過去ログ表示


過去ログ 346 を表示

トピック内全 4 記事中の 1 〜 4 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

データ移行について
(#52822) このトピック中1番目の投稿
(環境: Win 7/Firefox3.5)

現在、バージョン 2.0.0.24を使っていて、PC購入と共に3.1.1へ移行しようと思ったのですが、旧VerのProfiles以下をコピーして、新VerのProfilesに上書きコピーし起動しても、初期設定画面が表示されてしますのですが・・・どなたか解決方法を教えていただけないでしょうか?

Re: データ移行について
(#52823) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> 現在、バージョン 2.0.0.24を使っていて、PC購入と共に3.1.1へ移行しようと思ったのですが、旧VerのProfiles以下をコピーして、新VerのProfilesに上書きコピーし起動しても、初期設定画面が表示されてしますのですが・・・どなたか解決方法を教えていただけないでしょうか?

具体的に何をどうやったのか不明で、どこがどうおかしいのか不明なのに、解決方法を、と言われても...(^^;

プロファイルディレクトリーの中身のアクセスは、ごく一部を除き相対的なアクセスになっているので、プロファイルディレクトリーはどこにあっても構いません。
新しいWin7のPC上に、以前のPCで使っていたTbのプロファイルディレクトリーのバックアップがある場合は、
(1) そのバックアップを適当なディレクトリーにコピー。
当然、現在のTb 3.1.1が自動的に使っているプロファイルディレクトリーの横でもかまわない。
(2) thunderbird.exe -p で起動し、新規にプロファイルを作成し(prof-1とする)、
その際、その「適当なディレクトリー」(prefs.jsが入っているディレクトリー)を指定する、
という方法が、一番シンプルでしょう。
アドオンなどが一部動かなくなったら、最新版を再導入。
そのあと、
(3) thunderbird.exe -pで起動し、標準の場所のままにして、もう一つプロファイルを作る(prof-2とする)。
(最低、3つのプロファイルが存在する状態になる)
(4) %appdata%\Thunderbird\profiles.iniの中身をテキストエディターで覗く。
Tbがどのような感じでプロファイルディレクトリーにたどりつくか、見えると思います。
(5) 移行がうまくいったら、不要なプロファイルを削除。

なお、バックアップそのものを使うと、なにかあった時に回復不可能になりますから、必ずバックアップからコピーし、それを使うようにしてください。

Re: データ移行について
(#52824) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinVista/Other)

もう一つの方法と云うかアプローチとして・・・
現在(旧端末のprofile)のprofile内のデータは使わない。
新しい端末で最新版のThunderbirdをインストールして、新しくprofilew作成して此のprofileでThunderbirdを使う。
旧profileで過去に受信や送信したメールデータは「過去のモノ」として保存と云う事で他のディレクトリに保存して置く。
現在のprofileで過去に使ってたアドオンやテーマは、バージョンが合う限り順次入れて設定。
拡張機能を全部入れたら、コレを新しい端末のprofileとして通常使用する。
こう云った極端な方法も場合に拠っては必要に成る事も覚えて置いても良いかも知れません。
極端と云うよりは「潔さ」と云うか「諦め」と云うか・・・

私の場合はメジャーアップデート時には新しいprofileで「まっさら」な状態で使う事が多いのでコレで行ってますが。
HDDの物理的な破損等不測の事態を想定して、こんな方法も在ると記憶の隅にでも留めて下さい。

Re: データ移行について
(#52839) このトピック中4番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

c:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\thunderbirdの「Profilesフォルダとprofiles.ini」を上書きしたら反映することができました。
原因としては、バックアップファイルのコピー先を「Roaming」配下のthunderbirdフォルダにするべきものを「Local」配下のthunderbirdフォルダにしていたのが原因でした。ご回答ありがとうございました。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -