過去ログ表示


過去ログ 384 を表示

トピック内全 7 記事中の 1 〜 7 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

.TMPフォルダが消えません
(#57006) このトピック中1番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

Windows 7 ProfessionalでThunderbird 17.0.7を使用しています。
このたび、ノートPCの紛失対策として、AppDataフォルダ内のThunderbirdフォルダを、「プロパティ」>「全般」の「属性」の詳細設定>「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にて暗号化してみました。
送受信とも問題なくできるのですが、数分たった頃、「EFS0.TMP」「EFS1.TMP」といったような一時ファイルのフォルダが複数できていることに気づきました。(受信メールを複数のフォルダに分けて保存していますが、どうもそれらに対応して生成されているようです)
再起動してみても消えません。これは、暗号化してしまったことによって起こった現象だと思いますが、回避方法はございますでしょうか?
そもそもAppDataフォルダ内のThunderbirdフォルダを暗号化するのはよろしくないのでしょうか?(とあるサイトで、メールデータが保存されているフォルダを暗号化することを、紛失対策として推奨されていましたので、そのようにしました)
ご教示いただければ幸いです。 Sad

Re: .TMPフォルダが消えません
(#57007) このトピック中2番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

> これは、暗号化してしまったことによって起こった現象だと思いますが、回避方法はございますでしょうか?

暗号化によるものであれば、ここでお聞きになっても解決策はおそらく出てこないでしょう。
該当ソフトのフォーラムやサポートでお聞きなるのがよろしいかと。


> そもそもAppDataフォルダ内のThunderbirdフォルダを暗号化するのはよろしくないのでしょうか?(とあるサイトで、メールデータが保存されているフォルダを暗号化することを、紛失対策として推奨されていましたので、そのようにしました)

Thunderbirdは暗号化されたフォルダへの保存は、標準では想定していないでしょうから、何らかの障害が出る可能性はあると思います。

Re: .TMPフォルダが消えません
(#57008) このトピック中3番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

早速のご教示ありがとうございます。
やはり、そうですよね…
送受信自体は問題なくできているので、TMPフォルダは無視して使うことにします。

Re: .TMPフォルダが消えません
(#57009) このトピック中4番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

たびたび失礼いたします。

Thunderbirdフォルダを暗号化したままの仕様はやはり無理があると感じたので、復号したのですが、今度はTMP.msfフォルダが2倍になってしまいました(苦笑)
この不要なフォルダを消す方法はおわかりになりますでしょうか。

ちなみに、AppData>Roaming>Thunderbird>Profiles>Mailから、該当のフォルダを削除して再起動してみたのですが、Thunderbirdが立ち上がった瞬間に、同じ数分のTMP.msfフォルダが、同じ場所に生成されます。

割と困っております…素人の浅知恵で暗号化なんてするんじゃなかったです(汗) Embarassed

Re: .TMPフォルダが消えません
(#57010) このトピック中5番目の投稿
(環境: WinNT/Other)

#57009 の blanche さん(投稿:2013/07/23(Tue)20:08:42,環境:Win7/Other)
maji と申します。

-----

> 今度はTMP.msfフォルダが2倍になってしまいました(苦笑)
> この不要なフォルダを消す方法はおわかりになりますでしょうか。

「 TMP.msfフォルダが2倍になってしまいました 」が
何がどうなったのかワカリマセンが、、、、、
Thunderbirdとして一般的だと思われる範囲で、、、

一般的には Inbox と Inbox.msf の様に
もし AAA と AAA.msf があるとすると
AAA は「AAA」てな名前のメールボックス本体で
AAA.msf はその要約ファイルです。

所定の場所に TMP という名前のファイルがあっってそれをメールボックスファイルと Thunderbirdが見なすと
自動的に TMP.msf という名前の要約ファイルを作ります。

よってそれらを懸想と思うと
Thunderbirdを修理用させた状態で
TMP とその対となる TMP.msf の両方を削除すれば
次に Thunderbird起動した際には TMP.msf は作られないはずです。

ただし
もし TMP と TMP.msf があったとして
その TMP と TMP.msf の両方を消して
それでも TMP.msf が復活するようであれば
お使いのプロファイルそのものが可笑しくなってる可能性が大です。
もし可笑しくなってるのであれぱ
それに固執するのではなく新しいプロファイルを作られた方が無難だと思います。

-----

#57006 にて

> (とあるサイトで、メールデータが保存されているフォルダを暗号化することを、
>  紛失対策として推奨されていましたので、そのようにしました)

とありますが
その「とあるサイト」とは具体的にどこでしょうか。

本来であれば「とあるサイト」の記述の通り処置して可笑しくなったのであれば
それは本来は「とあるサイト」側に問い合わせすべきだと思いますが
そもそもその「とあるサイト」がどんな記述されているか
そもそも Thunderbird を意識した記載だったのかどうか
そのあたりを知っておきたいので、、、。。。

-----

では。



.

Re: .TMPフォルダが消えません
(#57012) このトピック中6番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

maji様、ご返答ありがとうございます。

AppDataフォルダ内の該当メアドのプロファイルを見てみたのですが、
実は.msfファイルしかなかったです。
(majiさんがおっしゃるところの「AAA.msf」だけがあり、「AAA」がない
状態ですね)
仕方ないので、その.msfファイルのみを消したのですが、やっぱり
Thunderbirdを再起動すると、同じ数だけフォルダができてしまいました。

> ただし
> もし TMP と TMP.msf があったとして
> その TMP と TMP.msf の両方を消して
> それでも TMP.msf が復活するようであれば
> お使いのプロファイルそのものが可笑しくなってる可能性が大です。
> もし可笑しくなってるのであれぱ
> それに固執するのではなく新しいプロファイルを作られた方が無難だと思います。

そうですね。どうやってもダメっぽかったので、
思い切って一度Thunderbirdをアンインストールして、プロファイルを作り直し、
問題ないファイルのみ移動させたところ、ようやく問題のフォルダ群が消えました。

>>(とあるサイトで、メールデータが保存されているフォルダを暗号化することを、
>>  紛失対策として推奨されていましたので、そのようにしました)
>
> とありますが
> その「とあるサイト」とは具体的にどこでしょうか。
>
> 本来であれば「とあるサイト」の記述の通り処置して可笑しくなったのであれば
> それは本来は「とあるサイト」側に問い合わせすべきだと思いますが
> そもそもその「とあるサイト」がどんな記述されているか
> そもそも Thunderbird を意識した記載だったのかどうか
> そのあたりを知っておきたいので、、、。。。

ご参考まで、以下のサイトです↓

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/notesec/notesec_05.html

このページの中段あたりにメールデータの暗号化について書かれています。
ただ、ここで言及(というほどではないですが)されているのは
「Outlook/Outlook Express」のみですね。

私のようにメールフォルダを暗号化する人がいないのか、検索してもなかなか
似たような状況に陥っている方がおらず、困っておりました。
maji様、pal様、ご返答いただき、ありがとうございました。
済!
Re: .TMPフォルダが消えません
(#57016) このトピック中7番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

#57012 の blanche さん(投稿:2013/07/24(Wed)16:41:44,環境:Win7/Other)
maji です。


> そうですね。どうやってもダメっぽかったので、
> 思い切って一度Thunderbirdをアンインストールして、プロファイルを作り直し、
> 問題ないファイルのみ移動させたところ、ようやく問題のフォルダ群が消えました。

Thunderbird本体かプロファイルかは別として
どこかにダメージ出来てしまい
それを
 ・Thunderbirdのアンインストール&新規再インストール
 ・プロファイルも新規に作り直し
で解消したとの事、
了解しました。

お疲れ様でした。


> >>(とあるサイトで、メールデータが保存されているフォルダを暗号化することを、
> >>  紛失対策として推奨されていましたので、そのようにしました)
>>とありますが
>>その「とあるサイト」とは具体的にどこでしょうか。

> ご参考まで、以下のサイトです↓

> http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/notesec/notesec_05.html

> このページの中段あたりにメールデータの暗号化について書かれています。
> ただ、ここで言及(というほどではないですが)されているのは
> 「Outlook/Outlook Express」のみですね。

サイト拝見しました。

マイクロソフトの Windows標準の機能の様なので
Outlook や Outlook Express での動作保障は当然ではありますね。
上記サイト記事にも
「アプリケーションによっては動作に支障をきたすものがある」
と説明記述あり
かついくつか例も記載ありますが
このあたりは個別に検証が必要でしょう。

なお Outlook Express は忘れちまいましたが
たしか Outlook はプロファイル自体が一つの大きなファイル( 〜.pst )で
ファイルアクセスは 1ファイル相手で済むので
今回のサイト記載の暗号化方式は有効かもしれません。
ただし Thunderbird のプロファイルは複数のフォルダとファイルの集合体なので
今回の記事に紹介された方式は不向きなのかもしれませんね。

ちなみに私の場合は
ここのフォーラムのテーマから外れるので詳細省略しますが
自宅のパソコン(ノート機を含む)では
暗号化された仮想ディスクを作るフリーな暗号化アプリを使っていて
自分が使うときだけマウントして使っています。
マウントする前の状態は単なる暗号化されたデカいファイル 1個です。
このあたりは
ご自身でいろいろ探してみて自己責任にてトライください。


では。



.


このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -