過去ログ表示


過去ログ 367 を表示

トピック内全 2 記事中の 1 〜 2 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

メールアカウント設定
(#55210) このトピック中1番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

thanderbird7を海外(カンボジア)で使用しています。時々、メールアカウントが認識されていないのかメールアカウントの新規設定画面が勝手に立ち上がります。既存のアカウントの情報を入力するとプロバイダを認識できないなどの表示が出てくるのでツールバーからアカウント設定に行って既存の情報を入れ直すと本来の画面に戻ります。でもアドレス情報はPersonalとCollected以外のブックは消えてしまっています。このトラブルが数週間起きに生じるのですが原因と解決方法をどなたか教えていただけないでしょうか?
使用環境ですが外付けHDに入れ会社と自宅で交互に使っています。
会社のPCのOSはWindowsXP SP2,自宅のPCはWindowsVistaです。
宜しくお願いします。

Re: メールアカウント設定
(#55218) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

詳しく回答してくださりありがとうございました!
>
> 自動的に出てきた新規設定画面で再び定義するとき、完全自動では行ってくれないので、「手動設定」で完璧ではない状態でアカウントを定義させ、後で、ツール・アカウントの設定から必要な設定を正しく入力した、ということですか?
> そうならば、アドレス帳の定義も消えてしまっていると考えた方がよさそうで、以前追加したドレス帳が消えるのは当然、ということになるでしょう。
> PersonalとCollectedは自動的に定義されて前に使っていたのと同じ.mabファイルになり、.mabファイルは消えていないので、中身が消えないのでしょう。

上記の通りです。追加したアドレス帳だけが消える理由がよく分かりました。
>
> 追加のアドレス帳に関しては、Tbは、abook-<suffix>.mabというプロファイルの中のファイルを使っていて、アドレス帳を新規に追加する時は、既存のファイルを使わずに<suffix>を増やして行きます。
> 従って、新規にアドレス帳を追加し、それが、たとえばabook-13.mabを使うようになっていたら、まだ中身が空のabook-13.mabを消し、プロフィルの中に消されずに残っているabook-3.mabをabook-13.mabにリネーム、で回復できるでしょう。
> 設定エディターで、ldap_2.servers.XXX.YYYというエントリーを見ればわかります。
> (XXXは、アドレスブックの内部的な名前で、pab, history, 自分でつけた名前の一部、YYYは、項目名で、descriptionとfilenameだけで判別可)

上記、大変勉強になりました。ありがとうございます。
>
> アカウントの定義もアドレス帳の定義も、prefs.jsというファイルに書かれています。
> クラッシュしたり電源が落ちたりすると、prefs.jsが消えることが起こり得ます。
> prefs-N.jsというファイルで一つ前のものが残っていることもありますが、完全に消されてしまうこともあります。
> 外付けのHDDをはずす前に、Tbを完全に正常に終了させていますか?
> Tbの「X」ボタンを押してTbのウィンドウがすぐに消えただけの時点ではTbは終了していなくて、まだ終了処理を行っていて、prefs.jsの最後の書き込みはその中で行われます。
> タスクマネージャで確認するといいでしょう。

おそらく上記が一連のトラブルの可能性があるように思います。Tbの完全終了を確認してからHDDを外すように注意してみます。ちなみにHDDはUSBスタンダードタイプです。
ご親切に教えていただきありがとうございました!
>


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -