過去ログ表示


過去ログ 388 を表示

トピック内全 3 記事中の 1 〜 3 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

下書きフォルダのメッセージを重複して編集する
(#57414) このトピック中1番目の投稿
(環境: Win 7/Opera9)

下書きフォルダにあるメッセージをダブルクリックすることで
メッセージを編集できることは皆さんご存知の通りです。

つい先日までは編集中のメッセージを下書きフォルダで再度
ダブルクリックすることでいくつでも編集中のメッセージの
ウィンドウを増やせていたのですが、突然出来なくなって
しまいました。
こうすることで下書きフォルダのメッセージをテンプレート
代わりに出来ていたのですが、突然複数編集することが出来なく
なってしまい不便です。

どなたか元に戻せる方法をご教授ください。

現在のVer.は24.0.1で、うろ覚えですがVer.アップかわかりま
せんが新しい機能を説明するタブが立ち上がってからこうなって
しまいました。 Sad

(環境: WinXP SP3/Other)

> つい先日までは編集中のメッセージを下書きフォルダで再度
> ダブルクリックすることでいくつでも編集中のメッセージの
> ウィンドウを増やせていたのですが、突然出来なくなって
> しまいました。
> こうすることで下書きフォルダのメッセージをテンプレート
> 代わりに出来ていたのですが、突然複数編集することが出来なく
> なってしまい不便です。

(A) 元のドラフトを、draft-0 として、draft-0を、win-1とwin-2のメール作成ウィンドウで開いた場合、win-1で編集してmail-1-1にしてドラフトに保存すると、draft-0を削除してmail-1-1を保存し、win-2で編集してmail-2-1にしてドラフトに保存すると、draft-0を消そうとするが既に無いので旧バージョンの削除は失敗し、mail-2-1を保存します。
(B) この時、win-2で編集していて、事情があって編集をキャンセルすると、win-1によって元々のdraft-0は既に削除されてしまっているので、後でdraft-0を元にmail-2-1を作ることが不可能になります。

普通、ユーザーは、どのドラフトを編集していて、今何番目のバージョンが保存されているかなんて気にしませんから、(B)の「win-1によって元々のdraft-0は削除されてしまっているので、後でdraft-0を元にmail-2-1を作ることが不可能」というのは、ユーザーにとっては立派なデータロスであり、バグが開かれて、一つのドラフトメールに対して複数の編集画面を起動しないようにするリクエストがでていました。
アドオンのせいとか、新しい問題のためにどういうわけか複数開かない、というのでなければ、このバグがフィックスされたのでしょう。

> どなたか元に戻せる方法をご教授ください。

バグがフィックスされたのならば、テンプレート用にはちゃんとテンプレートフォルダーが用意されていて保存する時にドラフトかテンプレートか選択するだけなのに、一つのドラフトで複数のメール作成画面を開くように戻せ、というバグを開いたって、デベロッパーの失笑を買うだけでしょう。
どうしても必要ならば、自分でアドオンを作るか、札束で頬をひっぱたいで誰かにアドオンを作らせるか、あるいは、誰かに泣きついて土下座してでもアドオンを作ってもらう(^^)

(環境: Win 7/Opera9)

早速のご回答ありがとうございます。

バグだったとは思いもよりませんでした。
毎回内容が少しずつ変化するメールを作成していましたので、
最後のメールをテンプレートにすることができる複数起動が
非常に使い勝手がよかったのですが残念です。

ありがとうございました。
済!

このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -