過去ログ表示


過去ログ 334 を表示

トピック内全 7 記事中の 1 〜 7 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Thunderbirdww2.0のスマートフォルダ削除
(#51297) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP2/Firefox3.0/Thunderbird2.0)
TB2.0.0.23 (20090812)の受信トレイでマウスを変に操作してしまい、
砂時計状態でフリーズ(受信容量はあるが、メールが空状態)してしまった為、
やむなくTB3.0をインストールしました。

TB3.0、移行後に再度、2.0を起動したところ無事に復旧致しました。

しかし、フォルダペイン部分にスマートフォルダが出来てしまい、
削除が出来ない状態です。
アカウントはメインの1つしか使用していないため、このゴミが
非常に気になります。
ご教示願います。

【新規できてしまったフォルダ】
・スマートフォルダ(アカウント)
  →未送信(配下)
  →ごみ箱(配下)

Re: Thunderbirdww2.0のスマートフォルダ削除
(#51302) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> 【新規できてしまったフォルダ】
> ・スマートフォルダ(アカウント)
>   →未送信(配下)
>   →ごみ箱(配下)

Tb2のアカウントの設定で、「スマートフォルダ」というアカウントの削除ができないのですか?

mail.server.serverX.hidden=true はTb2ではサポートしていないはずで、フォルダーペインだけでなく、Tb2のアカウントの設定にもちゃんとでてくるはずなんだが...
mail.server.serverX.type=none, mail.server.serverX.userName=nobody で、Local Foldersと同じだから、削除させてくれない?
それとも、ゴミがあったのでTb3によって"Local Folders"用のエントリーが使われて、mail.server.serverX.name=Smart Foldersがセットされている?
未送信フォルダ(Outbox or Unsent Messages)があるから、こっちかな?

> 砂時計状態でフリーズ(受信容量はあるが、メールが空状態)してしまった為、
> やむなくTB3.0をインストールしました

今起こっている問題が旧バージョンのバグによるものであり、新バージョンではバグが確実に直っていて今起こっている問題が解決する、ということが明らかであるような場合を除き、
おかしくなっている時に、どのように仕様が変わったかのか変わらないのか定かでない新バージョンを入れて使ったりすると状況を更に悪化させ、下手すると重要なデータも失う羽目に陥る、と、普通は考えませんか?

Re: Thunderbirdww2.0のスマートフォルダ削除
(#51309) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

> Tb2のアカウントの設定で、「スマートフォルダ」というアカウントの削除ができないのですか?

アカウント追加/削除が出来ない方のアカウントが2個出来ているイメージです。
(自分用のアカウントフォルダとスマートフォルダ)
削除事態がグレイアウトの為、削除できず、エクスプローラ上で見える
ファイルを削除しても次回立ち上げ時に自動作成され、
メーラー上から消える事がありません。

恐らく、TB3の機能がTB2で変に反映されてしまい、ゴミが出ていると思うのですが、
どうしようも無く困っております。

> 今起こっている問題が旧バージョンのバグによるものであり、新バージョンではバグが確実に直っていて今起こっている問題が解決する、ということが明らかであるような場合を除き、
> おかしくなっている時に、どのように仕様が変わったかのか変わらないのか定かでない新バージョンを入れて使ったりすると状況を更に悪化させ、下手すると重要なデータも失う羽目に陥る、と、普通は考えませんか?

こちらは、バックアップは取っており、データ上はファイルが見えており、
ただ、受信トレイ部分にデータはあるものの(ShowFolderSizeで確認)
砂時計で止まってしまっていただけなので、TB3へ移行しまいした。

30分待っても読み込まなく、業務中支障が出る為です・・・。

Re: Thunderbirdww2.0のスマートフォルダ削除
(#51310) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> こちらは、バックアップは取っており、データ上はファイルが見えており、(略)

それなら安心ですね。

> アカウント追加/削除が出来ない方のアカウントが2個出来ているイメージです。
> (自分用のアカウントフォルダとスマートフォルダ)
> 削除事態がグレイアウトの為、削除できず、(略)

定義したアカウントが一つしかないので「自分用のアカウント」はデフォールトアカウントになって、削除できません。
"Local Folders"と同じ属性なので削除させてくれない、か、"Local Folders"用の設定の名前が「スマートフォルダ」に変えられていて"Local Folders"だから削除させない、という感じですね。
「ローカルフォルダ」というアカウントがアカウントの設定にでて来ないのは、同じhostname・userName・typeなのでTb2だと表示されない、ということかな?

prefs.jsの中の、以下のエントリーをチェックしてみてください。
accountmanager.accountsにないaccount.accountNがある、account.accountN.serverからポイントされていないserver.serverXがある、accountmanager.localfoldersserverでポイントしているserver.serverXがない、同じ定義のserver.serverXとserver.serverYがある、など、設定内容がおかしくなっている部分はありますか?

> (accountの定義)
> mail.accountmanager.accounts = account1,account2,account3,account4
> mail.accountmanager.defaultaccount = account1
> mail.account.account1.server = server1 (Local FoldersはidXなし)
> mail.account.account2.identities = id1
> mail.account.account2.server = server2
> mail.account.account3.identities = id2
> mail.account.account3.server = server3
> mail.account.account4.server = server4 (Smart FoldersはidXなし)
> ("Local Folders"として使うもの)
> mail.accountmanager.localfoldersserver = server1
> (server1の定義)
> mail.server.server1.directory-rel = [ProfD]Mail/Local Folders
> mail.server.server1.hostname = Local Folders
> mail.server.server1.type = none
> mail.server.server1.userName = nobody
> (server2の定義)
> mail.server.server2.directory-rel = [ProfD]Mail/pop3.a.a.a
> mail.server.server2.hostname = pop3.a.a.a
> mail.server.server2.name = a@a.a.a
> mail.server.server2.type = pop3
> mail.server.server2.userName = aaa
> (server3の定義)
> mail.server.server3.deferred_to_account = account1 ("Local Folders"のInboxをGlobal Inboxにする)
> mail.server.server3.directory-rel = [ProfD]Mail/pop3.b.b.b
> mail.server.server3.hostname = pop3.b.b.b
> mail.server.server3.name = b@b.b.b
> mail.server.server3.type = pop3
> mail.server.server3.userName = bbb
> (server4の定義)
> mail.server.server4.directory-rel = [ProfD]Mail/smart mailboxes
> mail.server.server4.hidden = true (Smart Folderはアカウント設定に表示しない)
> mail.server.server4.hostname = smart mailboxes
> mail.server.server4.name = スマートフォルダ (or Smart Folders)
> mail.server.server4.type = none
> mail.server.server4.userName = nobody

Re: Thunderbirdww2.0のスマートフォルダ削除
(#51313) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

(追記)

使用したTb3が最新のTb3.0.2の場合は、Bug 548735 のために「ローカルフォルダ」が見えなくなっているのかもしれません。
> https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=548735
> Bug 548735 Local Folders "account" has disappeared from the left hand pane

mail.accountmanager.localfoldersserver = serverX
mail.account.accountN.server = serverX
mail.server.serverX.hostname = Local Folders
は、ちゃんとあるけれど、
mail.accountmanager.accountsからaccountNが消されてしまい、Local Foldersが表示されない、という問題です。
この問題だけなら、Local FoldersのaccountNを復活させ、Smart Folders用のaccountP/serverQを手動で消せば、元に戻せるでしょう。

Re: Thunderbirdww2.0のスマートフォルダ削除
(#51354) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Firefox3.5)

> mail.accountmanager.localfoldersserver = serverX
> mail.account.accountN.server = serverX
> mail.server.serverX.hostname = Local Folders
> は、ちゃんとあるけれど、
> mail.accountmanager.accountsからaccountNが消されてしまい、Local Foldersが表示されない、という問題です。
> この問題だけなら、Local FoldersのaccountNを復活させ、Smart Folders用のaccountP/serverQを手動で消せば、元に戻せるでしょう。

確認させて頂きましたところ、server4が消えている事が判明致しました。
server4の定義全てが消えておりました。

> mail.accountmanager.accountsからaccountNが消されてしまい、Local Foldersが表示されない、という問題です。
> この問題だけなら、Local FoldersのaccountNを復活させ、Smart Folders用のaccountP/serverQを手動で消せば、元に戻せるでしょう。

上記記載頂いた内容を実施すれば、スマートフォルダが消えそうなのですが、
ちょっと高度過ぎてですね…。
「Smart Folders用のaccountP/serverQを手動で消せば」をもう少し細かく
ご教示頂け無いでしょうか。
お手数をお掛け致します。

mail.accountmanager.localfoldersserver は server1 となっております。

Re: Thunderbirdww2.0のスマートフォルダ削除
(#51365) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> 確認させて頂きましたところ、server4が消えている事が判明致しました。
> server4の定義全てが消えておりました。

「server4の定義全てが消えている」とは、元がどのようになっていて、現在どのようになっている、ということを指すのですか?
mail.server.server4.xxxが無いという状態は、server4を使っていたアカウントが削除された場合には、至極当然の状態です。
消されれば、再使用されない限り、4番が歯抜けになっていて当然。

> 「Smart Folders用のaccountP/serverQを手動で消せば」をもう少し細かく

Smart Folders用のmail.server.serverQ.xxx、serverQをポイントしているmail.account.accountP.server=serverQを持つmail.account.accountP.xxx、を、prefs.jsから削除する、または設定エディターで削除する。

> mail.accountmanager.localfoldersserver は server1 となっております。

で、mail.accountmanager.localfoldersserver=server1でポイントしているはずのmail.server.server1.xxxは存在するのですか? しないのですか?
存在する場合、それは"Local Folders"用のものですか?

server1をmail.account.accountN.server=server1でポイントするaccountNが、存在しているのですか? いないのですか?
存在する場合、accountNは、mail.accountmanager.accountsにリストされているのですか?いないのですか?
存在する場合、mail.account.accountN.identitiesは存在しますか? しませんか?
(すでに指摘済みのBug 548735に目を通しましたか?)


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -