過去ログ表示


過去ログ 346 を表示

トピック内全 5 記事中の 1 〜 5 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

(環境: WinXP SP3/IE7/Thunderbird3.0)

新規でメール作成をすると、宛先のところに人みたいなマークが出ますよね。
これをクリックするとアドレス帳が開いて宛先が選べると思っていたんですが、何も起こりません。
文字を入力すると候補の宛先が出てくるようですが、あまり便利とは言えません。
別途アドレス帳を開いて、宛先にドラッグ&ドロップすると宛先欄に宛先が入りますが、わざわざ別途アドレス帳を開いてドラッグ&ドロップでは面倒ではないですか?
他に何か良い方法はありますでしょうか?

それと、アドレス帳のグループ分けについてですが、新規にアドレス帳を任意の名前で作成して個人アドレス帳からドラッグ&ドロップで新しく作成したアドレス帳に移動することが出来ます。
またリストという機能もあって、これはアドレス帳の下位フォルダを作ってグループ分けをするみたいですね。

グループ分けをするにあたって新規にアドレス帳をいくつも作って分けるのと、リスト機能を使ってグループ分けする、この2つの方法の意図がわかりません。
アドレス帳を複数作成してグループ分けするのとリストを使ってグループ分けするのとでは何が違うのでしょうか?

皆さんはどのようにグループ分けしていますか?
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.5; (R1 1.6); .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 2.0.50727)

(環境: WinXP SP3/Other)

> 新規でメール作成をすると、宛先のところに人みたいなマークが出ますよね。
> これをクリックするとアドレス帳が開いて宛先が選べると思っていたんですが、何も起こりません。

ダブルクリックしてください。

(環境: WinXP SP3/IE7/Thunderbird3.0)

> ダブルクリックしてください。

ダブルクリックしても、連打しても何も起こりません。
谷さんはダブルクリックでアドレス帳が立ち上がりますか?

(環境: WinXP SP3/Other)

> 新規でメール作成をすると、宛先のところに人みたいなマークが出ますよね。
> これをクリックするとアドレス帳が開いて宛先が選べると思っていたんですが、何も起こりません。

私が使っていたNetscape/Mozilla、今使っているSeaMonkey/Thunderbirdでも、何も起こりません。
標準では、『宛先欄の「人みたいなマーク」のクリック/ダブルクリック』などには、アクションが何も割り当てられていない、ということでは?
まぁ、ある操作に対するアクションについてどう期待しようと、その人の勝手...
アドオンがあるかもしれないですけど。

> 文字を入力すると候補の宛先が出てくるようですが、あまり便利とは言えません。
> 別途アドレス帳を開いて、宛先にドラッグ&ドロップすると宛先欄に宛先が入りますが、わざわざ別途アドレス帳を開いてドラッグ&ドロップでは面倒ではないですか?

View/Contact Sidebar、が標準で用意されていますけど...
「アドレス帳の簡易クイックサーチ・簡易フィルター」という感じの「Contact Sidebar」がメール作成画面の左側に表示され、コンテキストメニューに「To:に追加」などがでてきます。

> またリストという機能もあって、これはアドレス帳の下位フォルダを作ってグループ分けをするみたいですね。

「グループアドレス(A Group:a a <a@a>,b b <b@b>,c c <c@c>;)」と混同している?
「リスト」という名前が示すように、「グループ分け」でも「グループアドレス」でもなく、
単に、abcという「リスト」に、アドレス帳の中のa a<a@a>,b b<b@b>,c c<c@c>などのエントリーへのポインターを登録しておき、
宛先欄にabcと書くと(たとえばTo: abc)、送信時にそれをTo: a a<a@a>,b b<b@b>,c c<c@c>に展開する、というだけです。
「ドラフトに保存」あるいは「後で送信」の後、メールソースを見ると、そのあたりが目で確認できます。

厳密な「グループ分け」は、
(1) 各アドレス帳 = グループ名 (会社・組織など、固定したもの)
(2) あるメールアドレスが複数のアドレス帳にまたがって存在しないように、手動でアドレス帳の維持管理を行う、
(3) 必要ならば、「サブグループ」というような形で管理できるように「リスト」を作成しておく、
例えば、ある組織内の各プロジェクトごとのメンバーを「リスト」に登録、
というような形で行うことになるでしょう。

なお、「グループアドレス」に関しては、アドレス帳だけでなく、宛先欄への記述や、受信したメールに対するReply/Reply Allなども含め、まだきちんとサポートされていなかったように記憶しています(つまり、バグで問題が起こり得る)。
To:に何も指定しなかった時に、To: No-Receipients:; というような「グループアドレス」の形式のヘッダーを、Tb自身が送るんですけどね。

(環境: WinXP SP3/Netscape4)

なるほど、基本的にはアドレス帳を複数作成してグループ分けするんですね。
リストは、、、使う機会あまりなさそうですね。
ありがとうございました。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -