過去ログ表示


過去ログ 318 を表示

トピック内全 5 記事中の 1 〜 5 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Thunderbird2.0.0.23について
(#49154) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

Thunderbird2.0.0.23を使っていますが、受信メールのうち一部のものの送信日時が1970/1/1 9:00 と表示されますが、何故でしょうか?

Re: Thunderbird2.0.0.23について
(#49230) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

> ■No49154に返信(yatokameさんの記事)
>>Thunderbird2.0.0.23を使っていますが、受信メールのうち一部のものの送信日時が1970/1/1 9:00 と表示されますが、何故でしょうか?WinXP SP3/Firefox3.5
>
> とあるプログラムは時刻の原点に1970/1/1を採用しています。
> 9:00はその原点時刻0:00(グリニッジ標準時間)に対する日本時間の差分。
>
> 「受信メールのうち一部のもの」とは、送信者が特定されていませんか?
>
> ## Thunderbirdは無関係のはず。

OEでメールを受け取ると、送信日時が1970/1/1 9:00にななりません、メールのあて先は楽天のショップです、OEで受け取れば済むことですがThunderbirdの方がメッセンジャーを起動しなくて済むのでできればThunderbirdでメールをやり取りできればと思いお尋ねしたしだいです。

Re: Thunderbird2.0.0.23について
(#49233) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

http://forum.mozilla.gr.jp/cbbs.cgi?mode=al2&namber=38952&rev=&&KLOG=247
の8番目の返信(Wada産の投稿された記事)を参照してみてください。

>>とあるプログラムは時刻の原点に1970/1/1を採用しています。
>>9:00はその原点時刻0:00(グリニッジ標準時間)に対する日本時間の差分。
>>「受信メールのうち一部のもの」とは、送信者が特定されていませんか?

SPAM や壊れた Date ヘッダをつけるメーラなどが送信したメールをそういった日付
で表示するのは Thuderbird に限った話ではないと思います。少なくとも、そういう
ことが他のメーラでありました。

提示された状況を考えると、特定の送信者からのメールだけそうなるとのことなの
で、送信されてきたデータに問題がある可能性が高いと思います。

> OEでメールを受け取ると、送信日時が1970/1/1 9:00にななりません、メールのあて先は楽天のショップです、OEで受け取れば済むことですがThunderbirdの方がメッセンジャーを起動しなくて済むのでできればThunderbirdでメールをやり取りできればと思いお尋ねしたしだいです。

OE はもうずいぶん使ってないので分らないですが、Date ヘッダの書式を寛容に評
価しているのかもしれませんし、Date ヘッダが壊れている(あるいは無い)ため
Recived ヘッダなどから補完しているのかもしれません。
それと、Date ヘッダが不正か無いことが問題の原因であるのならば、問題なのはあ
て先ではなく、送信メールに Date ヘッダをつけているソフトウェアです。

ヘッダを生で見れば何か分るかもしれません。

Re: Thunderbird2.0.0.23について
(#49235) このトピック中4番目の投稿
(環境: Win2000/Firefox3.5)

私の乏しい知識の一部から。

日付、時刻が1970年1月1日0時が基点になるのはUNIXタイムスタンプです。
また、メールを送信する手段としてはThunderbirdなどのメーラソフト、ウェブメールなどサーバのサービスソフト、様々な個人、組織が作ったメール送信ソフトなどがありますがそれらのソフトが送信時刻を取得先によりヘッダーについてくる送信日付が決まってきます。
一般にはそのソフトが稼動しているコンピュータのタイマーから取得していると思います。
ですので使っているメーラーの時刻設定が初期値のままだったとすると1970年で送られます。しかしタイマーは黙っていても進みますのでいつまでも初期値であるわけはありません。考えられるものを並べてもあまり意味がありませんがタイマーが壊れている、プログラムが時刻取得にコーディングミスがある、最初から時刻を取得していないなどです。
ちなみに私のパソコンの日付を2000年にしてThunderbirdで送信してみましたら2000年に送信したメールとなりました。
つまりThunderbirdはローカルのパソコンのタイマーから時刻を取得していることになります。ヘッダーを見ると当然ですが経由してくるメールサーバが2009年の正しい時刻をスタンプしています。

Re: Thunderbird2.0.0.23について
(#49237) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP SP3/SeaMonkey1.1)

> http://forum.mozilla.gr.jp/cbbs.cgi?mode=al2&namber=38952&rev=&&KLOG=247
> の8番目の返信(Wada産の投稿された記事)を参照してみてください。

この記述は古いので、そのまま受け取られるとまずい...(^^;

「mailnews.use_received_date=trueにすると、Date:がないとOutlook Expressと同様にReceived:から持ってくる」というのは、途中の実験的なものです。
(Thunderbird 2は、この実験的なパッチがあたった段階のものでリリースされてしまった...。)
(たとえuse_received_date=trueで使ってしまっていても、Tb 3でReceivedカラムを使うには索引の再構築が必要だから、大きな問題にはならないでしょう。)

その後、DateカラムはDate:ヘッダーに対応すべきで勝手に適当なところから持ってくるべきではない、ということで、
Outlook Expressと同じような「Received:ヘッダーの中の日付を表示するReceivedカラム」の新設になり、Thunderbird 3ではこちらが実装されています。
IMAPだと、メールヘッダーの取得時にReceived:ヘッダーを取得しないので常にDate:ヘッダーのものになってしまう問題があり、
> https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=184490
カスタムヘッダーにReceivedを定義して"If Received contains"あたりのルールを作っておく、というワークアラウンドを行う必要があるんですけどね。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -