスのメッセージヘッダーはその通りです。
WebサーバであるApacheがリクエストに応え送信するメッセージボディーのファイルのメディアタイプが判別できなかったのでデフォルトのtext/plainとしてレスポンスしたということです。
なぜ判別できなかったかは推測でしかありませんがリクエストされたファイルの識別子が不明だったためと考えられます。
Apacheではご承知と思いますがmime.typesというファイルでmimeタイプ(メディアタイプ)と識別子の対応を管理しています。これに新しいメディアタイプを登録するにはAddTypeというコマンドがありそれで行えばできます。
一見、決着と思いますが上にも書いた通り登録は拡張子との対応です。拡張子が不明や無い場合はここでは解決できません。別の手段が必要です。
拡張子がなくデータタイプは多岐に渡るものを管理はできません。できるのは一律にプレインテキストとして返すだけだと思います。
W3CのHTML Specification文書にはHTMLのファイル拡張子について記述はないようです。
そこで私は少なくともhtml拡張子を付けたファイル名に変更すれば次善の策としては適当ではないかと提案したところです。
インターネットでは閲覧者、サイト公開者、サーバ所有者がいますが閲覧者を一番に考えればより多くのサイトをストレスなく閲覧できることが要求です。
でもこの問題のようなことが度々起こります。その解決策としてサイト公開者やサーバ所有者に直すように連絡するようにはちょっと難しいのではないでしょうか。
第一、連絡先などわかりません。サイト公開者とサーバ所有者が同じか別かも厳密にはわかりません。譲ってサーバ所有者に連絡がとれたとしてどう設定したら今のソースで正常にレンダリングできるようになるでしょうか。サイト公開者に連絡がとれたとしたならば同じようにサーバ設定を直してもらうかファイル名を変えてもらうかでしょうか。
そして最後としてプレーンテキストのレスポンスがあった場合、FireFoxがメッセージボディを解析して最適な処理を提供するというのが残ります。
このようなことは実業の世界の商品では当然、仕様として検討するところだと考えます。FireFoxでもレンダリングの中ではこのようなことはこと細かに検討されているようですが。
拡張子はインターネットでは意味をなさないというのもわかりますが現実にはスタイルシートファイルや数々のマルチメディアファイル、インクルードファイル、SSI、スクリプトなど明示的な役割として拡張子は非常に重要だとおもいます。
現実にWebコンテンツを開発する側から言わせて頂ければHTTPヘッダはスクリプトなどによる一部を除いて自由にできません。
また、コンテンツのサーバ移転時にもあまり考慮せずに実施できることが望まれると思います。
いずれにしてもユーザーエージェント(ブラウザ)はよりエキセプション処理をして代替処理方法がない場合は的確なメッセージを出力するようなものに仕上げて欲しいと思います。

(環境: Linux/Other)

 まぁ、ダメモトでもやらないよりマシかと思いますよ。
 少なくとも今はサーバ管理者に依頼して本来するべき設定をしてもうらう方が現実的だと思いますよ。

(環境: Linux/Other)

あ、質問された方とは別の方ですね。失礼しました。

(環境: WinXP SP3/Firefox3.0)

> HTTPのリクエストおよびレスポンスのメッセージヘッダーはその通りです。
> WebサーバであるApacheがリクエストに応え送信するメッセージボディーのファイルのメディアタイプが判別できなかったのでデフォルトのtext/plainとしてレスポンスしたということです。
(略)
> そこで私は少なくともhtml拡張子を付けたファイル名に変更すれば次善の策としては適当ではないかと提案したところです。

そうですね。まっとうな対応だと思います。
次善の策ではなくて、apache の設定ファイルをいじれないのであれば、考えうる
最善の策だと思います。

> 第一、連絡先などわかりません。サイト公開者とサーバ所有者が同じか別かも厳密にはわかりません。譲ってサーバ所有者に連絡がとれたとしてどう設定したら今のソースで正常にレンダリングできるようになるでしょうか。サイト公開者に連絡がとれたとしたならば同じようにサーバ設定を直してもらうかファイル名を変えてもらうかでしょうか。
> そして最後としてプレーンテキストのレスポンスがあった場合、FireFoxがメッセージボディを解析して最適な処理を提供するというのが残ります。
> このようなことは実業の世界の商品では当然、仕様として検討するところだと考えます。FireFoxでもレンダリングの中ではこのようなことはこと細かに検討されているようですが。

特定のアプリケーションに連携したいがために特定の Content-Type を設定したと
して、そのファイルが html っぽいから、テキストっぽいからとブラウザが勝手に
判断して表示するのは良くないです。html のソースをテキストとして表示したいか
ら、text/plain で送信してくる場合がありますが、それを html として表示した場
合、規約を無視した上に表示の不具合を発生させることになります。実業云々言う
向きはそういったことを理解していないか、理解していても、自分の嗜好にあった
実装をしているアプリケーションを選択する自由を持っていることを忘れている
のでしょう。
こういった議論は過去に何度となくされていて、Content-Type に従うというのはも
う嫌というほど議論がなされた上での仕様のはずです。
# ウェブ標準とか、原理主義とか...
# まぁ、Firefox も RFC に従っていないところもあるわけですが、接続本数とかね。

> 拡張子はインターネットでは意味をなさないというのもわかりますが現実にはスタイルシートファイルや数々のマルチメディアファイル、インクルードファイル、SSI、スクリプトなど明示的な役割として拡張子は非常に重要だとおもいます。

Content-Type と拡張子は apache が便宜的に関連付けているんですよね、そのほう
が使いやすいからと。今回のケースはアップロードしたユーザが、その非常に重要
な拡張子をざわざ逸脱したんです。

> 現実にWebコンテンツを開発する側から言わせて頂ければHTTPヘッダはスクリプトなどによる一部を除いて自由にできません。

大概、アップロードする拡張子は自由にできます。一般的な範囲でファイル名(拡
張子)をつけて居れば、apache は妥当な Content-Type を設定し、電文上も妥当
になります。今回のケースも Firefox は電文を妥当に解釈して表示しているので、
Web コンテンツを設置する人が変な設置の仕方をしなければ、上手く動くはずです。

> また、コンテンツのサーバ移転時にもあまり考慮せずに実施できることが望まれると思います。

アップロード時の拡張子を一般的に使われている範囲で使用すれば、移転時に
ほとんど考慮する必要はありません。apache でなくても、便宜を図ってくれます。

(環境: WinXP SP3/Firefox3.0)

> あ、質問された方とは別の方ですね。失礼しました。

皆さん、いろいろとお教えいただきありがとうございます。
議論が専門的過ぎて私の理解を超えていますが、要は、Firefox側の問題ではなく、サーバー側の設定上の問題のようなので、管理者(作者)に設定を変更してもらう必要があるということはわかりました。
実はWEBを見ても船宿に直接連絡できるメールアドレスが載っていないため、今度釣行に出かけた際に直接話して見ます。(わざわざ電話で伝えるほど急ぎの問題でもないため)
ただ、IEではきちんと写真が表示されるので、本当はFF3.0にもIE同様の機能(仕様)を持たせてもらいたかったと思います。

やすべえ

(環境: WinXP SP3/Firefox3.0)

> ただ、IEではきちんと写真が表示されるので、本当はFF3.0にもIE同様の機能(仕様)を持たせてもらいたかったと思います。

ちなみに、いくつかのブラウザで、6月1日をクリックすると...

Firefox 3.0.11 : HTML のソースを表示する。

Google Chrome 2.0.172.31 : HTML のソースを表示する。

Internet Explorer 8 : 6月1日のページを表示する。

Opera 9.64 : ダウンロードの画面を表示する。

Apple Safari 4.0 : ダウンロードの画面を表示する。


それにしても、問題のページの URI が
http://www.shinyamaru.co.jp/contents/oomonotachi/2009/2009.6.1 とは、ひどすぎ。
ファイル名に . (ピリオド)を使うとは、やれやれ。
たとえば _ (アンダーバー) や - (ハイフン)を使うとかしないと。

ファイル名に . (ピリオド)を使ってるから、
IBM WebSphere Studio Homepage Builder Version 12.0.4.0 for Windows も、html の拡張子を付けるのを遠慮したのかな?


[ 前のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -