過去ログ表示


過去ログ 357 を表示

トピック内全 32 記事中の 11 〜 20 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1] [2] [3]

(環境: WinXP SP3/Other)

> あれからこまめにキャッシュの様子を見ていたのですが、
> ディスクのエントリーが8000になるにはまだ余裕があるにもかかわらず
> Firefoxが一時的に動作を受け付けなくなり、
> その直後にCacheViewerを見てみると
> ほとんどキャッシュが消えているという状態になっています。
> ほとんど消えているというよりは、Firefoxのキャッシュが消えた直後に入ってきた
> 新しいデータが10個程度入っているという感じです。
> こまめにCacheViererを開いては不必要なデータを削除していたので
> キャッシュが少ない時では2000個くらいで起きています。
> もちろん保存できるキャッシュの量よりもはるかに少ない量しかありません。
> あるときはFirefoxを使用している最中に突然ウインドウが全て閉じてしまい、
> 「不正な問題が起きたので強制終了しました」
> といった感じのウインドウが開きました。

「こまめにCacheViererを開いては不必要なデータを削除していた」ですが、CacheViererは、Firefoxのディスクキャッシュの制御データなども含め、きちんと整合性を保った上で、Firefoxがキャッシュデータが不要なので削除したとのと同じように、「不必要だというデータを削除する」のですか?
about:cacheのDisk cache deviceのCache Directory:の中のファイルを盲目的に消した、という場合には、Firefoxのクラッシュが起ころうがFirefoxのデータ破壊が起ころうが、それはFirefoxにとって必要なファイルをきちんと整合性を保たずにFirefoxの起動中に勝手にファイルを消してしまった人の責任、になります。

キャッシュのデータは、URIをあるハッシュ関数でエントリー番号の1〜8192ににマップし、その番号のところにデータを保存、というようなことをしていますから、いい加減にディスクキャッシュ用のディレクトリーの中のあるファイルを消して別のあるファイルを残しても、他のURIが、その残した別のファイルのURIのハッシュ値と同じになれば、どのみち追い出されてしまいますから、あまり意味がないでしょう。
また、ハッシュ関数の性能があまり良くなくて、あるページでaaaaa-NNN.abc(NNNは連番)とかいうファイルを使用していると、それらの中に同じハッシュ値になるものがでてきて、aaaaa-PPP.abcをキャッシュに書いた後、aaaaa-XXX.abcが同じハッシュ値になるのでaaaaa-PPP.abcを追い出してしまい、次回のロードでは先にaaaaa-PPP.abcにアクセスするので、同じハッシュ値になるaaaaa-XXX.abcを追い出し、結局、ディスクキャッシュが無意味になる、と言う問題があります(Gecko 1.9.3で改善)
従って、エントリー数の上限よりも少ないファイルしか保持されない、ということは、ごく普通の現象になります。
これは、ハッシュ関数の性能が良かろうが悪かろうが、原理的に起こって当然の話になります。

> エントリー数の問題ではない感じだし、どうもFirefox自体に何か原因があるような気がしますが、

Firefoxが動いている間に、何も考えないで勝手にFirefoxが使用しているファイル消してしまった方に原因がある、としか思えませんが。

Firefoxの起動中に、FirefoxのCacheディレクトリーの、_CACHE_xxx_(xxx=MAP,001,002,003)以外のファイルを全部消すと、なんらかのエラーが起こると思いますが、結局それと同じことをしていませんか?

> その後すぐにチェックしましたが、やはりこの時もキャッシュが削除されていました。

クラッシュ後は、ディスクキャッシュの制御ファイルの整合性がとれないのでディスクキャッシュをクリアーする、というのは、現在の「仕様」になります。
Firefoxの起動中に制御用のファイルの_CACHE_xxx_(xxx=001,002,003)を消したり壊したりすれば、同じようなことが起こるはずです。

> 直前に開いていたページの中に問題を起こすものがあった可能性があるとも書かれていましたが、
> 特にそういったページは心当たりがなく、また終了直前まで開いていたページを
> 開いてみましたが、全く問題なく閲覧することができました。

キャッシュがクリアーされた後は、またサーバーにアクセスしてサーバーからデータを持ってくるだけですから、当然です。

システムにとって重要なファイルを壊したり消したりしてその時の挙動を見ると、どのファイルを使ってなにをやっているのかを、結構外から見ることができるのですが、そういったことを自分の思い込みだけで行なって、その結果がおかしい、と思い悩むのは、時間の無駄でしょう。

なお、Firefox/Thunderbirdのディスクキャッシュですが、制御ファイルには、あるURIに対してxxxというファイルがあると書いてあってXXXというファイルがある時に、xxxというファイルを消してしまって意地悪をすると、そんなことは全くの想定外なので、キャッシュデータが無いからサーバーにとりに行く、ではなく、データが無いからおかしいといって必ず表示でエラーになってしまう、というのが、以前に確認した時の挙動です。
_CACHE_xxx_(xxx=001,002,003)あたりを壊してディスクキャッシュのクリアーをさせるとか、ツール/オプションなどでキャッシュを強制的にクリアーする、くらいしか回復手順がなかった、と、記憶しています。

お返事ありがとうござます
(#53945) このトピック中12番目の投稿
(環境: WinVista/Other)

CacheViewerはダウンロードしたデータを拡張子付きで一覧として
表示するアドオンです。
表示された一覧表でキャッシュの拡張子を見ながらjpegなどの画像を
中心に削除していました。データの削除もCacheviewerから
直接「削除」ボタンを押すとできます。
なのでFirefoxが必要としているシステムファイルを削除したとは
考えづらいのですが……。

もしかしたらキャッシュを削除した後に
Firefoxを再起動させないと、
削除したキャッシュがまだあると認識されるのかなと思いました。
まだ明確な解決方法が見つかりませんが、今後はこれを気にしつつ
Firefoxを使っていこうと思います。

Re: お返事ありがとうござます
(#53974) このトピック中13番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> CacheViewerはダウンロードしたデータを拡張子付きで一覧として
> 表示するアドオンです。
> 表示された一覧表でキャッシュの拡張子を見ながらjpegなどの画像を
> 中心に削除していました。データの削除もCacheviewerから
> 直接「削除」ボタンを押すとできます。
> なのでFirefoxが必要としているシステムファイルを削除したとは
> 考えづらいのですが……。

CacheViewerを入れて「削除」の確認をしてみました。
about:cacheのフロントエンドだと言っているだけあって、「削除」は、about/cacheとの整合性もちゃんととった上で、きちんとキャッシュから消しているみたいですね。
失礼しました。

一つのHTMLの中に、同じURLの<img>が複数書かれていた時に、どの<img>についてもHTTP GETをだすのでキャッシュの意味が無くなっていたのを、最初の<img>でだけHTTP GETをだし、他の<img>に関してはキャッシュに入るのを待ってから使いに行くようにした、というような変更があったのは、それほど古い話ではありません。
また、同じページの中のIMG-AとIMG-Bが同じXXXというハッシュ値になる時に、IMG-AがXXXに入ったあと、IMG-Aのデータを使う前にIMG-BがIMG-Aを追い出してしまうのでIMG-Aが表示されない、という問題があって、ちゃんとIMG-AがXXXを使ってIMG-Aを表示してからXXXをIMG-Bで置き換えるようにした、というのも、それほど古い話ではありません。
普通は、キャッシュから消されていれば、キャッシュにないからサーバーにとりにいくだけで、なんら問題は起こらないが、
こういった、普通とは異なる特殊な条件の時に、ハッシュ値の重複によって追い出されたのでもないし、キャッシュのクリアーが入ったわけでもないのに、知らないうちに消されると、
何らかの内部的なエラーが起こったり、キャッシュが壊れているとしてキャッシュをクリアーする、というようなことがあるのかもしれませんね。

> 今後はこれを気にしつつFirefoxを使っていこうと思います。

日常使用で普通に不要なものをCacheViewerで「削除」し、時々キャッシュの様子をみて、なにか異常なことが起こっていないかチェックしてみてください。
タイミングなどによってキャッシュが壊れていると判断してクリアー、というのは、ありそうに思えます。

その後の状況
(#53981) このトピック中14番目の投稿
(環境: WinVista/Other)

とりあえずこまめにCacheViewerで画像などを消去するのと、Firefoxもなるべく気づいたときに
再起動しています。
キャッシュが消えるのはFirefoxがフリーズした時か、
あるいはPCを起動させた後にFirefoxを使い始めたときのどちらかのようなので
この方法で少しはキャッシュの保存期間が伸びてきました。
(と言ってもやはりキャッシュが消えるのであまりキャッシュがあるという実感が持てませんが。)

それと数日前に気付いたことですが、どうもインターネットセキュリティが
楽天ツールバーでの検索とGoogleの検索において不具合を出しているようです。
エラーコンソールを見ているとどちらも検索結果を表示しているだけで延々とエラーを出し続けるため、
検索結果を表示したままだとそのうちフリーズ、そしてキャッシュが消えるというのが
今までの出来事だったのではないかと考えています。

マカフィーに報告したところなので今後どうなるか分かりませんが、
あれこれ試してほしいという要望を受けている最中です。
とりあえず今はこのような感じです。

Re: その後の状況
(#53983) このトピック中15番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> キャッシュが消えるのはFirefoxがフリーズした時か、

Mozillaは、正常に終了できた時にだけ、以下のCache\_CACHE_MAP_というファイルに書き込まれるメモリー上だけのデータ、および、_CACHE_xxx_というファイルに書かれるデータ(xxx=001,002,003)、でキャッシュを管理しています。
> Win-XPの場合
> C:\Documents and Settings\...\Local Settings\...\Firefox\Profiles\...\Cache\_CACHE_MAP_
正常に終了できた場合は、メモリー上のデータを、終了時に保存されたこれらのファイルのデータから再起動時に復元できるのですが、フリーズとかクラッシュした場合には、これらのメモリー上のデータを_CACHE_xxx_(xxx=MAP,001,002,003)に保存できていないので、再起動時に復元することが不可能なために、キャッシュをクリアーします。
これについては、現在は、「仕様です」になります。

> あるいはPCを起動させた後にFirefoxを使い始めたときのどちらかのようなので(以下略)

フリーズとかクラッシュがなくても、Firefoxが起動中にOSを終了したりログオフを行い、それによってFirefoxがOSからの終了要求を受け取った時に、メモリー上のキャッシュの制御データをきちんと_CACHE_xxx_(xxx=MAP,001,002,003)に書き込む前に終了してしまう、という問題が、依然として残っています。
Windowsではこの問題の多くが解決できたはずなのですが、危険な方のはずの右上の「X]ボタンで終了した場合には、少なくともキャッシュの制御データに関しては問題がないが、安全な方のはずの「ファイル/終了」だと、OSからの終了要求の処理中にもう一度終了処理を始めてしまい、メモリー上のキャッシュの制御データをきちんと_CACHE_xxx_(xxx=MAP,001,002,003)に書き込む前に終了してしまう、あるいは、そういった、終了のための制御ファイルの保存などの処理自体をキャンセルしてしまう、という問題があることが判明していて、多分Windowsでもこの問題は起こったと記憶しています。

> この方法で少しはキャッシュの保存期間が伸びてきました。
> (と言ってもやはりキャッシュが消えるのであまりキャッシュがあるという実感が持てませんが。)

元々、Mozillaのディスクキャッシュは、8192個のエントリーしか保持できなかった、ということからもわかるように、「キャッシュ」本来の意味である、起動中のレスポンスタイムの確保のためのものです。
CPUのキャッシュ、OSによるディスクファイルのI/Oのためのキャッシュ、などと同じようなカテゴリーのものです。
一度ダウンロードしたデータを、オフラインの状態であっても表示できるように、HTTPで規定されたキャッシュデータの保持期限を越えて半永久的に保存するためのものではありません。
これが、終了時にきちんと制御用のデータを保存できなかったらクリアーすればいい、という実装になっている理由です。
しかし、IEでは、「ディスクキャッシュ」は、起動中のレスポンスタイムの確保のためではなく、一度ダウンロードしたデータを半永久的に保存するためのものである、と思い込むのに十分な実装で、それとは異なるので、Firefoxでは、ディスクキャッシュがクリアーされた、けしからん、と、多くの人が文句を言うようになってしまいました。

でも、折角一度ダウンロードしたデータなのに、そして、ハードディスクの容量は昔に比べればべら棒に大きいのだし、再起動したからといって消してしまうのはあまりにもお粗末だし、8192個のエントリーしかない、という制限はなくしたことでもあるし(Firefox 4から)、そろそろ「全部消してしまう」なんてことはやめた方がいいんじゃないの、という声も、大きくなっています。
1GBもあるファイルを一度見て折角キャッシュにダウンロードしてあるのに、再起動しただけでそれが消されたら、誰だってムカつきますよね(^^)

> 検索結果を表示したままだとそのうちフリーズ、そしてキャッシュが消えるというのが、今までの出来事だったのではないかと考えています。

フリーズしたらディスクキャッシュは消える、は、今でもれっきとした「仕様」です。
CacheもCashも、飛ぶように消えていくのは、世の道理です(^^)
bug-org 105843 をトラッキングしてください。
> https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=105843
> Bug 105843 Cache lost if Mozilla crashes
スナップショットとジャーナルをとって、何があっても完璧に復元できないといけない、という類のデータではないはずだし、せめて、大きなファイルで、Cacheディレクトリーの_xxx_(xxx=001/002/003)以外の単独のファイルにダウンロードして正常に保存できたたデータくらいは、URIなどのメタデータもセットでファイルに保存するなどして、再起動時に制御情報が復元できなかった場合であっても、既にダウンロードしてあるデータは継続して使用できるようにするべきだ、と、誰でも思いますよね。

ありがとうございました
(#53993) このトピック中16番目の投稿
(環境: WinVista/Other)

詳しい説明をありがとうございました。
Firefoxを正常に終了させることができなかったときに
キャッシュが消えてしまうのは仕様なのですね。
また、今までずっとIEを使っていたせいで
Firefoxのキャッシュが頻繁に消えてしまうのには
何かエラーがあっての事なのかと思っていましたが、
むしろIEのほうがキャッシュにおいては
性能が良かったということを初めて知りました。
とはいえFirefoxには、IEにはない便利な機能が沢山あるので
これからはFirefoxとIEを両立して使っていこうと考えています。

Firefoxはウインドウの×ボタンで全てのウインドウを消してから、
ハードディスクランプが点灯しなくなるまで待った後に
Windowsを終了させるようにしています。
しかしこれでもキャッシュは消えやすい気がします。
Firefoxはキャッシュに関しても少しずつ改善されているので
キャッシュを保存することができるように改善してほしいと願っています。

> CacheもCashも、飛ぶように消えていくのは、世の道理です(^^)
うまいっ!
でもやっぱり、両方ともずっと手元に残っていてほしいですね。

キャッシュが消えてしまうことに関しては疑問は解決したので
済ということにします。
皆様、ありがとうございました。
済!
気になったので(Re: ありがとうございました)
(#53994) このトピック中17番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

たまやん さん(投稿 : 2011/02/17(Thu) 23:58:24)、こんにちは。
maji と申します。

既にハッピーエンドにて「済」マーク付いてますが
少々気になったので、、、、、


> むしろIEのほうがキャッシュにおいては
> 性能が良かったということを初めて知りました。

これは
 「 IEのほうがキャッシュにおいては性能が良かった」
ではなく
 「 IEはキャッシュにおいて「何もしていない」ので、そもそも問題が起こりようが無い」
であって

 Firefoxはキャッシュに対して「意志をもって」処理しようとしているが
 『 何かの要因 』にて不整合が生じ今回の様なキャッシュ削除となっている

ではないでしょうか。

で、
その「何かの要因」の方を突きとめておかないと

> Firefoxを正常に終了させることができなかったとき

がほぼ毎日続き

> キャッシュが消えてしまうのは仕様なのですね

とあきらめざるを得ない、、、、、と、、、。。。。

-----

気になってるのは以下の三つ、、、、。。。。

1) まずは Firefox の使い方。

以前の投稿に

》今日の3時ごろと16時ごろにもキャッシュが削除されたらしく、
》現在は一番古いキャッシュが15時50分ごろのものしか残っていません。
》ちなみにFirefoxは14時半ごろからずっと起動し続けていました。

とありましたが、
ひょっとして
「PCは起動しっばなしでその間も Firefoxは起動しっぱなし」
みたいな運用となっていませんか?
PC止めるときには Firefox起動しっぱなしで PCスタンバイモードで止めてる
なんて使い方してませんか?
思いつきでコレら書いてるのでソレそのものが今回の要因となってるかワカリマセンが
さすがに
ほぼ毎日の様にキャッシュ消さなければならない事象が起きているのは
不思議です。

どんな使い方をされているか記載いただけると
ひょっとして何かヒントが見つかるかもしれません。


2) 次に PCスペックとネット接続環境。

》Firefoxはウインドウの×ボタンで全てのウインドウを消してから、
》ハードディスクランプが点灯しなくなるまで待った後に
》Windowsを終了させるようにしています。
》しかしこれでもキャッシュは消えやすい気がします。

この「Firefoxはウインドウの×ボタンで全てのウインドウを消してから
ハードディスクランプが点灯しなくなるまで待つ」のに
そこまで気にしなければならないてな点に
かなり気になっています。

お使いの PCは WinVista との事なので
PCスペック自体はそこそこのものだとは思いますが
念の為にスペック等をお教えいただけないでしょうか。
Vista機でもメモリ搭載量が少なかったり
C:ドライブの空き容量が少なかったりすると
一つヒトツの処理時間に影響は出てきますし
元々 WinXP機を Vistaにバージョンアップしたものであれば
スペック的にキツイ場合もあります。

ネット接続環境は「(ナローバンドなので……。)」との事ですが
念の為にどんな回線かをお教えいただければと思います。

ついでに
これは 1)項 の使い方の範疇となりますが、、、、
Firefoxは終了時に

 「開いているタブを保存して次回起動時に復元しますか?」

と聞かれますが
(→「次回からは確認しない」チェックすると聞いてこなくなりますが)
これどうされてますか?

「開いているタブを保存して」としていると
Firefox終了時にそれら情報をディスク上に保存するので
当然ながらそれらに時間は掛かります。
PCスペックやディスク状態によっては
場合によっては問題となるかもしれません。

# ちなみに私自身は タブの保存はしない としています。


3) セキュリティソフトについて

以前の投稿で

》それと数日前に気付いたことですが、どうもインターネットセキュリティが
》楽天ツールバーでの検索とGoogleの検索において不具合を出しているようです。
》エラーコンソールを見ているとどちらも検索結果を表示しているだけで延々とエラーを出し続けるため、
》検索結果を表示したままだとそのうちフリーズ、そしてキャッシュが消えるというのが
》今までの出来事だったのではないかと考えています。

とありましたが
既にマカフィーと連絡を取られている様ですが
コレの結果はどうなりましたでしょうか。

もしマカフィーによる事象が 今回の要因 であれば
Firefoxの無実は証明されるワケですし
結果をお教えいただければと希望します。

また
例えば一時的に
「楽天ツールバーでの検索を使わない」(→ツールバーそのものをアンインストールする)
「Googleの検索を使わない」(→もしツールバー使ってればアンインストールする)
等をしてみれば
割と短時間に切り分けできるのかなとも思います。

# なお私は楽天ツールバーは使ってはいません。

-----

ちなみに
私の手元にある2台の PC(→ WinXP機と Win7機)の両方に
CacheViewer を入れてみましたが
それぞれ数週間分たっぷりとキャッシュ残っており
特に問題はなさそうでした。

以上
よろしくお願いします。



.

追試・気になったので(Re: ありがとうございました)
(#53995) このトピック中18番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

たまやん さん(投稿 : 2011/02/17(Thu) 23:58:24)、こんにちは。
maji と申します。

# 直前の投稿後に一つだけ追試しました。
# 一番最後に追記しています。



既にハッピーエンドにて「済」マーク付いてますが
少々気になったので、、、、、


> むしろIEのほうがキャッシュにおいては
> 性能が良かったということを初めて知りました。

これは
 「 IEのほうがキャッシュにおいては性能が良かった」
ではなく
 「 IEはキャッシュにおいて「何もしていない」ので、そもそも問題が起こりようが無い」
であって

 Firefoxはキャッシュに対して「意志をもって」処理しようとしているが
 『 何かの要因 』にて不整合が生じ今回の様なキャッシュ削除となっている

ではないでしょうか。

で、
その「何かの要因」の方を突きとめておかないと

> Firefoxを正常に終了させることができなかったとき

がほぼ毎日続き

> キャッシュが消えてしまうのは仕様なのですね

とあきらめざるを得ない、、、、、と、、、。。。。

-----

気になってるのは以下の三つ、、、、。。。。

1) まずは Firefox の使い方。

以前の投稿に

》今日の3時ごろと16時ごろにもキャッシュが削除されたらしく、
》現在は一番古いキャッシュが15時50分ごろのものしか残っていません。
》ちなみにFirefoxは14時半ごろからずっと起動し続けていました。

とありましたが、
ひょっとして
「PCは起動しっばなしでその間も Firefoxは起動しっぱなし」
みたいな運用となっていませんか?
PC止めるときには Firefox起動しっぱなしで PCスタンバイモードで止めてる
なんて使い方してませんか?
思いつきでコレら書いてるのでソレそのものが今回の要因となってるかワカリマセンが
さすがに
ほぼ毎日の様にキャッシュ消さなければならない事象が起きているのは
不思議です。

どんな使い方をされているか記載いただけると
ひょっとして何かヒントが見つかるかもしれません。


2) 次に PCスペックとネット接続環境。

》Firefoxはウインドウの×ボタンで全てのウインドウを消してから、
》ハードディスクランプが点灯しなくなるまで待った後に
》Windowsを終了させるようにしています。
》しかしこれでもキャッシュは消えやすい気がします。

この「Firefoxはウインドウの×ボタンで全てのウインドウを消してから
ハードディスクランプが点灯しなくなるまで待つ」のに
そこまで気にしなければならないてな点に
かなり気になっています。

お使いの PCは WinVista との事なので
PCスペック自体はそこそこのものだとは思いますが
念の為にスペック等をお教えいただけないでしょうか。
Vista機でもメモリ搭載量が少なかったり
C:ドライブの空き容量が少なかったりすると
一つヒトツの処理時間に影響は出てきますし
元々 WinXP機を Vistaにバージョンアップしたものであれば
スペック的にキツイ場合もあります。

ネット接続環境は「(ナローバンドなので……。)」との事ですが
念の為にどんな回線かをお教えいただければと思います。

ついでに
これは 1)項 の使い方の範疇となりますが、、、、
Firefoxは終了時に

 「開いているタブを保存して次回起動時に復元しますか?」

と聞かれますが
(→「次回からは確認しない」チェックすると聞いてこなくなりますが)
これどうされてますか?

「開いているタブを保存して」としていると
Firefox終了時にそれら情報をディスク上に保存するので
当然ながらそれらに時間は掛かります。
PCスペックやディスク状態によっては
場合によっては問題となるかもしれません。

# ちなみに私自身は タブの保存はしない としています。


3) セキュリティソフトについて

以前の投稿で

》それと数日前に気付いたことですが、どうもインターネットセキュリティが
》楽天ツールバーでの検索とGoogleの検索において不具合を出しているようです。
》エラーコンソールを見ているとどちらも検索結果を表示しているだけで延々とエラーを出し続けるため、
》検索結果を表示したままだとそのうちフリーズ、そしてキャッシュが消えるというのが
》今までの出来事だったのではないかと考えています。

とありましたが
既にマカフィーと連絡を取られている様ですが
コレの結果はどうなりましたでしょうか。

もしマカフィーによる事象が 今回の要因 であれば
Firefoxの無実は証明されるワケですし
結果をお教えいただければと希望します。

また
例えば一時的に
「楽天ツールバーでの検索を使わない」(→ツールバーそのものをアンインストールする)
「Googleの検索を使わない」(→もしツールバー使ってればアンインストールする)
等をしてみれば
割と短時間に切り分けできるのかなとも思います。

# なお私は楽天ツールバーは使ってはいません。

-----

ちなみに
私の手元にある2台の PC(→ WinXP機と Win7機)の両方に
CacheViewer を入れてみましたが
それぞれ数週間分たっぷりとキャッシュ残っており
特に問題はなさそうでした。

-----

最後に一つだけ 追試 しました。

手元の WinXP(SP3) の PCで
Firefoxしか動かしていない状態で
(→実際にはウイルス対策ソフトやタスクマネジャ等のアプリが裏で動いていますが)
PC本体の電源スイッチを ぶち〜ッ と長押しして
強制的に PCを止めてみました。

そして Windowsをいつも通り立ち上げて
そしてそして Firefoxも立ち上げたら
表面上は何も問題なく立ち上がりましたが
CacheViewerでキャッシュの状態を見ると
電源段強制停止以前のキャッシュは綺麗に消えていました。

とゆ事で

》Firefoxを正常に終了させることができなかったときに
》キャッシュが消えてしまう

のは当方でも正しく確認出来ました。

-----

以上
よろしくお願いします。



.

お返事ありがとうございます
(#54010) このトピック中19番目の投稿
(環境: WinVista/Other)

書き込みがあることに気付かなかったので
お返事が遅くなってしまいました。すみません。

1) まずは Firefox の使い方。
時折、しばらくの間(最大でも1時間程度)席をはずすことはありますが
その時はスクリーンセーバーが動いている状態です。
(ちなみにこの状態の時、Firefoxのウインドウは全て閉じていて作動していません。)

とはいえほとんどの場合、PCを起動させているときはいつも私がそばにいる状態で、
数時間使用した後は必ずPCをシャットダウンしています。
逆にスタンバイモードは全く使用していません。

それからネットサーフィンをしているのですが、
たとえばGoogleで検索をしたりあるいは楽天市場で品物を検索すると
どうしても小さいサイズの画像がたくさん増えてしまうので、
長時間使い続けていると数千個という数のキャッシュがたまってしまいます。
特に楽天市場の場合、品物の検索をするだけで
検索結果に出てくる小さな画像がたまっていきますし、
気になる品物が見つかってそのページへ飛んだ時にも
ページの上部などにあれこれ小さな画像が表示されるため、
キャッシュの大半は楽天市場に関連したものになっています。
あとmixiにも小さいアイコンがたくさんあるのでこれも
キャッシュがたまりやすい原因になっています。

2) 次に PCスペックとネット接続環境。
ディスクのランプが消えるまで待つというのは、
『シャットダウンするときは開いているソフトを全て終了させたうえで、
ハードディスクが停止したのを確認してからシャットダウンするのが安全』
という記事を読んだことがあるのが理由です。
どこで読んだのかは忘れてしまいましたが、
ハードディスクがまだ動いている間にシャットダウンをすると
エラーが起きやすいというような内容でした。
ちなみに私はそれまでは何も気にせずにシャットダウンしていましたが
(開いているソフトを終了させずにシャットダウン・
ソフトを終了させた後ハードディスクが動いているかどうかを気にせずにシャットダウン)、
これといって問題は起きてはいません。

それからパソコンのスペックに関してですが、
どれを書けばいいのかよくわからないのですが
このような感じでいいのでしょうか。
OS 名Microsoft&#174; Windows Vista&#8482; Home Basic
プロセッサIntel(R) Core(TM)2 CPU T5500 @ 1.66GHz、1667 Mhz、2 個のコア、2 個のロジカル プロセッサ
インストール済みの物理メモリ (RAM)1.50 GB
合計物理メモリ1.49 GB
利用可能な物理メモリ605 MB
合計仮想メモリ3.23 GB
利用可能な仮想メモリ1.72 GB
ページ ファイルの空き容量1.78 GB

ちなみにCドライブとDドライブがあるのですが、
Cドライブには34GB、Dドライブには2.7GB(こちらはデータ保存のみに使用していますが)
の空き容量があります。
またネットの接続環境はダイヤルアップでISDNを使用しています。



Firefoxの終了に関してですが、
以前に書いたようにフリーズすることがあるため気づいたらこまめに終了するようにしています。
その時にはいくつかタブを開いていることが多いため
そのまま終了させるときには開いているタブのURLを保存するかどうか
毎回聞かれますが、これは毎回保存しています。
ただPCを終了させるときは必ず全てのタブを一つずつ終了させているため
このダイアログは出てきませんし、最後に表示しているサイトは保存しない設定のため
新たにFirefoxを立ち上げたときには何もないブランクのページが出てくるようになっています。

この機能はIEにはない機能なので非常に便利だと感じています。
そういえばタブの保存をする、しないにかかわらず
Firefoxの全てのウインドウを閉じるとしばらくディスクが動いています。
これがFirefoxの不具合と関連性があるかは分からないのですが、
しかしながらこまめに終了・再起動を行うようになってからは
Firefoxがフリーズするということはなくなりました。


3) セキュリティソフトについて
最初はアドオンの競合ではないかと言われたのですが
それに関しては再度チェックしてしましたが
やはりサイトアドバイザが有効になっているときのみエラーが大量に出ました。
なので、マカフィーにはアドオンの競合ではないことを報告しました。

ちなみにGoogleと楽天での検索で出てくるエラーというのは
何種類かあるのですが、全く同じメッセージがものすごい勢いで増えていきます。
1秒間に10個くらいでしょうか?早すぎてわかりません。
下の二つが主に出てくる警告です。
特に「不正なトークン」という警告がほとんどで、時折「sacore」も
いくつも連続して表示されることがあります。
私にはエラーの意味が全くわからないので対処のしようがありません。

『警告: 属性セレクタ中に不正なトークン '!' が含まれています。 セレクタ結合子が連続しています。
ソースファイル: http://www.google.co.jp/firefox行: 0』
『警告: 'sacore' のプロトコルハンドラにはセキュリティポリシーがありません。今のところ許可されていますが、このプロトコルの読み込みは推奨されません。詳しくは nsIProtocolHandler.idl に書かれている説明をご覧ください。』


上記の事を報告した後さらにマカフィから次の手順で
マイクロソフト以外のサービスを停止して、Firefoxがフリーズするか
確認をしてほしいといわれました。
次の手順と言うのは簡単に言ってしまうと
スタートアップの項目からマイクロソフトとインテル以外のものすべてのチェックをはずし
再起動させるということです。つまりマカフィーも動いていません。

さすがにこの状態で長時間(1時間以上?)もネットにつなげているのは嫌なので
(ファイアーウォールも作動していませんから)その旨を伝えたところ
マカフィーの公式サイトならhttps:から始まるセキュリティで保護されているサイトなので
安全に利用できるということを書いてきました。
Googleや楽天ツールバーでの検索でエラーが起きたと書いているのに
頓珍漢な事を言ってくるのでさすがにイラッと来ました。
それはともかくとして、代替案としてマカフィーの完全削除を行い
再インストールして症状が改善するか確認してほしいということも
一緒に書かれていました。

ただ私の環境では再インストールするまでの何時間かをマカフィーなしで
ネットにつながなくてはならないし、かなり時間がかかるので骨が折れます。
マカフィーを入れなおした後でも症状が改善されなかった場合は
どのような状況から現在の問題が発生しているか調査する、と書かれていたこともあり
またこれまで私に対してあれこれ試してほしいということしか書かれていなかったので、
マカフィーのほうでも同じ症状が出るか確認してほしいという内容で返事をしました。

その後来た返事では検証したものの特にエラーなどは発生しませんでした
ということでした。
そのためマカフィーの再インストールを行い問題が改善されるかどうか
確認してほしいということでした。

ここまでが現在のマカフィー問い合わせとのやり取りです。
ちなみにまだマカフィーの再インストールはしていません。
すべきなのでしょうが、今までPCの再インストールなどで何度もこのマカフィーのダウンロードと
インストールを苦労して行っていたのでためらってしまいます。


ちなみにネットでこのエラーに関して検索をしていたところ、
『警告: 属性セレクタ中に不正なトークン '!' が〜』
というエラーが出ている方がいて、しかもそのせいでFirefoxが落ちると書かれていました。
なのでこれと言って珍しいことではないのかもしれないとも感じるのです。あくまでも主観ですが。


マカフィー問い合わせ係はこちらのトラブルの内容を把握できているのか
疑問に思うため、エラーが発生しなかったというのもエラーとは何のことを指すのかと
懐疑的にならざるを得ません。
ただもうこちらの説明を理解していない時点で返事を出すのが面倒になり
サイトアドバイザのせいでエラーが出ていてもこまめにFirefoxを終了させておけば
フリーズはしないことは分かったので放置してもいいかなぁと思っています。すみません。

ちなみにアドオンに関しては全て無効化したり、それぞれ一つだけ有効化して
エラーコンソールにエラーが表示されるかはチェックしたものの、
アドオンをアンインストールしてのチェックは行っていません。
今あるアドオンのうちサイトアドバイザ以外を削除してチェックすることも
必要なのでしょうか。


追記に関してもお返事を
やはりFirefoxは正常に終了できないとキャッシュが消えてしまうのですね。
検証ありがとうございました。



現在分かっていることをまとめると下のようになります。
○Googleや楽天ツールバーでの検索を行うと、アドオンのサイトアドバイザが
 大量のエラーを出す。そのためデータのダウンロードが完了している状態でも、
 しばらく検索結果のページを表示させているとフリーズする。
○Firefoxはフリーズするとキャッシュが消える
○Firefoxのキャッシュはあるタイミングで(条件は不明)全て消えてしまう。
 PCを起動させてFirefoxのキャッシュを見たらキャッシュが全くなかったということもあるし
 ずっとFirefoxを使っているのにある時違和感を感じてCacheViewerを見たら
 キャッシュがごっそりなくなっているということもある。

そのため、マカフィーが直接Firefoxのキャッシュを消している原因になっているかどうかまでは
分からないということになります。
何かお気づきの点がございましたら、お返事をよろしくお願いします。

追記です
(#54011) このトピック中20番目の投稿
(環境: WinVista/Other)

質問の2で書き忘れていたことを追記します。

現在使っているPCはDynabook CX/47Aで、
Vistaがプレインストールされているものを使用しています。


[ 前のトピック内容10件 ] | [ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1] [2] [3]

返信不可


- Child Tree -