過去ログ表示


過去ログ 351 を表示

トピック内全 11 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

添付ファイルが開けられない
(#53469) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinVista/IE7/Thunderbird3.0)

 最近になってPDFの添付ファイルが開けられなくなりました。添付ファイルを開けようとアイコンをクリックすると「この文書を開くときにエラーが発生しました。このファイルが見つかりません。」の表示が出ます。ワードも開けられませんでした。

 不具合診断チャートに従って「プロファイルの新規作成」や「クリーンインストール」をするとワードは開けられるようになりましたが、PDFは依然として同じ表示が出て開けられません。「名前をつけて保存」としてパソコン内に保存しても、そのフォルダを開ければそのファイルが保存されていません。

 自分宛てに添付ファイルつきのメールを送っても、外部のパソコンから添付ファイルつきのメールを送っても症状は同様です。同じパソコン内のoutlookに添付ファイルつきのメールを送信すると問題なく開けられます。どのようにすれば問題解決するでしょうか。ご教示お願いします。

Re: 添付ファイルが開けられない
(#53470) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

>  最近になってPDFの添付ファイルが開けられなくなりました。添付ファイルを開けようとアイコンをクリックすると「この文書を開くときにエラーが発生しました。このファイルが見つかりません。」の表示が出ます。ワードも開けられませんでした。
>
>  不具合診断チャートに従って「プロファイルの新規作成」や「クリーンインストール」をするとワードは開けられるようになりましたが、PDFは依然として同じ表示が出て開けられません。「名前をつけて保存」としてパソコン内に保存しても、そのフォルダを開ければそのファイルが保存されていません。
>
>  自分宛てに添付ファイルつきのメールを送っても、外部のパソコンから添付ファイルつきのメールを送っても症状は同様です。同じパソコン内のoutlookに添付ファイルつきのメールを送信すると問題なく開けられます。どのようにすれば問題解決するでしょうか。ご教示お願いします。

そのような症状を引き起こす原因や状況は一杯ありすぎて、提示された情報だけでは特定できません。
(A) MS ExchangeのIMAPでのアクセスで(あるいは他のUnix上のサーバーでも)、正しくないメールデータのサイズ(実際のデータのサイズより小さなRFC822.SIZE)を返すので添付ファイルのデータの後ろの部分をTbが無視することになり、そうなるとAdobe ReaderやMS Wordはファイルの最後の重要なデータが無いので開いてくれない、
(B) TbやAdobe ReaderやMS WordにとってよろしくないContent-Type:ヘッダーやファイル名の拡張子で送ってくるのでAdobe ReaderやMS WordががPDF/DOCファイルとして表示してくれない、
(C) おかしなmime-typeのContent-Type:ヘッダーとその時に指定されていたファイル名の拡張子の組み合わせの添付ファイルがあった時に、それを開くためのダイアログで「常にそのアプリケーションで開く」をセットしたがために、おかしなmime-typeと拡張子の関連付けが定義されてしまい、その結果グジャグジャな状況になる、
などが知られています。

少し技術的になるけれどPOP3かIMAPかとか、IMAPならばどういったサーバーかとか、メールのソース(受信メールとTbで自分宛に送ったメールの両方)におけるその添付ファイルデータのContent-Type:ヘッダーのデータとか、ファイルを保存した時の拡張子とか、無理やりnotepad.exeで表示させた時にどのような名前のファイルを見ているかとか、ツール/添付ファイルで表示される内容とか、
具体的にどのような操作を行ったときに、具体的にどの様なファイル名などについてどのようなメッセージが表示されるか、あるいは、自分で問題が起こった時・起こっている時に調べた情報、などについて、実際の具体的なデータを提示できますか?

また、「最近になって」に関してですが、「最近」の前に行ったことで何か節あたることとか、最初のTb使用で最初から起こっている問題だとか、あるいは、ある時から起こり始めた問題でそれがTbのバージョンアップの後で起こり始めたとか、Tbのバージョンが関係するのかしないかあたりの判断材料になるもの、のようなデータは提示できますか?

Re: 添付ファイルが開けられない(補足)
(#53475) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

補足です。

PDF(だけ)で新規プロファイルであっても起こる「このファイルが見つかりません。」がTbがだしたメッセージであり、全てのPDFの添付で起こるのではなくて特定のメールのPDFの添付で起こる場合は、Thunderbird 3.0ということを考えると、添付のファイル名に空白がある時のバグ(Tb 3.1では直っているはず)も考えられます。
この場合、「最近起こるようになった」は、たまたまファイル名に空白のあるファイルを送ってくるようになっただけ、ということになるでしょう。
しかし、このケースだとすると、ワード文書の場合の、新規プロファイルなら起こらないことの説明がつきません。

複数の異なる問題が起こっているように聞こえます。
最低限、ある特定のメールのケースにつき、添付のContent-Type:ヘッダーの内容(およびContent-Disposition:ヘッダーのfilenameパラメーター)が提示されないと、問題を推測するための手がかりが全くなくてどのようなことを追加で調べれば問題の特定につながるかのアドバイスなども不可能同然、ということになります。
なにはともあれ、どのようなメールヘッダーの添付で問題が起こっているのかを、メールのソースを表示してチェックしましょう。
(表示/メッセージのソース。Ctrl+U)
そして、それを正確に他の方に提示しましょう。

Re: 添付ファイルが開けられない
(#53481) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinVista/IE7/Thunderbird3.0)

> 少し技術的になるけれどPOP3かIMAPかとか、IMAPならばどういったサーバーかとか、メールのソース(受信メールとTbで自分宛に送ったメールの両方)におけるその添付ファイルデータのContent-Type:ヘッダーのデータとか、ファイルを保存した時の拡張子とか、無理やりnotepad.exeで表示させた時にどのような名前のファイルを見ているかとか、ツール/添付ファイルで表示される内容とか、
> 具体的にどのような操作を行ったときに、具体的にどの様なファイル名などについてどのようなメッセージが表示されるか、あるいは、自分で問題が起こった時・起こっている時に調べた情報、などについて、実際の具体的なデータを提示できますか?
>
> また、「最近になって」に関してですが、「最近」の前に行ったことで何か節あたることとか、最初のTb使用で最初から起こっている問題だとか、あるいは、ある時から起こり始めた問題でそれがTbのバージョンアップの後で起こり始めたとか、Tbのバージョンが関係するのかしないかあたりの判断材料になるもの、のようなデータは提示できますか?

ご親切に返信ありがとうございます。
実は不具合を起こしたTbは職場のもので、すぐに調べることができません。すみません。職場ではフィルターがかかっていてこのフォーラムが見られないため自宅でこのページを見ています。月曜にご指摘いただいた情報を調べてみます。

それから職場のTbは3.1.5のバージョンでした。不具合に気づいたのは10月中旬で現在はTb3.1.6ですが、それでも問題は同様です。以前に送られてきた添付ファイルを確認のために再度開けましたが、以前は開けられていたのに、10月中旬以降は開けられません。うろ覚えですが、10月中旬頃は同じファイルがあるときは開き、ある時は開かないといった状況だったと思います。とにかく詳細はまた調べてから書き込みします。

Re: 添付ファイルが開けられない
(#53493) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinVista/IE7)

本日、職場のTb3.1.6を確認しました。

・初めて症状に気づいたのは10/20に外部から職場にWordとPDFの添付ファイル付きで送られたメール(そのときはTb3.1.5。現在のTb3.1.6でも同様。バージョンは無関係と思います)。添付ファイル名は普通の日本語。添付ファイル名に空白なし。拡張子は「添付ファイル名.pdf」「添付ファイル名.doc」。Wordの方は開いたり開かなかったりだった。

・自宅も職場もともに今はTb3.1.6で、自宅から自宅と職場両方に10/20に問題のあった添付ファイルのWordとPDFの両方を添付して同報でメールを送ってみました(添付ファイル名に空白はありません)。次に職場から自宅と職場両方に同じWordとPDFの両方を添付して同報でメールを送ってみました(添付ファイル名に空白はありません)。

・自宅のTb3.1.6では自宅から送ったものも職場から送ったものもともにWordもPDFも問題なく開けられました。

・職場のTb3.1.6の方は自宅から送ったメールの1回目はWordは開き、PDFは「この文書を開くときにエラーが発生しました。このファイルが見つかりません。」の表示が出て開きませんでした。

・次に以前に開いたり開かなかったりしたWordのファイル(10/20に外部から送られてきたメール)を添付して職場から自宅と職場とに送り、職場で添付を開こうとするとPDFだけでなく今度はWordも「ファイルが見つかりません。C\Users\フォルダ名\Appdata\...\Temp\ファイル名」の表示が出て開きませんでした(上述のように同じメールを自宅の同報メールで開くと開けられました)。一回目には開いたWordのファイルを再度開こうとしましたが、これも先ほどと同じ表示が出て開かなくなりました。

・サーバーはPOP3です。

・メールのソース(受信メールとTbで自分宛に送ったメールの両方)
10/20に受信したメール
MIME-Version: 1.0
Date: Wed, 20 Oct 2010 16:43:09 +0900
Subject: Re: =?ISO-2022-JP?B?GyRCMko4JkhxPz1AQT1xTmAkSyREJCQkRhsoQg==?=
From: 相手のメールアドレス
To: =?ISO-2022-JP?B?GyRCRiM1bzNZP00bKEI=?= <自分の職場のメールアドレス>
Message-ID: <JF201010201643095.24860531@相手方.jp>
Content-Type: multipart/mixed; boundary="===BB24860531AA37945796987435253503==="
In-Reply-To: <4CBE9B73.7060300@自分の職場.jp>
References: <JG2010102014381913.17371234@相手方.jp>
<4CBE9B73.7060300@自分の職場.jp>
X-Mailer: JsvMail 7.0 (Shuriken 2007)
X-Priority: 3
X-UIDL: O4!"!a^D"!m&L"!J)9!!
X-EsetId: E769812982547269F86F8172890436

This is a multi-part message in MIME format.
--===BB24860531AA37945796987435253503===
Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP
Content-Transfer-Encoding: 7bit

本文

--===BB24860531AA37945796987435253503===
Content-Type: application/pdf; name="=?ISO-2022-JP?B?GyRCMntGQUYyJE5BbTlnGyhC?=
=?ISO-2022-JP?B?GyRCRSo4JjVmGyhCMTAyMC5wZGY=?="
Content-Transfer-Encoding: Base64
Content-Disposition: attachment; filename="=?ISO-2022-JP?B?GyRCMntGQUYyGyhC?=
=?ISO-2022-JP?B?GyRCJE5BbTlnRSo4JjVmGyhCMTAyMC5wZGY=?="

自分宛に送ったメール
Date: Sun, 07 Nov 2010 17:07:54 +0900
From: =?UTF-8?B?6Jek5bGF5bKz5Lq6?= <自分の職場のメールアドレス>
User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.12) Gecko/20101027 Thunderbird/3.1.6
MIME-Version: 1.0
To: =?UTF-8?B?6Jek5bGF5a62?= <自分の自宅のメールアドレス>, =?UTF-8?B?6Jek5bGF?=
=?UTF-8?B?5bKz5Lq6?= <自分の職場のメールアドレス>
Subject: Fwd: Re: =?UTF-8?B?56eR56CU6LK755Sz6KuL5pu46aGe44Gr44Gk44GE44Gm?=
Content-Type: multipart/mixed;
boundary="------------060305040808030604050106"
X-UIDL: 3UQ"![g#!!NOB"!O#o!!
X-EsetId: E769812982547269F86F817288043E

This is a multi-part message in MIME format.
--------------060305040808030604050106
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8; format=flowed
Content-Transfer-Encoding: 8bit

本文

--------------060305040808030604050106
Content-Type: application/pdf;
name="=?UTF-8?B?5oeQ5b6z5aCC44Gu57eP5ZCI55qE56CU56m2MTAyMC5wZGY=?="
Content-Transfer-Encoding: base64
Content-Disposition: attachment;
filename*0*=UTF-8''%E6%87%90%E5%BE%B3%E5%A0%82%E3%81%AE%E7%B7%8F%E5%90%88;
filename*1*=%E7%9A%84%E7%A0%94%E7%A9%B6%31%30%32%30%2E%70%64%66

Re: 添付ファイルが開けられない
(#53496) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

要するに職場の PC 内の Thunderbird で受信した添付ファイル付きのメッセージの
中で Word や PDF のファイルで起きている問題ですね。

また添付ファイルのヘッダを拝見したところ、特に問題ないようです。
#最初から提示しておけば話が早いです。


次に具体的な操作手順についてです。
#なぜこんなことを尋ねるかというと添付ファイルの動作設定がどうなっている
#のかを確認して提示してほしいからです。

【添付ファイルを開く操作】
んでその添付ファイルはダブルクリックして開くようにしているのですか?
それとも右クリックしてメニューから「開く」を選択・指定して実行しているの
ですか?
「開く」とした際にはダイアログが表示された場合「プログラムで開く」欄の既
定のアプリケーションは何になっていますか?

【添付ファイルを保存する操作】
右クリックしてメニューから「名前を付けて保存」を選択して実行ですか?


次に推測です。

添付ファイルが正常に開くことができない場合に考えられる問題は以下です。
1.「添付ファイルの動作設定」が誤って登録されている。
2.上記の情報を保管している mimeTypes.rdf が壊れている。
3.その他(セキュリティ対策ソフトなどが動作障害を引き起こしているなど)

上記の対処は、
1.オプションから「添付ファイルの動作設定」を確認して修正または削除する。
2.mimeTypes.rdf を一旦削除して Thunderbird の起動時に初期化する。
3.その他(各種環境設定を見直す)
です。

尚、PDF ファイルに関しては「開く」場合に複数の PDF 関連のアプリケーション
やバージョンの異なる PDF 関連のアプリケーションがインストールされていると
衝突を起こしている可能性があります。
そのあたりも確認してみてください。

また「保存」の場合はセキュリティ対策ソフト類が保存の書き込み処理の際に横
取りしていたり、許可していないなどの障害を引き起こすことがあります。
一時ファイル(テンポラリ)処理に対する権限の有無も関係しているかも知れま
せん。
念のためそのあたりもよく確認してみるといいでしょう。


最後になりますが手っ取り早いのは新規プロファイルで試して確認してみること
です。
これでも問題が再現する場合は Thunderbird 以外が問題を引き起こしている可能性
が高いと見ていいでしょう。(問題の在りかの切り分けになります。)
問題が Thunderbird で起きている現象だから Thunderbird だけにあると思い込まない
のも大切です。
 

Re: 添付ファイルが開けられない
(#53502) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> 10/20に受信したメール
> X-Mailer: JsvMail 7.0 (Shuriken 2007)
>(snip)
> Content-Type: application/pdf; name="=?ISO-2022-JP?B?GyRCMntGQUYyJE5BbTlnGyhC?=
> =?ISO-2022-JP?B?GyRCRSo4JjVmGyhCMTAyMC5wZGY=?="
> Content-Disposition: attachment; filename="=?ISO-2022-JP?B?GyRCMntGQUYyGyhC?=
> =?ISO-2022-JP?B?GyRCJE5BbTlnRSo4JjVmGyhCMTAyMC5wZGY=?="

> 自分宛に送ったメール
> User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.12) Gecko/20101027 Thunderbird/3.1.6
>(snip)
> Content-Type: application/pdf;
> name="=?UTF-8?B?5oeQ5b6z5aCC44Gu57eP5ZCI55qE56CU56m2MTAyMC5wZGY=?="
> filename*0*=UTF-8''%E6%87%90%E5%BE%B3%E5%A0%82%E3%81%AE%E7%B7%8F%E5%90%88;
> filename*1*=%E7%9A%84%E7%A0%94%E7%A9%B6%31%30%32%30%2E%70%64%66

どちらも、nameパラメーターの値全体をデコードすれば、「懐徳堂の総合的研究1020.pdf」になるし、Tbが実際に使う方のはずのContent-Diposition:のfilenameも、エンコード方式が異なるというだけで正しいデータのはずですし、ちゃんとContent-Type:application/pdfで送られてきていますし、このメールヘッダーの時のTb 3.1の問題(バグ)のように思えます。
でも、もしそうだとすると、自宅では問題が起こらないのにも関わらず会社では問題が起こることの説明がつきません。
会社のTbでだけ、よろしくないmimeTypes.rdf内のapplication/pdfとファイルの拡張子の関連付け(ツール/オプション/添付のエントリー)ができていたため、と仮定すると、簡単には発生している現象の説明がつきません。
ただし、Shurikenによって送られた「10/20に受信したメール」に関しては会社でしかチェックしていない場合には、filenameパラメーターが以前の方式でエンコードされ、拡張子部分の".PDF"がASCIIのままではなくてファイル名全体がエンコードされ、そしてそれが複数の=?ISO-2022-JP?B?...?="に分割された場合の問題(バグ)も考えられます。
しかし、会社でも、Thunderbirdで送った方(filename*0*=...,filename*1*=...の方)であっても問題が起こっているとなると、そういったTbのバグは考えにくくなります。

「Shurikenで送られた、10/20に受信したメール」および「Thunderbird/3.1.6で送った、自分宛に送ったメール」ですが、どちらについても、会社では問題が起こるが自宅では問題が起こらないのですか?

「Shurikenで送られた、10/20に受信したメール」の自宅での確認は、以下のようにしてできます。
(1) 「Shurikenで送られた、10/20に受信したメール」をメールに添付して送信
(2) 自宅において、添付された「Shurikenで送られた、10/20に受信したメール」を.EMLファイルに保存
(3) 保存した.EMLファイルを、ローカルフォルダのあるメールフォルダのスレッドペインにドラッグ&ドロップ(手動でインポートしたことになる)
(4) そのメールのPDFの添付ファイルについて操作する

会社において、Thunderbirdの-safe-mode(thunderbird.exe -safe-mode)、あるいは新規プロファイルでも問題が起こりますか?
新規プロファイルでも、.EMLファイルに保存+スレッドペインへのドラッグ&ドロップ、で簡単に確認できます。

Re: 添付ファイルが開けられない(追記)
(#53504) このトピック中8番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

追記です。

> 10/20に受信したメール
>X-Mailer: JsvMail 7.0 (Shuriken 2007)
>(snip)
>Content-Type: application/pdf; name="=?ISO-2022-JP?B?GyRCMntGQUYyJE5BbTlnGyhC?=
> =?ISO-2022-JP?B?GyRCRSo4JjVmGyhCMTAyMC5wZGY=?="
>Content-Disposition: attachment; filename="=?ISO-2022-JP?B?GyRCMntGQUYyGyhC?=
>> =?ISO-2022-JP?B?GyRCJE5BbTlnRSo4JjVmGyhCMTAyMC5wZGY=?="

このヘッダーで起こるバグはなかったはずだし、実際にWin XPのTb 3.1.5で開かせせても問題は起こらないし、でも念のためにと、notepad.exeに無理やり開かせて渡されるファイル名を確認してみて、「会社でしか問題が起こらない」、「同じメールが10/21以降開けなくなった」、「新規プロファイルでも起こる」、「ファイルが見つからない、になる」などに関して、ちょっと気になったことがあります。

何度も開かせると、Tbは、「懐徳堂の総合的研究1020.pdf」、「懐徳堂の総合的研究1020-1.pdf」、「懐徳堂の総合的研究1020-2.pdf」と、サフィックスをつけたものを%temp%に作っていきます。
デフォールトの設定だと、Tbを終了すると、これらの一時ファイルを消すはずですが、
一時ファイルにリードオンリー属性がセットされることの回避策を行っていると、消されなかったように記憶しています。
消されない場合、「懐徳堂の総合的研究1020-9999.pdf」までできてしまい、問題が起こる可能性があります。
バージョンの異なる「懐徳堂の総合的研究1020.pdf」を何度も受信・送信して表示しているとか、
「懐徳堂の総合的研究1020-1011.pdf」のように、Tbと同じサフィックスがついたファイル名を常用しているような場合にも、
Tbの終了時に一時ファイルが消されない場合には、サフィックス番号の不足が生じて、予期せぬ問題がおこる可能性があります(max 9999だったはず)。

%temp% ディレクトリーの中身をチェックしてみてください。
(コマンドプロンプトで、DIR %temp% /S)

なお、悪さをする関連付けによる問題を確実に排除して、問題判別がシンプルになるように、
プロファイルディレクトリーの中のmimeTypes.rdfをmimeTypes.rdf.BKUPにリネームし、Tbを再起動して確認するといいでしょう。
mimeTypes.rdfを消せば、ツール・オプション・添付の全エントリーが消されることになりますし、バックアップがあればいつでも戻して再度確認できます。

Re: 添付ファイルが開けられない(追記)
(#53520) このトピック中9番目の投稿
(環境: WinVista/IE7)

みなさま、いろいろご教示ありがとうございました。いろいろしてみましたがまだ解決していません。

◎ziziさんへ

【添付ファイルを開く操作】
ダブルクリックしても右クリックしてメニューから「開く」を選択・指定して実行しても同じダイアログが表示されて、PDFの方は「Adobe Reader9.4(既定)」、Wordの方は「Microsoft Office Word(既定)」になっています。

【添付ファイルを保存する操作】
右クリックの後、メニューから「名前を付けて保存」を選択して実行しています。

【推測について】
1.「添付ファイルの動作設定」が誤って登録されている。
上述のように「既定」となっていれば問題ないのではないでしょうか。

2.上記の情報を保管している mimeTypes.rdf が壊れている。
mimeTypes.rdf を一旦削除して Thunderbird の起動時に初期化しましたが、やはりPDFもWordも開いたり開かなかったりで、同様の症状でした(ただし、Wordはほぼ開く。PDFの方は依然として開きにくい)。ただ、mimeTypes.rdfは再作成されていませんでした。それで大丈夫ですか?

3.その他(セキュリティ対策ソフトなどが動作障害を引き起こしているなど)
・職場のパソコンのセキュリティ対策ソフトは「ESET NOD32 Antivirus」で一時的に無効にして試してみましたが、症状は同様で開いたり開かなかったりでした。
・新規プロファイルやセーフモードで試してみましたが、症状は同様でした(と言うことはThunderbird 以外が問題を引き起こしている可能性が高いということでしょうか?)。
・パソコン内でPDF 関連のアプリケーションはAdobe Reader9.4のみです。そのAdobe Reader9.4をいったんアンインストールして再インストール後、試してみましたが、症状は同様でした。
・職場のパソコンの内のProfilesを外付けハードディスクに吸い出して、それを職場の別のパソコン(Tb3.1.6入り)につなぎ、Tbで見てみたところ、10/20に受信したメールの添付ファイルのWordもPDFも問題なく開きました。どうも問題はTbというよりもパソコン自体のような気がしてきました。

【その他】
・一時ファイル(テンポラリ)処理に対する権限の有無も関係しているかも知れません。
→これはよくわかりませんでした。職場のパソコンは自分専用で一人だけで使用しています。権限ありですか?


◎WADAさんへ

会社のTbでだけ、よろしくないmimeTypes.rdf内のapplication/pdfとファイルの拡張子の関連付け(ツール/オプション/添付のエントリー)ができていたため、と仮定すると、簡単には発生している現象の説明がつきません。
→mimeTypes.rdfを削除して初期化してみましたが、症状は同じでした。

「Shurikenで送られた、10/20に受信したメール」および「Thunderbird/3.1.6で送った、自分宛に送ったメール」ですが、どちらについても、会社では問題が起こるが自宅では問題が起こらないのですか?
→その通りです。

会社において、Thunderbirdの-safe-mode(thunderbird.exe -safe-mode)、あるいは新規プロファイルでも問題が起こりますか?
→セーフモードでも新規プロファイルでも同様の症状でした。


◎ 現段階の考え
いろいろご教示ありがとうございました。職場のパソコンのOSの再インストールも含めて考えたいと思います。ただ、WADAさんの下記のご教示はまだ試していないので明日にでも試してみます。


> 何度も開かせると、Tbは、「懐徳堂の総合的研究1020.pdf」、「懐徳堂の総合的研究1020-1.pdf」、「懐徳堂の総合的研究1020-2.pdf」と、サフィックスをつけたものを%temp%に作っていきます。
> デフォールトの設定だと、Tbを終了すると、これらの一時ファイルを消すはずですが、
> 一時ファイルにリードオンリー属性がセットされることの回避策を行っていると、消されなかったように記憶しています。
> 消されない場合、「懐徳堂の総合的研究1020-9999.pdf」までできてしまい、問題が起こる可能性があります。
> バージョンの異なる「懐徳堂の総合的研究1020.pdf」を何度も受信・送信して表示しているとか、
> 「懐徳堂の総合的研究1020-1011.pdf」のように、Tbと同じサフィックスがついたファイル名を常用しているような場合にも、
> Tbの終了時に一時ファイルが消されない場合には、サフィックス番号の不足が生じて、予期せぬ問題がおこる可能性があります(max 9999だったはず)。
>
> %temp% ディレクトリーの中身をチェックしてみてください。
> (コマンドプロンプトで、DIR %temp% /S)
>
> なお、悪さをする関連付けによる問題を確実に排除して、問題判別がシンプルになるように、
> プロファイルディレクトリーの中のmimeTypes.rdfをmimeTypes.rdf.BKUPにリネームし、Tbを再起動して確認するといいでしょう。
> mimeTypes.rdfを消せば、ツール・オプション・添付の全エントリーが消されることになりますし、バックアップがあればいつでも戻して再度確認できます。

Re: 添付ファイルが開けられない(追記)
(#53522) このトピック中10番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

 
【添付ファイルを開く操作】及び【添付ファイルを保存する操作】は問題ないと思われます。

【推測について】
> 1.「添付ファイルの動作設定」が誤って登録されている。
> 上述のように「既定」となっていれば問題ないのではないでしょうか。

「既定」で問題ないと思いますが実際にはその中味です。
MIME タイプが正しいもので登録されているかオプションの動作設定で確認できます。

> 2.上記の情報を保管している mimeTypes.rdf が壊れている。
> mimeTypes.rdf を一旦削除して Thunderbird の起動時に初期化しましたが、やは
> りPDFもWordも開いたり開かなかったりで、同様の症状でした(ただし、Wordはほ
> ぼ開く。PDFの方は依然として開きにくい)。ただ、mimeTypes.rdfは再作成されて
> いませんでした。それで大丈夫ですか?

プロファイル内の mimeTypes.rdf を削除しても次の起動時に再生成されないとしたら
Thunderbird 本体側が壊れているか OS に何らかの障害が起きているものと思われ
ます。
Thunderbird の再インストールをおこなっても改善されないとしたら問題は他にあるで
しょう。

> 3.その他(セキュリティ対策ソフトなどが動作障害を引き起こしているなど)
> ・新規プロファイルやセーフモードで試してみましたが、症状は同様でした(と言うこ
> とはThunderbird 以外が問題を引き起こしている可能性が高いということでしょうか
> ?)。

新規プロファイルでも改善されないとしたら Thunderbird 本体側の不具合が疑われ
ます。
Thunderbird を再インストールすれば切り分けできます。

> ・職場のパソコンの内のProfilesを外付けハードディスクに吸い出して、それを職場の
> 別のパソコン(Tb3.1.6入り)につなぎ、Tbで見てみたところ、10/20に受信したメー
> ルの添付ファイルのWordもPDFも問題なく開きました。どうも問題はTbというよりも
> パソコン自体のような気がしてきました。

プロファイルを別の PC の Thunderbird で試したところ、問題が再現しなかったという
ことはあなたの PC の Thunderbird 本体側に問題があるか OS に何らかの障害が起
きている可能性が高いでしょう。

セキュリティ対策ソフト「ESET NOD32 Antivirus」は無効にしても設定が残っていて影響
を及ぼす場合も考えられます。
またその設定内容によっては悪影響を及ぼすケースも考えられます。

「ESET NOD32 Antivirus」も含めて Thunderbird のインストール権限、実行権限や環境
全体から今一度見直しをされた方がいいでしょう。
 


[ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -