過去ログ表示


過去ログ 330 を表示

トピック内全 4 記事中の 1 〜 4 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Thunderbird3のフォルダへのアクセス
(#50794) このトピック中1番目の投稿
(環境: Win 7/Firefox3.5/Thunderbird3.0)

初めて、こちらで質問いたします。ThunderBird2から使っているおり、フォルダを受信者別に分けて使っております。で、昨年バージョン3が出たので、3にバージョンUPしましたら、フォルダの開きが、すごく遅くなり多少ストレスを感じております。バージョン2のときのようなサクサクと開くような対処方法はありますでしょうか?ちなみに、あるフォルダには、何万通のメールがあるのですが、そのようなフォルダでも、2のときは、サクっと開くことができておりました。

もし、わかる方が居られましたら、教えてもらえますか?よろしくお願いします。

Re: Thunderbird3のフォルダへのアクセス
(#50799) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> 初めて、こちらで質問いたします。ThunderBird2から使っているおり、フォルダを受信者別に分けて使っております。で、昨年バージョン3が出たので、3にバージョンUPしましたら、フォルダの開きが、すごく遅くなり多少ストレスを感じております。バージョン2のときのようなサクサクと開くような対処方法はありますでしょうか?ちなみに、あるフォルダには、何万通のメールがあるのですが、そのようなフォルダでも、2のときは、サクっと開くことができておりました。

バージョンアップ直後だとすると、索引データベースの構築が悪さをしているかもしれません。
ツール・イベントログの管理に何かでていませんか?
ツール・オプション・詳細・一般・高度な設定、グローバル検索と索引データベースを有効にするのを止める、
全てのIMAPアカウントで、auot-syncを止める(同期とディスク領域で、メッセージの同期をオフにする)、
とどうなりますか?

Tb2までは要約ファイルをクローズしなくて、要約ファイルが壊れたり、クラッシュ後に長時間の要約ファイルの再構築に入る、などの報告が数多く寄せられ、
Tb3ではきちんとクローズするようになった、という影響もあり得ます。

「あるフォルダには何万通のメールがある」場合は、要約ファイル(.msf)も巨大になり、メールフォルダーのオープン・クローズごとに少なくとも.msfファイルの読み込み・書き込みが発生します。
IMAPの場合には、フォルダーのオープンごとに、何万通ものメールの状態をサーバーから取得します。
(未読・既読などが他のユーザーによって変えられたり、他のユーザーによるメールの追加・削除があり得る)
一つのメールボックスにあまりにも多くのメールを溜め込まないようにするのが得策でしょう。
Gmailの[Gmail]/All Mailというフォルダーの場合はそうも行かないですが。

Re: Thunderbird3のフォルダへのアクセス
(#50802) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinNT/IE6)

> バージョンアップ直後だとすると、索引データベースの構築が悪さをしているかもしれません。
> ツール・イベントログの管理に何かでていませんか?
> ツール・オプション・詳細・一般・高度な設定、グローバル検索と索引データベースを有効にするのを止める、
> 全てのIMAPアカウントで、auot-syncを止める(同期とディスク領域で、メッセージの同期をオフにする)、
> とどうなりますか?
>
> Tb2までは要約ファイルをクローズしなくて、要約ファイルが壊れたり、クラッシュ後に長時間の要約ファイルの再構築に入る、などの報告が数多く寄せられ、
> Tb3ではきちんとクローズするようになった、という影響もあり得ます。
>
> 「あるフォルダには何万通のメールがある」場合は、要約ファイル(.msf)も巨大になり、メールフォルダーのオープン・クローズごとに少なくとも.msfファイルの読み込み・書き込みが発生します。
> IMAPの場合には、フォルダーのオープンごとに、何万通ものメールの状態をサーバーから取得します。
> (未読・既読などが他のユーザーによって変えられたり、他のユーザーによるメールの追加・削除があり得る)
> 一つのメールボックスにあまりにも多くのメールを溜め込まないようにするのが得策でしょう。
> Gmailの[Gmail]/All Mailというフォルダーの場合はそうも行かないですが。

WADAさま
ご回答の方、ありがとうございます。
では、現状設定の確認および指摘された部分の設定変更を行って
様子を見て、後日ご報告させてもらいます。
ありがとうございました。

Re: Thunderbird3のフォルダへのアクセス
(#50824) このトピック中4番目の投稿
(環境: Win 7/Firefox3.5/Thunderbird3.0)

> > 初めて、こちらで質問いたします。ThunderBird2から使っているおり、フォルダを受信者別に分けて使っております。で、昨年バージョン3が出たので、3にバージョンUPしましたら、フォルダの開きが、すごく遅くなり多少ストレスを感じております。バージョン2のときのようなサクサクと開くような対処方法はありますでしょうか?ちなみに、あるフォルダには、何万通のメールがあるのですが、そのようなフォルダでも、2のときは、サクっと開くことができておりました。
>
> バージョンアップ直後だとすると、索引データベースの構築が悪さをしているかもしれません。
> ツール・イベントログの管理に何かでていませんか?
> ツール・オプション・詳細・一般・高度な設定、グローバル検索と索引データベースを有効にするのを止める、
> 全てのIMAPアカウントで、auot-syncを止める(同期とディスク領域で、メッセージの同期をオフにする)、
> とどうなりますか?
>
> Tb2までは要約ファイルをクローズしなくて、要約ファイルが壊れたり、クラッシュ後に長時間の要約ファイルの再構築に入る、などの報告が数多く寄せられ、
> Tb3ではきちんとクローズするようになった、という影響もあり得ます。
>
> 「あるフォルダには何万通のメールがある」場合は、要約ファイル(.msf)も巨大になり、メールフォルダーのオープン・クローズごとに少なくとも.msfファイルの読み込み・書き込みが発生します。
> IMAPの場合には、フォルダーのオープンごとに、何万通ものメールの状態をサーバーから取得します。
> (未読・既読などが他のユーザーによって変えられたり、他のユーザーによるメールの追加・削除があり得る)
> 一つのメールボックスにあまりにも多くのメールを溜め込まないようにするのが得策でしょう。
> Gmailの[Gmail]/All Mailというフォルダーの場合はそうも行かないですが。

設定の確認を行ったところ、
管理ログには、何もエラーなどの表示はありませんでした。
何件受信しましたと言うメッセージ以外は、ありませんでした。
グローバル検索と索引データベースを有効にするのを止める設定に切り替えて
みましたが、あまり変化が見えないため、1つのフォルダに何万通もあるところのフォルダの整理を行ったことで、サクッと表示するようになりました。
今回の件については、解決いたしました。ありがとうございました。
済!

このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -