過去ログ表示


過去ログ 340 を表示

トピック内全 6 記事中の 1 〜 6 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Thunderbird ゴミ箱から消えてしまったメールの復活
(#52109) このトピック中1番目の投稿
(環境: Mac/Other)

Mac(OS 10.6.3)のThunderbird(バージョンは3.0.4)について質問です。
以前、気がついたらゴミ箱の中の2008年より前のメール(受信分)がすべて消えていました。
最適化などをした覚えはないのですが、なぜか消えてしまっていて(送信分は残っています)
いろいろメールの復活方法を調べたのですが、
Thunderbirdフォルダの中のInbox(拡張子なしの)というファイルをエディタで開いたら、
どうやらそこに消えてしまった2008年より前のメールデータが残っているようでした。
でもその後の作業方法がわからず、何か間違った作業をしてしまうのも恐いので
こちらに投稿しました。
Inboxの中のデータをThunderbirdのゴミ箱フォルダ、あるいは受信フォルダに戻す(再表示させる)にはどうすればいいのでしょうか。
おわかりになりましたらどなたかご教授ください。よろしくお願いいたします。 Embarassed

(環境: WinXP SP3/Other)

> Mac(OS 10.6.3)のThunderbird(バージョンは3.0.4)について質問です。
> 以前、気がついたらゴミ箱の中の2008年より前のメール(受信分)がすべて消えていました。
> 最適化などをした覚えはないのですが、なぜか消えてしまっていて(送信分は残っています)

最適化は、生きているメールを削除する・削除しないとは一切関係ありません。
最適化はCompactの現在の訳で、ローカルのメールフォルダーの場合、削除したメール(削除済みのフラッグがオン)のメールデータをメールデータを保持しているファイルから消去するものです。

> いろいろメールの復活方法を調べたのですが、
> Thunderbirdフォルダの中のInbox(拡張子なしの)というファイルをエディタで開いたら、
> どうやらそこに消えてしまった2008年より前のメールデータが残っているようでした。

まずは、なにはともあれ、「最適化」だけは絶対に行わず、メールディレクトリー(あるいはプロファイルディレクトリー全体)のバックアップを採り、
以下のスレッドの中でリンクされたこのフォーラムのスレッドと、リンクされた、tamcatさんの次のWebページを読んでください。
> http://forum.mozilla.gr.jp/cbbs.cgi?mode=al2&namber=39623&KLOG=251
以下のページがリンクされています。
> http://blog.so-net.ne.jp/tamcat/2007-01-04
フラッグの詳細については、デベロッパーがソースで定義されているフラッグをHTMLの表にしてくれた以下の文書のほうが、ソースよりも見やすいでしょう。
> http://www.eyrich-net.org/mozilla/X-Mozilla-Status.html?en

(環境: Mac/Other)

WADA様、ありがとうございました。
リンク先のスレッド、ブログなどを拝見したのですが、私には難しくてよくわかりませんでした、、、(泣)。
具体的な作業として、Inboxファイルの「X-Mozilla-Status: 0009」となっているステータスを「X-Mozilla-Status: 0001」に書き換えればいいのでしょうか?
すみません、よくわからず的外れであればご指摘ください、、、。 Embarassed

(環境: WinXP SP3/Other)

> リンク先のスレッド、ブログなどを拝見したのですが、私には難しくてよくわかりませんでした、、、(泣)。
> 具体的な作業として、Inboxファイルの「X-Mozilla-Status: 0009」となっているステータスを「X-Mozilla-Status: 0001」に書き換えればいいのでしょうか?
> すみません、よくわからず的外れであればご指摘ください、、、。 :oops:

0009というのは、2バイトのバイナリーデータの16進数表示です(10-15はA-F)。
削除済みのビット(MSG_FLAG_EXPUNGED)は0x0008の位置なので、最後の9の部分をビットに分解し(二進数表示に変える)、
1 0 0 1
0x8のビットに対応する先頭の1を0に変えて、削除済みのフラグをリセット、
0 0 0 1 (同時に未読に戻したければ、0 0 0 0 に変える)
16進数表示に戻して、
1
9の前の部分の000と、変更後の1をあわせて
0001
ということになります。

「X-Mozilla-Status: 0009」を「X-Mozilla-Status: 0001」に書き換える、というのは、的はずれどころか、大正解です。
他の3ビットがどうなっているかや、9の前の000の部分がどうなっているかは、メールの状態によります。
9にあたる部分の8通り全部を提示してこれだったらこれに変えるということもできますけど、他の人にそれを期待しないでくださいね。

(環境: WinXP SP3/Other)

でも、手間がかかるわけじゃないし、意地悪しないで書いておいてあげよう...
8 -> 1 0 0 0 -> 0 0 0 0 -> 0
9 -> 1 0 0 1 -> 0 0 0 1 -> 1
a -> 1 0 1 0 -> 0 0 1 0 -> 2
b -> 1 0 1 1 -> 0 0 1 1 -> 3
c -> 1 1 0 0 -> 0 1 0 0 -> 4
d -> 1 1 0 1 -> 0 1 0 1 -> 5
e -> 1 1 1 0 -> 0 1 1 0 -> 6
f -> 1 1 1 1 -> 0 1 1 1 -> 7
10進数にすると、8=8,9=9,a=10,...,f=15で、単に、一番右の16進の数字を、8を引いたものに置き換えているだけ。

(環境: Mac/Other)

進数などについてはよくわからないのですが、とにかくとても参考になりました。ありがとうございました!!
済!

このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -