過去ログ表示


過去ログ 330 を表示

トピック内全 24 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1] [2]

Mozillaにおける「責任」について
(#50591) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox3.5)

最初に申し上げます。このトピは、私のつたない質問にお答えくださったかたがたへの批判を目的としてはおりません。個人の善意やボランティアに依存するシステム、体勢についての疑問です。

こちらで質問いたしますと、「まずは」セーフモード、新規プロファイル、再インストールで試せ、というお答えを多く頂戴します。また、アドオンについて、どれが不具合の原因かはわからない、わかりっこない、相性もある、というレスもいただきます。望む改変をするためにconfigを変えようとすればソフトから警告が出ますし、こちらでの多くの回答者のみなさまはそれを当然のことと受け止めてらっしゃるようにお見受けします。また、こちらでのやりとりが自動的に拾い上げられるようになっておらず、「バグ報告」は、Bugzilla-jp や各アドオン開発者に直接知らせるように、というご方針であるかと存じます。
好事家のソフトであるならば、好きな人、ローカルルールを好む人だけが使えばよいわけですから、前記は別段、問題ではありません。しかし、シェアは増大しましたし、シェアが増大すれば「Mozilla が特に好きなわけではないが、他の選択肢はないので仕方なく使う」人も増えます。現時点でそうなっていますよね。
私自身を振り返っても、ネスケで良かったのが、使い物にならなくなってMS製品に追いやられ、今度はそれが駄目になって「様変わりしたネスケ」に戻らされました。家人のPCの管理もしていますが、パソコンに特別の関心がなく、道具として使う人間にとっては、セーフモード等で試せ、相性だ、ここでのやりとりが自動的にバグ報告にならない、別途(英語で)申告しろ、というのは、「使えない」レベルのハードルの高さです。シェアが拡大し、好事家だけのものでなくなったにもかかわらず、不具合対策はユーザーの好意に依存し過ぎているように思われてなりません。
日本のもじら組で「さえ(失礼ながら)」社団法人格を維持しておられる。開発が続いていることからしても、本家は、より豊かな資金をお持ちのはずです。にも関わらず、トラブルシュートに不熱心で、エンドユーザーに自己解決を強いる、公認の(「実験的」という但し書きのない)アドオン間の相性問題でさえ原因究明ツールも示さずエンドユーザーまかせにする、という姿勢には、いささか疑問を感じざるを得ません。シェアのトップ争いをするというのは「白物家電」なみの扱いやすさが要求されるということですし、シェア拡大を「目指した」時点から、その覚悟はあったはずです。なのに実際には尻抜けになっています。このあたりについて、本家では、どのように総括し、シェア拡大に伴う責任をどう認識し、言明しているのか、urlなどご教示いただければ幸いです。

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50592) このトピック中2番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

拡張については互換性の問題のないPersonaやJetpackなどを本体に組み込む方向ですよ。
バグについては ,不具合報告センターもあることですしね。
どんどん活用すればいいと思うけど。
だだし, 再現性が無いものは修正は難しいし, またUIについては取り上げられる可能性はほとんど無いでしょうけど。

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50593) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

Mozilla 製品が使い難いと思うのなら、別の製品を選べば良いだけです。Mozilla は強制などしません。
あなたが所属している組織が強制しているのなら、その組織にサポートを求めてください。

What is Mozilla?:
http://www.mozilla.com/en-US/about/whatismozilla.html

Mozilla Japan - Mozilla について:
http://mozilla.jp/about/whatismozilla

Mozilla Japan - 法人向け情報 - 法人向けサポート:
http://mozilla.jp/business/support/

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50594) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Minefield)

はるかに普及しているIEでされ不具合時は「個別にアドオンを選択して無効にする」といったFirefoxに類似の提案をしています。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-vista/Tips-for-Common-Issues-After-Installation-of-Internet-Explorer-8

普及してきたから、とかと言うことは関係ないのではないでしょうか。


ここ「もじら組」は情報交換の場。
[引用]
mozilla.gr.jp は、日本での Mozilla 関連の情報発信源として、「まず、これだけは必要だよね」という情報を集めたポータルサイトです。


>ここでのやりとりが自動的にバグ報告にならない、別途(英語で)申告しろ
日本語でバグ報告できるところがあります。
http://bugzilla.mozilla.gr.jp/
再現性などが確認されれば、(代理で)本家に登録してくれる場合もあります。


その他、いろいろお書きのことについて、MSなどにも当てはまることはあると思います。
その点については、いかがお考えでしょうか?

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50596) このトピック中5番目の投稿
(環境: Win 7/Firefox3.5)

私は、あなたが言われるところの「好事家」でない、Firefoxユーザです
しかしながら、あなたのような感情は一切抱きません。
また、トラブルシューティングに関しても、一切面倒臭いとも思いません。
なぜなら、自ら選んでFirefox使っているからです。

あなたが今、何某かのトラブルを抱えているのなら「Mozillaにおける「責任」」
について論じる前に、問題解決に努力するのが賢明です。
もちろん、その努力とは「セーフモード、新規プロファイル、再インストール」
「馬鹿正直にアドオンを一つずつ試す」も含みます。

私はそうやって問題を解決してきましたから。

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50597) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

はじめに、こんなこと書くなら、最低限、この辺は目を通してくださいよ。

http://addons.mozilla.org/ja/firefox/pages/about
http://addons.mozilla.org/ja/firefox/pages/faq

あとは、フリーソフトウェアやオープンソースソフトウェア、ユーザコミュニティとは何なのかをよく調べることをお勧めします。

> しかし、シェアは増大しましたし、シェアが増大すれば「Mozilla が特に好きなわけではないが、他の選択肢はないので仕方なく使う」人も増えます。

Firefox などは選択肢の一つであって、提供している側からそれを強制することは無いはずです。
OS が Windows、Linux、Mac なら IE、Safari、Opera、Konqueror、Google Chrome など
Mozilla 系を除いたとしても選択肢は2つ以上あるはずです。

> ここでのやりとりが自動的にバグ報告にならない、

たとえば 2ch で報告しても何にもならないのと同じで、もじら組の掲示板で何を
言っても意味がないでしょう。も組は単なるユーザコミュニティの一つでしかない
のですから。

> 別途(英語で)申告しろ、

別に不具合を報告する義務はないです。Bugzilla に報告しなければ、把握さえされ
ないというだけの話です。

それと、有償のソフトウェアや有償のOSや有償のハードウェアなどであっても、日本語のウェブサイト
があっても問い合わせは英語のみというのは普通です。それに、サポートには別途費用が
かかりますというのも普通です。
窓口は開発元の言語だけです、サポート料かかりますというのも普通にあります。

> 日本のもじら組で「さえ(失礼ながら)」社団法人格を維持しておられる。

組員じゃないのでよく知らんのですが、多分、社団法人じゃないです。
Mozilla Japan と勘違いしてませんか?

> エンドユーザーに自己解決を強いる、

そういう形態をとっているというか、ユーザコミュニティによるサポートというのを勘違いしていると思いますよ。

> 公認の(「実験的」という但し書きのない)アドオン間の相性問題でさえ

公認というのは Addons のサイトが公認で、ユーザレビューが通ったから、Addons から
ダウンロードできるようになっているというだけですよ。逆に、アドオンを作るユーザや
使うユーザのためにページを用意してくれているに過ぎないと私は認識しています。

| これらのアドオンは誰が作っているのですか?
| 個人の愛好家から大企業まで、多数のアドオン開発者によって作成されていま
| す。公開されているアドオンはすべて、リリース前に熱心なボランティアのス
| タッフによってレビューされています。実験的なアドオンは、実験的であること
| が明記されており、レビューを受けていません。

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50605) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

いまだにseamonkeyのユーザーです。

仰りたいことは判ります。その気持もいくらか分かります。
長らくMozilla製品を使わせてもらっており、その素晴らしさを享受していますが、
仕事での使用や、他人にはお奨めはしません。
せいぜい、家人のPCだけで、自分の手が届く範囲でしか使用は勧めません。

一度、会社のメーラーにOEからthnderbirdに乗り換えて、ちょっと苦労した経験がありますから。いい経験にはなりましたが。
こちらで質問もさせてもらいましたが、同じような返答をいただきました。

でも、ソフトのサポートってこういうものじゃないかと思います。
プロプライエタリであっても、多くのユーザー発生したバグならとにかく、各個人へのサポートなんて、OSの再起動、再インストール、設定変えて・・最後は「仕様です」の殺し文句・・と。プロであっても難しいんですよね。サポートって。

ここのみなさんは、プロのサポートが指示することと、同じことを善意でアドバイスしていただいていると思いますよ。

Mozillaと、Microsoftらのプロプライエタリのソフトとなにが違うか・・と言えば、堅牢さと、それを守るための自由度が違う・・と感じています。
機能面で多少不自由であっても、致命的なエラーがでないようにユーザーの自由度を制限しているのがプロプライエタリのソフトだと思います。シェアを広げる中で、サポートがどれだけ大変でコストアップになるか、解っているんだと思います。

一方、Mozillaをはじめ、フリーはやはり機能面で如何に優れたソフトであろうとみなさんが努力しており、努力できるだけの自由がユーザー側にも認めているんだと思います。
Mozillaにおける「責任」とは、http://www.mozilla.org/about/manifesto に書かれていますが、「優れた機能を有する製品をリリースし続けること」にあるんだろうな・・とユーザーの一人として感じています。
シェア拡大は、その結果でしか過ぎないと思います。ある意味、永遠のベーター版なのかも知れませんね。

もともと狙いが違いますから、その点をよく理解され、ユーザー側が吟味して
使い分けることが大切ではないでしょうか?。

また、こちらでいただくアドバイスは他のソフトと大きく違わないことも、よく理解されたほうがいいかと思います。結局、ソフトのトラブルは、どんなソフトであっても自分が動かないと解決できないと思いますよ。

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50609) このトピック中8番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

Firefox0.9から愛用して5年ほどになります。
当時はIEが主流でFirefoxではまともに閲覧できないサイトがたくさんありました。

ユーザーによる拡張性の豊かさに惚れて今でもFirefoxが大好きでネットをする目的が何なのか、たまにわからなくなるときがあり、Firefoxがあるからネットしていると言ってしまっても過言ではありません。

過去5年間で作ったプロファイルは300個ほどになります。

スクリプト主体のもの、マクロ機能重視したもの、外観にこだわったもの、アドオンを試験的に導入するだけのもの、性格はさまざまで何度もプロファイルを改変して壊れて潰れたものもあります。

今でも常時はプロファイルはふたつ使って用途で使い分けています。

アドオンやuserchrome.jsやgreasemonkeyなど、エンドユーザーのリードによるものが大きいです。

Mozillaに関わらずマイクロソフトなど公式サポートのあるソフトが安心とおっしゃるならフリーソフトは使わない方がいいと思います。

有料サポートができればあなたが納得できる回答が得られかもしれません。考え方次第かと思うのですけれど。

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50611) このトピック中9番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

「責任」……難しい問題だと思うのですが、

私個人としてはMozilla側からの答えは既にエンドユーザーライセンスに書かれている通りだと思っています。
参考:Firefox2.0系のエンドユーザーライセンス日本語訳
 http://www.mozilla.com/en-US/legal/eula/firefox2-ja.html

そして、辛いことですが、Mozilla側がこのような態度であったとしても
私たちはライセンス事項を受け入れ使用している以上
ユーザーとしては文句が言えない立場でもあるわけです。
最初に選択の権利は我々にあったのですから。

Re: Mozillaにおける「責任」について
(#50615) このトピック中10番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

>他の選択肢はないので仕方なく使う

誰もあなたにFirefoxを使ってくださいとは言ってませんし、強制もしてないはずです。他のブラウザを使う選択肢もあります。

>他の選択肢はないので仕方なく使う」人も増えます。現時点でそうなっていますよね。

いえいえ、他にもユーザーが選択可能なブラウザは山ほどあります。
Opera, Google Chrome, Sleipnir, Lunascape, Safari, IE, 他多数のブラウザ。

>好事家だけのものでなくなった

基本的にはFirefoxはあくまでも「好事家」のものですよ。強制的に利用を強いられるブラウザではありません。

>「白物家電」なみの扱いやすさが要求されるということです

比較対象が意味不明です。「白物家電」は消費者がお金を払って購入した製品ですよね?対してFirefoxは無料で提供されているブラウザです。
メーカーがお金を払って購入してくれた消費者に対して製品のサポートをするのとは訳が違うのぐらいはお分かりになられてもいいのではないですか??
失礼ながら、勘違いも甚だしいです。

Firefoxをありがたく利用させていただいているいちユーザーとしては
とても不快きわまりないスレに感じてしまいます。

同じFirefoxユーザーとして恥ずかしいです。

失礼します。


[ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1] [2]

返信不可


- Child Tree -