過去ログ表示


過去ログ 375 を表示

トピック内全 9 記事中の 1 〜 9 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

(環境: Win 7/Other)

Thunderbird13.0.1を使っています。

最近会社のメールサーバーがGoogle Appsに移行されたため、
IMAPでメールの受信を行っているのですが、
フォルダに振り分けられたメールは、フォルダを開かない限り
ローカルにダウンロードされないようで、困っています。

たとえば、地下鉄に乗る前にメールを一気にダウンロードして車内で
ゆっくり読もうと思っても、フォルダ分けされたメールはDLされていないため
結局読むことができなかったりします(ただし、メールが来ていること自体は
フォルダ名が太字になって知らせてくれます)。

自分で調べたところ以下のURLに行き着き、対策方法が挙げられているのですが
 1.mail.check_all_imap_folders_for_newを探して値をtrueに
 2.すべてのフォルダに対してオフライン利用のチェック
 3.Sync On Arrivalをインストール
 ※URL:http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/mozilla/thunderbird/2009-11-17_imap.htm
なにぶん3年前の記事で、このとおりに作業ができませんでした…。

フォルダをいちいち開かずとも、全てのメールを自動的に
ローカルにダウンロードするためにはどうすればよいのでしょうか!?

どなたか解決方法をご教示ください!

(環境: WinXP SP3/Other)

> 自分で調べたところ以下のURLに行き着き、対策方法が挙げられているのですが
>  1.mail.check_all_imap_folders_for_newを探して値をtrueに
>  2.すべてのフォルダに対してオフライン利用のチェック
>  3.Sync On Arrivalをインストール
>  ※URL:http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/mozilla/thunderbird/2009-11-17_imap.htm
> なにぶん3年前の記事で、このとおりに作業ができませんでした…。

その記事の内容は概要としては十分なので、誰からのフォローもなさそうで...

その記事は、以下の中の必須のことを簡潔に書いていてくれていて、
http://kb.mozillazine.org/Offline_folders
そこには書いていない、新着メールチェックをInbox以外の各フォルダーに対しても行わせる設定を個々のフォルダーのプロパティーで行わなくても済む方法も、追加して書いていてくれているだけで、
http://kb.mozillazine.org/How_do_I_check_for_new_messages_in_other_folders#IMAP
このあたりに関しては、auto-syncがデフォールトで有効になったTb 3.0から、大きく変わっていないはずです。
もっとも、個々の細かな設定に関しては、その記事が書かれた時点以降にTbの仕様変更があったりしてもおかしくはなくて、
その記事に書かれているmail.check_all_imap_folders_for_newについては、Tb 1.5かTb 2のもので、Tb2かTb 3以降で変更されたもののように見えます。

何をどうやったのにその記事に書いてあるどのことについてどのような作業ができなかったのですか?、

http://kb.mozillazine.org/Offline_folders には、以下のように書いてあります。
> Sync on Arrival
> This add-on will be obsolete when Thunderbird 3 is released
https://addons.mozilla.org/en-US/thunderbird/addon/sync-on-arrival/ でも、Tb 1.0-Tb1.5.0用と明記してあります。

紹介されていたSync on ArrivalがTb 13にインストールできなかった、ということですか?

要は、あるIMAPアカウントのInboxと一部のフォルダー(or全フォルダー)の全新着メールの全データを自動的にダウンロードさせるには、
(1) そのIMAPアカウントのauto-syncを有効にする、
(2) auto-syncを行いたいフォルダーについて、フォルダープロパティでoffline-use=on、
(3) Server Settingsで、新規メールの自動チェックをオン、
(4) Inbox以外でも新規メールチェックを行いたいのならば、フォルダーを新規メールチェックに含める、
が必要、ということです。

(1) では、
(1-a) mail.server.default.autosync_offline_stores = true (デフォールトでtrue、全IMAPアカウント)
(1-b) mail.server.serverN.autosync_offline_stores = true (そのIMAPアカウントだけ)
(4) では、
(4-a) 各フォルダーのプロパティで、新規メールチェックに含める
(4-b) mail.server.serverN.check_all_folders_for_new = true (そのアカウントの全フォルダー)
(4-c) mail.server.default.check_all_folders_for_new = true (全IMAPアカウントの全フォルダー、デフォールトはfalse)
とうバリエーションがあり、
(2) には、
(2-1) 各IMAPアカウントのSynchronization(同期)の設定で、
(2-1-a) 新規フォルダーのoffline-useのデフォールトをonにすると同時に、そのアカウントの全フォルダーをoffline-use=onにセット、
(2-1-b) 新規フォルダーのoffline-useのデフォールトをoffにすると同時に、そのアカウントの全フォルダーをoffline-use=offにセット、
のいずれかを行い、
その後、個々のフォルダーのプロパティーで行わなくても済むように、
(2-2) Advancedボタンから、各フォルダーのoffline-useのon/offの設定を変える、
というインターフェースが用意されています。

そして、
(4) 新規メールがあった時に自動的にメールデータをダウンロードする設定の、
> mail.server.serverN.download_on_biff=true
> (POP3では、auto-syncは無関係なので、これが必須)
がセットされていないと、auto-syncが有効であるにもかかわらずメールデータのダウンロードが行われない場合には、
(4-a) 手動で、mail.server.serverN.download_on_biff=true(そのアカウント)
(4-b) 手動で、mail.server.default.download_on_biff=true(全アカウント)
が有効かも、ということになります。
で、Synch on ArrivalというアドオンはTb 1.5.0までしか対応していなくて、ましてやauto-syncの仕様が変わったTb 3以降については何の対応もしていないのだから、使えなくても当然。

また、
(5) STATUSコマンドがちゃんと動かないサーバーの場合は、mail.imap.use_status_for_biff = false を試す、
ですが、Gmail IMAPはSTATUSコマンドをきちんとサポートしていますから、これは不要。

(環境: Other/DoCoMo)

hide さん(投稿:2012/07/17(Tue)15:57:36,環境:Win7/Other)
maji と申します。


既に 遠州白熊 さんもフォロー投稿されてますが、
別の観点からコメントさせていただきます。


> 自分で調べたところ以下のURLに行き着き、対策方法が挙げられているのですが

>  ※URL:http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/mozilla/thunderbird/2009-11-17_imap.htm
> なにぶん3年前の記事で、このとおりに作業ができませんでした…。

> どなたか解決方法をご教示ください!


該当ページ見てみましたが
たしかに記事掲載は 3年前ですが
サイトそのものは今でも更新されてますし
かなりのスキルをお持ちの書き手さん(サイト運営者さん)みたいですし
ちゃんとサイトに連絡先記載されてますし、、、、
まずは
他所で質問するよりもサイト掲載ご本人に直接に問い合わせするのが
スジの様に思います。
当然ながら
既に 遠州白熊 さんも記されている様に
どんなふうに「このとおりに作業ができませんでした」かを
正確に伝える必要がありますが。


記事の書き手さん(そのサイトの運営者さん)も
その方が嬉しいのではないでしょうか。
また
今まだ Thunderbird お使いなら
最新の 13 ああたりまではアップされ記事の内容も手元では対処済みかもしれません。


では。



.

(環境: Win 7/Other)

遠州白熊さま

ご回答いただきありがとございます!
そしてご返信が遅れてしまい申し訳ございません…

> その記事の内容は概要としては十分なので、誰からのフォローもなさそうで...
> 何をどうやったのにその記事に書いてあるどのことについてどのような作業が
できなかったのですか?、

失礼いたしました…「2.すべてのフォルダに対してオフライン利用…」は
ちゃんと行っており、また「1.mail.check_all_imap…」も、その名前の
設定が見つからなかったものの、おそらくそれほどクリティカルな問題ではない
かと思っています。
恐らくキモは「3.Sync On Arrival」だと思うのですが、
ご指摘いただいているとおり、これがインストールできなかったのでした。

そこでご教示いただいた以下の作業を行ってみましたが…

> (1) そのIMAPアカウントのauto-syncを有効にする、
有効にしました。
> (2) auto-syncを行いたいフォルダーについて、フォルダープロパティで
offline-use=on、
全てのフォルダーにチェックを入れました。
> (3) Server Settingsで、新規メールの自動チェックをオン、
1分ごとにチェックするようにしています。
> (4) Inbox以外でも新規メールチェックを行いたいのならば、フォルダーを新
規メールチェックに含める、
手動で、mail.server.serverN.download_on_biff=trueと、
mail.server.default.download_on_biff=true
に設定しなおしました。

行ってみましたが、やはり自動的なダウンロードはできないようでした…。

majiさんにもご指摘をいただいておりますが、当該ブログの運営者さんに
聞いてみるのがスジだと気づかされましたので、そうしてみることにします…
お手数をおかけしてしまい申し訳ございませんでした!
ご回答ありがとうございます!!

(環境: Win 7/Other)

majiさん

ご回答いただきありがとうございます!
ご返信が遅れてしまい申し訳ございませんでした…

遠州白熊さんから細かなアドバイスをいただいて試してみたのですが
おそらく知識不足もあり思うような結果にならなかったので、
ご指摘いただきましたとおりブログの運営者さんに聞いてみることにします。
確かにそのほうがスジだと思いました…

お手数をおかけしてしまいすみませんでした!ありがとうございます Very_Happy
済!
(環境: WinXP SP3/Other)

> また「1.mail.check_all_imap…」も、その名前の
> 設定が見つからなかったものの、
> おそらくそれほどクリティカルな問題ではないかと思っています。

その設定はTb5以降には無くなってしまっていて別の設定に変更されているみたいなんだから、各フォルダーのプロパティーで手動で新規メールチェックに含む設定にすることをパスしたい(=サボる)のならば、クリティカルなことになるんですけど...

> 恐らくキモは「3.Sync On Arrival」だと思うのですが、
> ご指摘いただいているとおり、これがインストールできなかったのでした。

Sync On ArriveはTb 1.5まで、と明記されているんだから、インストールされない・できなくて当然であって、キモでもなんでもないんですけど...

>>(4) Inbox以外でも新規メールチェックを行いたいのならば、フォルダーを新
> 規メールチェックに含める、
> 手動で、mail.server.serverN.download_on_biff=trueと、
> mail.server.default.download_on_biff=true
> に設定しなおしました。
> 行ってみましたが、やはり自動的なダウンロードはできないようでした…。

どこをどう読んだらその設定が「Inbox以外でも新規メールチェックを行う」ための設定になるんでしょう?
ポイントしたMozillaZineのナレッジベースの記事をちゃんと読みましたか?
http://kb.mozillazine.org/Offline_folders
http://kb.mozillazine.org/How_do_I_check_for_new_messages_in_other_folders#IMAP
私の説明は、仕様変更後の加筆訂正などのために少し読みにくいので、その中の最低限必要なことを抜き出して若干の補足を加えただけのものです。

念のための確認です。
mail.server.serverN.... ですが、そのまま"mail.server.serverN...."とタイプしていませんよね。
"N"の部分は、そのアカウントに割り振られているサーバー番号の数字をちゃんと指定していますよね。
Config Editor(設定エディター)で設定変更をした後に、Tbの再起動をしていますよね。

Auto-syncは、大量のメールのダウンロードでシステムの資源を使い切ってしまわないように、タイマーポップでそれぞれのMboxを巡回しながら少しずつダウンロード、というような実装になっています。
また、新着メールがあった時にすぐAuto-syncによるダウンロードがスケジュールされたとしても、同時にダウンロードできるフォルダー数は最大でもMax Cached Connections(default=5)の数しかありませんから、
(普通は、Inbox用に一つ、Trash用に一つ、が常に使われるので、残りの3つで行われるはず)
100個のメールフォルダーに1個づつの新着メールがあれば、100個のフォルダー全部の新着メールのダウンロードが完了するまでには、たとえたった100個のメールでも、それなりの時間がかかります。
一つのメールフォルダーの100個のメールのダウンロードと、100個のメールフォルダーのそれぞれ一つずつで合計100個のメールのダウンロードでは、オーバーヘッドも大きく異なります。

Auto-syncによるあるフォルダーのメールのダウンロードが完了すると、Activity Manager(ツール/イベントログの管理)に、以下のようなメッセージが書かれます。
<アカウント名> アカウントを更新しました。
nnn通のメッセージをダウンロードしました。
新着メールがあった時に、この数字が、Inbox以外も含む新着メールの数だけ増えているかどうか確認するといいでしょう。
また、あるメールがAuto-syncによってダウンロードされているかどうかは、以下で確認できます。
ファイル/オフライン/オフライン作業
(ダウンロードするかしないかのダイアログでは、ダウンロードしない、をこたえる)
あるフォルダーのあるメールについて、View/Message Source

> majiさんにもご指摘をいただいておりますが、当該ブログの運営者さんに
> 聞いてみるのがスジだと気づかされましたので、そうしてみることにします…

昔のブログの記事でそのあと仕様変更があったものについてまで、書かれている通りにはならないけど記事が間違っていないか、というような質問がきたら、いい迷惑だと思いますけど...

(環境: WinXP SP3/Other)

どこをどう読むとそうなるかが判明...

私の説明で、以下の両方とも『(4)』になっちゃってますね(^^;

> (4) Inbox以外でも新規メールチェックを行いたいのならば、フォルダーを新規メールチェックに含める、
> (4) では、
> (4-a) 各フォルダーのプロパティで、新規メールチェックに含める
> (4-b) mail.server.serverN.check_all_folders_for_new = true (そのアカウントの全フォルダー)
> (4-c) mail.server.default.check_all_folders_for_new = true (全IMAPアカウントの全フォルダー、デフォールトはfalse)

> そして、
> (4) 新規メールがあった時に自動的にメールデータをダウンロードする設定の、
> mail.server.serverN.download_on_biff=true
> がセットされていないと、auto-syncが有効であるにもかかわらずメールデータのダウンロードが行われない場合には、
> (4-a) 手動で、mail.server.serverN.download_on_biff=true(そのアカウント)
> (4-b) 手動で、mail.server.default.download_on_biff=true(全アカウント)

Inbox以外でも新規メールチェックを行う方は、始めの方の(4)のセットをお使いください。

# MozillaZineナレッジベースには、あるTbで変更になっていることが書いてあるから(Tb 5での変更だったですが)、
# そこを見さえすれば間違いが起こるはずはない、と思っていた...

(環境: WinXP SP3/Other)

hide さん(投稿:2012/07/17(Tue)15:57:36,環境:Win7/Other)
maji です。
今の環境は WinXP(SP3) + Thunderbird(14.0) です。



> Thunderbird13.0.1を使っています。

> IMAPでメールの受信を行っているのですが、
> フォルダをいちいち開かずとも、全てのメールを自動的に
> ローカルにダウンロードするためにはどうすればよいのでしょうか!?


別投稿で質問あったの向けに IMAPのテストしていて見付けたのですが
Thunderbird 14.0 にて新規に IMAPアカウントを作ったところ

「ツール」→「アカウント設定」→(懇意設定されたアカウント)→「同期とディスク領域」

の左側一番上の「メッセージの同期」欄の

「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保持する」

のチェックをした状態が、ご希望の設定ではないでしょうか。
ちなみに
新規設定直後はチェックが付いた状態であり
上記チェックのさらに右横の端の方に「詳細」てなボタンがあり
これ押して次の画面を出してみると
サーバ側と同期取った後の全(メール)フォルダが現れ
全てのダウンロードににチェックが入っていました。

なおこの機能は
Thunderbird のどの版からサポートされてるのかはワカリマセンが
13.0 でも同様にサポートされてるみたいです。

プロファイルも含めて 14.0環境をキレイに消して
新規に 13.0 をインストールし IMAPメールアカウント 1個だけ作り
上記の設定のままで Thunderbird画面ほとんど触らずに
(→実際には受信トレイだけは 1回クリックした)(→他のフォルダは全く触れていない)
最下段のステータスバーの部分に 何通分の何通 の表示が変化するのジィ〜ッと見つめ
同バーに何も表示されなくなり同期ダウンロード落ち着いたと思われるタイミングまで待ち、
パソコンから常時接続用の LANケーブルを抜き
Thunderbirdの受信トレイ以外のメールフォルダクリックしメール確認したところ
送信済みトレイの中のメールや
サーバ側で振り分けてる迷惑メールフォルダの中のメール等々が
ちゃんと LANケーブル外したローカル環境でメール本文が見れました。


これがご希望の状態ではないでしょうか。



では。




.

(環境: WinXP SP3/Other)

hide さん(投稿:2012/07/17(Tue)15:57:36,環境:Win7/Other)
maji です。
今の環境は WinXP(SP3) + Thunderbird(14.0) です。


# 直前の投稿したのが日本語表現そのものがオカシかったので
# 修正し再投稿します。お騒がせしました。



> Thunderbird13.0.1を使っています。

> IMAPでメールの受信を行っているのですが、
> フォルダをいちいち開かずとも、全てのメールを自動的に
> ローカルにダウンロードするためにはどうすればよいのでしょうか!?


別投稿で質問あったの向けに IMAPのテストしていて見付けたのですが
Thunderbird 14.0 にて新規に IMAPアカウントを作ったところ

「ツール」→「アカウント設定」→(懇意設定されたアカウント)→「同期とディスク領域」

の左側一番上の「メッセージの同期」欄の

「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保持する」

のチェックをした状態で、ご希望の設定と同じ動作なりました。
ちなみに
新規設定直後はチェックが付いた状態であり
上記チェックのさらに右横の端の方に「詳細」てなボタンがあり
これ押して次の画面を出してみると
サーバ側と同期取った後の全(メール)フォルダが現れ
全てのダウンロードににチェックが入っていました。

なおこの機能は
Thunderbird のどの版からサポートされてるのかはワカリマセンが
13.0 でも同様にサポートされてるみたいです。

プロファイルも含めて 14.0環境をキレイに消して
新規に 13.0 をインストールし IMAPメールアカウント 1個だけ作り
上記の設定のままで Thunderbird画面ほとんど触らずに
(→実際には受信トレイだけは 1回クリックした)(→他のフォルダは全く触れていない)
最下段のステータスバーの部分に 何通分の何通 の表示が変化するのジィ〜ッと見つめ
同バーに何も表示されなくなり同期ダウンロード落ち着いたと思われるタイミングまで待ち、
パソコンから常時接続用の LANケーブルを抜き
Thunderbirdの受信トレイ以外のメールフォルダクリックしメール確認したところ
送信済みトレイの中のメールや
サーバ側で振り分けてる迷惑メールフォルダの中のメール等々が
ちゃんと LANケーブル外したローカル環境でメール本文が見れました。


これがご希望の状態ではないでしょうか。



では。




.


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -