過去ログ表示


過去ログ 358 を表示

トピック内全 14 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

(環境: Win2000/Other/Thunderbird2.0)

Thunderbird2.0.0.21を使用しています。

プロファイルデータをサーバに置いて、パソコンからネットワークドライブとして参照させています。

Thunderbirdを起動させているときに、パソコンのLANを抜いたり、サーバを再起動すると、イベントログのシステムにMRxSmb(遅延書き込みデータの紛失)の警告が記録されてしまいます。

警告が出た後は、メールの内容確認やフォルダをクリックなどすると、何度も警告が出てきます。

Thunderbirdを一度終了すると治まるのですが、この警告自体を出さないようにする方法をご存知の方いらっしゃらないでしょうか?
ご教授お願いします。

なお、今までに試した対処は以下のとおりです
1.HDDの書き込みキャッシュの無効化(失敗)
2.W2kSP4の再インストール

MRxSmbの警告の詳細は以下のとおりです。
ソース:MRxSmb
分類:なし
種類:警告
イベントID:50
説明:{遅延書き込みデータの紛失}バッファのデータを\Device\LanmanRedirectorへ転送しようとしました。書込み操作に失敗し、一部のデータのみファイルに書き込まれました。

(環境: Win 7/Other)

関連しているかどうかわかりませんが、一応。
http://support.microsoft.com/kb/321733/ja

本題。

> パソコンのLANを抜いたり、サーバを再起動すると

ということなので、Thunderbird がディスクリプタを保持したままで、
ファイルサーバ側が再起動して状態を失っているので読み書きが正常に
できない状態なのではないでしょうか。
つまり Thunerbird が要求しているファイルへのアクセスがサーバ側
でちゃんと処理できない状態になっているから、そのようなログがでるの
じゃないかなぁと。

この推測が見当違いじゃないとしたら、状態が異常なんだから、そーゆー
ログが出るのは当然のようにも思えるし、抑止すべきではないようにも
思えます。
頻発するのなら、接続が切れないようにする方法を検討してはどうかなぁ
とおもいます。

(環境: WinXP SP3/Other)

まゆこ さん(投稿 : 2011/03/17(Thu) 00:33:55)、こんにちは。
maji と申します。


> Thunderbird2.0.0.21を使用しています。

> プロファイルデータをサーバに置いて、パソコンからネットワークドライブとして参照させています。

WinXP(SP3) + Thunderbird 3.1.9 です。
当方でもテストしてみました。
プロファイルデータを他のパソコン(Win7)上のネットワークドライブ上に置いて
そのプロファイルを指定して Thunderbird起動しました。


> Thunderbirdを起動させているときに、パソコンのLANを抜いたり、サーバを再起動すると、
> イベントログのシステムにMRxSmb(遅延書き込みデータの紛失)の警告が記録されてしまいます。
>
> 警告が出た後は、メールの内容確認やフォルダをクリックなどすると、何度も警告が出てきます。
>
> Thunderbirdを一度終了すると治まるのですが、

「パソコンのLAN(ケーブル)を抜いた」状態で
全く同じ現象(→イベントログに同じ警告の記録記載・等)を確認しました。

ただし
ネットワークドライブとした側のパソコンの再起動テストまではしていません。

-----

> この警告自体を出さないようにする方法をご存知の方いらっしゃらないでしょうか?

質問の意図は

(1) ネットワーク障害(LANケーブルを抜く/サーバダウンする/等)の際に
  当然エラーとなり警告は出る(→出るべき)なのだが
  それを出さない様にする

(2) ネットワーク障害(LANケーブルを抜く/他)が復旧した後に
  ちゃんと障害はなくなったのだから
  その警告を出さない様にする

のどちらでしょうか。

-----

もし (1) であれば
ネットワーク障害により何らかのエラーとなったのであれば
イベントログに警告が出るのは当然であり
あるべき姿だと思われ
「この警告自体を出さないようにする」のは無理だと思いますし
出さない様にすべきではないと思います。

-----

もし (2) であれば

既に のらねこ さん(投稿 : 2011/03/19(Sat) 01:39:21)も投稿されていますが

》ということなので、Thunderbird がディスクリプタを保持したままで、
》ファイルサーバ側が再起動して状態を失っているので読み書きが正常に
》できない状態なのではないでしょうか。

との状況となっていて
ネットワーク障害が復旧した後にも
Thunderbirdが保持してる状態が
それが Thunderbirdの問題か OS(Windows)側の問題かは別として
綺麗に復旧解決されておらずエラーが出続けるのだと思われます。
そして
Thunderbirdを一度終了すると
そのあたりの異常な状態そのものがクリヤされるので
ある意味当然ながらイベントログの警告は出なくなるのではと思われます。

なお私自身は
Thunderbirdのプロファイルをネットワークドライブに置くやりかたを
Thunderbird自体がどこまで動作保障しているかを知りません。
ネットワーク上の書き込み遅延や障害当の際に
どこまでそれらの事象を Thunderbirdがどこまでリカバーする事となっているか
そのあたりの状況によるのかと思います。

よって
後は Thunderbirdがどこまでネットワーク対応をしてくれているか
Thunderbird側の諸設定でとこまでリカバリできるかにより
エラーとなる事象をクリヤできるかどうかですが
特に根拠あるわけではありませんが感覚的に難しいのではと思います。
そして
もし Thunderbirdをいったん終了させるとエラーも回復するのであれば
それが一番の対処方法だと思います。

-----

なお私見ですが、
Thunderbirdに限らずプロファイル等のアプリにとって重要なデータを
ネットワークドライブ上に置いた場合、
どこまで動作保障をするかはユーザ側の問題だと私は思っています。
そして
ネットワーク障害の内容にもよりますが
ネットワークの瞬断(→LANケーブルが抜けてすぐに繋ぎ直した)の場合だと
ただちにアプリ(Thunderbird)を終了させ
できるだけデータ(プロファイル他)を正常に近い形で終了させるとかの
処置を取るでしょう。
エラーを出し続けながら使い続けるなんて事はしない方が良いと思います。
また
「 プロファイルデータをサーバに置いて、〜〜
  Thunderbirdを起動させているときに、〜〜、サーバを再起動すると 〜 」
とありますが
そもそも運用中のサーバを再起動するなんて論外な状況であり
この場合も直ちにアプリ(Thunderbird)終了させ
データ(プロファイル他)が正しいかどうかの確認に走るでしょう。

今回の質問の元となっている
「 Thunderbirdを起動させているときに、パソコンのLANを抜いたり、サーバを再起動すると、」
てな現象が
どんな頻度で発生するかにもよりますが
もし頻繁に生じる様であれば
のらねこ さんの投稿の中でコメントされている様に
接続が切れないようにする方法を検討するか
もしくは
ネットワークドライブの使用そのものを考え直した方が良いのではと
勝手ながら思っています。

以上
よろしくお願いします。




.

(環境: Win 7/Other)

ご回答いただき、ありがとうございました。

Thunderbirdを一旦終了させることが一番確実で安全と思いますので、
この方法で対処しようと思います。

(環境: Other/DoCoMo)

まゆこ さん(投稿 : 2011/03/20(Sun) 03:20:31)、
maji です。

> Thunderbirdを一旦終了させることが一番確実で安全と思いますので、
> この方法で対処しようと思います。

そもそもの質問の背景を知っておきたいのですが、
最初の投稿にあった

「Thunderbirdを起動させているときに、
 パソコンのLANを抜いたり、サーバを再起動すると」

との状態は
どのくらい頻繁に発生してるのでしょうか。



.

(環境: WinXP SP3/Other)

まゆこ さん(投稿 : 2011/03/20(Sun) 03:20:31)、
maji です。


>Thunderbirdを一旦終了させることが一番確実で安全と思いますので、
>この方法で対処しようと思います。


2点あります。

-----

まず1点目。

再度にテストしてみました。
プロファイルを他のPCのネットワークドライブに置いた状態で、、、、
Thunderbird(→以降 TB と略記)で以下の操作をしました。

(1) 受信中にLANケーブルを抜く

  TBでエラー表示(→受信後の振り分けでフォルダに書き込めなかった旨)
  となり OK を押した
  と同時に Windowsの遅延書き込みデータの紛失エラーも出た
  イベントログにも警告記載

  LANケーブル繋ぎTBいったん終了後に再起動し
  再度に受信したところ全てちゃんと受信できた

  補足:今回はLAN外したタイミングが
     受信そのものは済みその後の振り分け処理中のタイミングであり
     受信そのものの最中では無かったので
     LAN復旧後の後処理でも問題無かったと思われるが
     もしこれが
     受信してる最中のLAN障害であれば
     受信最中のメール事態が消失している可能性がある

(2) 返信メール編集中にLANケーブルを抜く

  TBで保存しようとしたタイミングでTBが保存できないエラーを出し
  と同時に Windowsの遅延書き込みデータの紛失エラーも出た
  イベントログにも警告記載

  LANケーブル繋ぎTBで保存しようとしたが出来ず
  ただし送信は出来た

(3) 送信中にLANケーブルを抜く

  TBで メールサーバに繋がらない旨のエラー表示が出て
  メールサーバのパスワード入力ポップアップ出た
  (以下省略)

  補足:送信のどのタイミングでLAN障害となるかによるけど
     場合によっては送信メールそのものが消失する可能性も
     捨てきれない

以上の通り
単に受信済みなメールをクリックして「見ているだけ」の際のLAN障害であれば
比較的に問題は少ないと思われますが、
そうでない場合のネットワーク障害発生であれば
その際に操作しているメールそのものが消失する可能性もあります。

よって
単に「 Thunderbirdを一旦終了させる 」だけでなく
その前後のご自身の操作を確認され
TBいったん終了しかつネット接続回復した後のデータの整合性
(→データの喪失が無いか・送信メールはちゃんと相手に届いているか・等)
については
ちゃんと確認された方が良いかと思います。

-----

次に2点目。

直前の投稿でも質問させていただきましたが
ネットワーク障害が起きることそのものにも問題があると思います。

あらためて質問です。

そもそもの質問の背景を知っておきたいのですが、
最初の投稿にあった

「Thunderbirdを起動させているときに、
 パソコンのLANを抜いたり、サーバを再起動すると」

との状態は
どのくらい頻繁に発生してるのでしょうか。

頻繁に起きる様であれば

・そもそもの障害を減らす工夫をする
・障害が多い前提でTB運用を工夫する

等の対処の方が効果があるとも考えられます。

-----

以上
よろしくお願いします。



.

(環境: Win 7/Other)

いろいろ返答がありますが。

> Thunderbirdを起動させているときに、パソコンのLANを抜いたり、サーバを再起動すると、


という書き方から察すると、投稿者ご自身が
・LANケーブルを抜いている(はずしている)
・サーバーを再起動している
ように感じられます。

とすれば、この行為をやめれば済む話です。


ご自身がしていることではないのであれば、
・LANケーブルが抜ける、回線が(勝手に)切れる
・サーバーが(自動的に)再起動する
というような書き方になると思います。(助詞の使い方)

(環境: WinVista/Other)

私も同意見ですが、問題は何故「問題が発生した事案」の行為をする必要が有るのか?
コレが必要な場面はどう云う状況なのかを明確に提示しないと、状況に合わせた回答すら得られないと思います。
必要性の無い行為をする事でエラーが出るのなら、ソレは自己責任の範疇に成るのでは?

(環境: Win 7/Other)

> Thunderbirdを一旦終了させることが一番確実で安全と思いますので、
> この方法で対処しようと思います。

そのような警告が出たら、いったん終了させるのがよいでしょう。
ただ、この警告自体を出ないようにしたいと思うほどのなにかが
あるのでしたら、その警告が出るような状況自体を避けるのが得策
のように思われます。

最近では企業内のユーザ領域を共有フォルダにして、ログインすると
自動でマウントするというようなこともあると思いますし、その場合、
サーバ側のハードウェア障害に伴って冗長性のあるサーバにサービスが
移動した場合なんかは警告だらけでイベントログが流れて管理側からすると
目も当てられないということはあるかもしれません。
そーゆー具体的な状況がわかるとより適切なアドバイスがもらえるかも
しれません。

(環境: Win2000/Other/Thunderbird2.0)

ご回答ありがとうございます

説明不足で申し訳ありませんでした
今後の参考にさせていただきます


[ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -