過去ログ表示


過去ログ 366 を表示

トピック内全 6 記事中の 1 〜 6 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

送信控えと特別なフォルダ
(#55088) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

はじめまして。
「送信控えと特別なフォルダ」機能について教えてください。
メールを送信する場合、自分のアドレスを自動的にCc:に追加したくてアカウント設定の「送信控えと特別なフォルダ」の「次のメールアドレスをCc:に追加する」に
自分のメールアドレスを記入しました。
・新規メールの作成
・返信
ではメール作成ウインドウにCcで自動的に自分のアドレスが追加されて希望通りの動作になりましたが、
・全員に返信
では自分のアドレスが追加されませんでした。
ところが、自分のメールアドレスではなく別のアドレスを記入すると、それは全員に返信でも反映されました。

「全員に返信」でも自分のメールアドレスをCc:に自動で追加したいのですが、どのようにすればいいのでしょうか。

Re: 送信控えと特別なフォルダ
(#55090) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> メールを送信する場合、自分のアドレスを自動的にCc:に追加したくてアカウント設定の「送信控えと特別なフォルダ」の「次のメールアドレスをCc:に追加する」に
> 自分のメールアドレスを記入しました。
> ・新規メールの作成
> ・返信
> ではメール作成ウインドウにCcで自動的に自分のアドレスが追加されて希望通りの動作になりましたが、
> ・全員に返信
> では自分のアドレスが追加されませんでした。
> ところが、自分のメールアドレスではなく別のアドレスを記入すると、それは全員に返信でも反映されました。

「全員に返信」の時、既にTo:の中に「次のメールアドレスをCc:に追加する」で設定したアドレスが入っていませんか?
To:とCc:に同じものを自動的には入れない、というのは、自然な動作に思えます。

Re: 送信控えと特別なフォルダ
(#55091) このトピック中3番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> > メールを送信する場合、自分のアドレスを自動的にCc:に追加したくてアカウント設定の「送信控えと特別なフォルダ」の「次のメールアドレスをCc:に追加する」に
>>自分のメールアドレスを記入しました。
>>・新規メールの作成
>>・返信
>>ではメール作成ウインドウにCcで自動的に自分のアドレスが追加されて希望通りの動作になりましたが、
>>・全員に返信
>>では自分のアドレスが追加されませんでした。
>>ところが、自分のメールアドレスではなく別のアドレスを記入すると、それは全員に返信でも反映されました。
>
> 「全員に返信」の時、既にTo:の中に「次のメールアドレスをCc:に追加する」で設定したアドレスが入っていませんか?
> To:とCc:に同じものを自動的には入れない、というのは、自然な動作に思えます。

ご回答ありがとうございます。To:やCc:の中に設定したアドレスが入っていることはありません。

たとえば「私」のメールアドレスをkato@abc.def.jpとしたとき、
kato@abc.def.jpをあて先(To:またはCc:)に含むメールに対して「全員に返信」をやると、自動的にTo:からもCc:からもkato@abc.def.jpは除かれています。
これは「次のメールアドレスをCc:に追加する」にkato@abc.def.jpを設定していても同様です。

Re: 送信控えと特別なフォルダ
(#55092) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> To:やCc:の中に設定したアドレスが入っていることはありません。
>
> たとえば「私」のメールアドレスをkato@abc.def.jpとしたとき、
> kato@abc.def.jpをあて先(To:またはCc:)に含むメールに対して「全員に返信」をやると、自動的にTo:からもCc:からもkato@abc.def.jpは除かれています。
> これは「次のメールアドレスをCc:に追加する」にkato@abc.def.jpを設定していても同様です。

bugzilla.mozilla.orgに同様の現象に対するバグがありました。
> bug-org 584962 : automatic CC to self stripped on Reply All
"Reply-to-self"の条件に合致した場合に、重複排除が働いて、From:に自動的にセットされたメールアドレスを、To:や"automatic CC"で付加CC:から取り除いてしまう、というような感じの問題に思えます。
Reply-To:ヘッダーに自分のメールアドレスがあった時にも同じような現象になるみたいです。

"Reply-to-self"
automatic CCができた後、automatic CCを利用して自分の所有する他のメールアドレスに必ずコピーを送っているユーザーの一部から、
From:自分のメールアドレス1、から、To:自分のメールアドレス2、に送ったメールに対する返信の時に、
素直な、From:自分のメールアドレス2、To:自分のメールアドレス1、ではなく、
常に、From:自分のメールアドレス1、To:自分のメールアドレス2、で送って欲しい、というような要求、
あるいは、
From:自分のメールアドレス1、To:他者メールアドレス、で、automatic CCによって、CC:自分のメールアドレス2、で届いたメールに対する返信の時に、
素直な、From:自分のメールアドレス2、ではなく、
常に、From:自分のメールアドレス1、で送って欲しい、というような要求、
があって、
From:/To:/CC:/Reply-To:などに複数の自分の所有するメールアドレスがある場合に、Reply/Reply-Allの時に自動的にセットされるFrom:を、普通の感覚の、To:/CC:にある自分のメールアドレス、ではなくしてしまった機能。

POP3のメールの場合は、メールのダウンロード時に書かれる、メールをダウンロードしたアカウント(メインの差出人情報=addr1とする)の番号が書かれているX-Account-Key:ヘッダーを元に、Reply/Reply-Allの時の自動的にセットされるFrom:を決めているので(共通受信トレイのために必要な機能)、
別のアカウント(メインの差出人情報=addr2とする)のメールフォルダーにメールを移動した場合であっても、
Reply/Reply-Allで、From:addr2、ではなく、From:addr1、が自動的にセットされる、という問題があり、
これに"Reply-to-self"が絡むと、Reply/Reply-Allで、ユーザーにとって訳のわからないFrom:が自動的にセットされる、ということが起こります。

"Reply-to-self"のような特異な機能は、ユーザーが意図的にセットした場合以外は勝手に動かないようにしておきさえすれば、余計なユーザーの混乱を招かないし、bug-org 584962 のような問題も普通のユーザーのところでは起こらないのに...

Re: 送信控えと特別なフォルダ
(#55093) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

再度ご回答ありがとうございました。

「self-reply-toが有効になっていることが原因の可能性」と理解しました。
ためしにself-reply-toを無効に設定してみたいのですが、Thunderbirdのオプション設定でも、設定エディタでもそれらしき項目が見つけられませんでした。
どのようにすれば無効にできるか、ご教授いただければ幸いです。


> > To:やCc:の中に設定したアドレスが入っていることはありません。
>>
>>たとえば「私」のメールアドレスをkato@abc.def.jpとしたとき、
>>kato@abc.def.jpをあて先(To:またはCc:)に含むメールに対して「全員に返信」をやると、自動的にTo:からもCc:からもkato@abc.def.jpは除かれています。
>>これは「次のメールアドレスをCc:に追加する」にkato@abc.def.jpを設定していても同様です。
>
> bugzilla.mozilla.orgに同様の現象に対するバグがありました。
>>bug-org 584962 : automatic CC to self stripped on Reply All
> "Reply-to-self"の条件に合致した場合に、重複排除が働いて、From:に自動的にセットされたメールアドレスを、To:や"automatic CC"で付加CC:から取り除いてしまう、というような感じの問題に思えます。
> Reply-To:ヘッダーに自分のメールアドレスがあった時にも同じような現象になるみたいです。
>
> "Reply-to-self"
> automatic CCができた後、automatic CCを利用して自分の所有する他のメールアドレスに必ずコピーを送っているユーザーの一部から、
> From:自分のメールアドレス1、から、To:自分のメールアドレス2、に送ったメールに対する返信の時に、
> 素直な、From:自分のメールアドレス2、To:自分のメールアドレス1、ではなく、
> 常に、From:自分のメールアドレス1、To:自分のメールアドレス2、で送って欲しい、というような要求、
> あるいは、
> From:自分のメールアドレス1、To:他者メールアドレス、で、automatic CCによって、CC:自分のメールアドレス2、で届いたメールに対する返信の時に、
> 素直な、From:自分のメールアドレス2、ではなく、
> 常に、From:自分のメールアドレス1、で送って欲しい、というような要求、
> があって、
> From:/To:/CC:/Reply-To:などに複数の自分の所有するメールアドレスがある場合に、Reply/Reply-Allの時に自動的にセットされるFrom:を、普通の感覚の、To:/CC:にある自分のメールアドレス、ではなくしてしまった機能。
>
> POP3のメールの場合は、メールのダウンロード時に書かれる、メールをダウンロードしたアカウント(メインの差出人情報=addr1とする)の番号が書かれているX-Account-Key:ヘッダーを元に、Reply/Reply-Allの時の自動的にセットされるFrom:を決めているので(共通受信トレイのために必要な機能)、
> 別のアカウント(メインの差出人情報=addr2とする)のメールフォルダーにメールを移動した場合であっても、
> Reply/Reply-Allで、From:addr2、ではなく、From:addr1、が自動的にセットされる、という問題があり、
> これに"Reply-to-self"が絡むと、Reply/Reply-Allで、ユーザーにとって訳のわからないFrom:が自動的にセットされる、ということが起こります。
>
> "Reply-to-self"のような特異な機能は、ユーザーが意図的にセットした場合以外は勝手に動かないようにしておきさえすれば、余計なユーザーの混乱を招かないし、bug-org 584962 のような問題も普通のユーザーのところでは起こらないのに...

Re: 送信控えと特別なフォルダ
(#55094) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> ためしにself-reply-toを無効に設定してみたいのですが、Thunderbirdのオプション設定でも、設定エディタでもそれらしき項目が見つけられませんでした。

前のコメントに書いたように、設定などで有効・無効にできるようにはなっていません。

> どのようにすれば無効にできるか、ご教授いただければ幸いです。

自分でコードを書き換えるとか、自分でアドオンを作って、対処する。
あるいは、今の問題が起こらなくなるような都合のいいアドオンを自分で探す。


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -