過去ログ表示


過去ログ 390 を表示

トピック内全 17 記事中の 1 〜 10 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

HTML形式での送信について
(#57612) このトピック中1番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

使用環境 Thunderbird24.2.0 IE10 Windows7 SP1

Thunderbird17.0.Xが入っていたパソコンにアンインストールせずThunderbird24.2.0をインストール(アップグレード)しました。
メールを装飾しHTMLで送信するのですが、送信済みのメールも相手の受信メールもプレーンテキストになってしまいます。アップグレードする前は問題なく送れていたのですがこれはどこが問題なのでしょうか?
ちなみに、アドレス帳の使用メール形式は「HTML」となっている社内の人に送ろうとしています。

Re: HTML形式での送信について
(#57613) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> メールを装飾しHTMLで送信するのですが、送信済みのメールも相手の受信メールもプレーンテキストになってしまいます。

HTMLをサポートしないメーラーが多かった頃(携帯電話はそうでしたよね)からの伝統の、テキストで済むはずのものはtext/plainで送る、という機能によるものでしょう。
以下のDependency treeを見ると、バグが一杯開かれていることがよくわかります。
https://bugzilla.mozilla.org/showdependencytree.cgi?id=889315&hide_resolved=0
<tt>タグがあったらtext/plainで送るべきでない、なんてなことを言うから、<tt>は必要、いや無視できる、なんてな不毛の議論になってしまうものも多い(^^)

大きく分けて、
(i)あるタグは無視しないでtext/htmlで送るようにしてほしい、
(ii)送信形式のメニューのデフォールトを変えられるようにしてほしい、
(iii)アドレス帳に入っていない場合に、text/plainで送るべきであると判定せずに、もうそろそろいい加減に、text/htmlを受け入れ可能だと考えて、無理矢理text/plainで送るなんてことはせずに、言われたとおりに素直にtext/htmlで送って欲しい、
text/plainに勝手に変えるのは、アドレス帳で明示的に「textで送るべし」と指定した時だけに限定して欲しい、
という要望の系統があります。

非常に簡単な抜け道は、ちゃんとあります。
「text/htmlで送らないといけない、と、大きなお世話の機能に思わせる。」
(a) HTMLシグネチャーに、<B></B>とか<I></I>とかの、全く影響をおよぼさないタグを入れておく、
(b) HTMLメール作成時の文字色あるいは背景色の設定を、デフォールトの#000000や#FFFFFFでなく、#000001とか#FFFFFEに変える。
デフォールトの設定でもFONT color=#000000なんてなタグを作り出すんだから、こうしたからといって別段どうってことはない。

どのタグとかどのような条件の時なら無視しても正統なメールとして受け入れられるか、なんてことは、論理的に筋だって決めているはずはないから、たったこれだけでOKです(^^)

Re: HTML形式での送信について
(#57614) このトピック中3番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

早速のご回答有難うございます。
すみません。簡単な抜け道の部分が無知なもので理解がほとんどできませんでした。
こちらの希望としては、アドレス帳でHTML形式としている人以外へはプレーンで送りたいのですが、結局のところ簡単な設定はないということでしょうか?
ただ、Thunderbird17までは今までの設定で正常に動いていたのでどうにも諦めきれないのですが・・・

Re: HTML形式での送信について
(#57616) このトピック中4番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> こちらの希望としては、アドレス帳でHTML形式としている人以外へはプレーンで送りたいのですが、

HTMLメールで作成しているにも関わらずtext/plainで送りたい、ということですか?

HTMLメールで作成し、
To: (A) アドレス帳に登録してあって、HTML形式を明示指定
To: (B) アドレス帳に登録してあって、Text形式を明示指定
To: (C) アドレス帳に登録してあって、形式を指定していない
To: (D) アドレス帳には登録していない
の時に、
(1) ある人にはHTMLで、ある人にはテキスト?
これは昔も今も無理で、
(2-1) (A)とそれ以外が混じっている時には、聞いてくる設定にすればどうするか聞いてくるからいいのだが、
(2-2) (B)/(C)/(D)だけで(A)が居ないと、勝手にtext/plainにしてしまう、
(2-3) (C)/(D)だけだと、勝手にtext/plainにしてしまう、
という時の、
(2-3)において勝手にtext/plainにしてしまうを止めさせる、というのが、あの「抜け道」で、
(2)全体において、(C)/(D)についてはもうそろそろtext/htmlでOKにしてよぉ、というのが、(iii)の要望です。

(イ) HTMLメールで作成し、To: (A) アドレス帳に登録してあって、HTML形式を明示指定⇒ text/html で送信、
(ロ) HTMLメールで作成し、To: (B) アドレス帳に登録してあって、Text形式を明示指定⇒ text/plain で送信、
(ハ) HTMLメールで作成し、To: (C) アドレス帳に登録してあって、形式を指定していない⇒ text/????、
(ニ) HTMLメールで作成し、To: (D) アドレス帳には登録していない⇒ text/????、
での、(イ) /(ロ) という、Auto-Detectの趣旨通りの使い方での話のようですね。

> ただ、Thunderbird17までは今までの設定で正常に動いていたのでどうにも諦めきれないのですが・・・

(ハ)や(ニ) でtext/htmlで送りたいのにtext/plainで送られてしまう、という話であって、
Tb 17ではOKだった、は、たまたま違う相手とか宛先の組み合わせが違っていたり、シグネチャーの設定でtext/htmlになっていた、と、勘違いしてました。

となると、(イ)や(ロ) における、個々の宛先のアドレス帳の登録における形式指定の話ではなくて、
(ハ)や(ニ) において、HTMLドメイン指定(あるいはテキストドメイン指定)が無視される、という問題ではないですか?
つまり、「アドレス帳」ではなくて、「ツール/オプション/Composition/Send Options」の話。
これは、Tb 24で報告されていたような記憶が...

アドレス帳に全部登録して、(ハ)や(ニ) ではなく(イ)や(ロ) の状態にしてしまう、というのは多分有効だとは思うけど、単に登録しただけでは「Unknown」にしてしまうし、そんな簡単な話ではない。ましてや継続的な維持管理なんて到底無理な話。
確実なのは、送信の前に、必ずメニューから送信形式を明示指定。

Re: HTML形式での送信について
(#57617) このトピック中5番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

説明不足でした。まずツール−オプション−編集−送信テキスト形式は「プレーンテキストで送信」としています。
ただこの機能の説明にはアドレス帳でプレーンテキストを設定している人にHTMLをプレーンにして送るという趣旨のことが書かれていたのでこのように設定しています。
次にアドレス帳ですがHTML形式で送る可能性がある人だけ「HTML」と明示しております。


> HTMLメールで作成しているにも関わらずtext/plainで送りたい、ということですか?
違います、HTMLで作成したものは、
> To: (A) アドレス帳に登録してあって、HTML形式を明示指定
(A)この場合HTMLで送信したいのですが、TB24にしてからHTMLではなくプレーンに変換されてしまいます。
ただし、送信テキスト形式を「HTMLで送信」や「プレーンとHTML両方で送信」に変更した場合はHTMLで送信されましたが、この設定にすると(B)〜(D)に当てはまる人にもHTMLで送られてしまいました。(TB17の人で試した際は問題なくプレーンに変換されました)
> To: (B) アドレス帳に登録してあって、Text形式を明示指定
> To: (C) アドレス帳に登録してあって、形式を指定していない
> To: (D) アドレス帳には登録していない
(B)〜(D)この場合はプレーンに変換されて構わないです。

> (イ) HTMLメールで作成し、To: (A) アドレス帳に登録してあって、HTML形式を明示指定⇒ text/html で送信
結局のところ、TB24にしてからこの部分の動作がおかしくなってしまい。アドレス帳でHTMLと明示しているにも関わらずプレーンに変換されてしまうのです。

もうこれはTb24の仕様の問題なのでしょうか?

Re: HTML形式での送信について
(#57622) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> 説明不足でした。まずツール−オプション−編集−送信テキスト形式は「プレーンテキストで送信」としています。
> ただこの機能の説明にはアドレス帳でプレーンテキストを設定している人にHTMLをプレーンにして送るという趣旨のことが書かれていたのでこのように設定しています。
> 次にアドレス帳ですが、HTML形式で送る可能性がある人だけ「HTML」と明示しております。
>>HTMLメールで作成しているにも関わらずtext/plainで送りたい、ということですか?
> 違います、

念のための確認。

Tbや各アカウントの差出人情報でのメール作成時のデフォールトでの設定である「テキストメール」で作成しているにも関わらず、アドレス帳でHTMLを指定している人にはtext/htmlで送りたい、ということですか?
そして、Tb 17ではそれができていた、と。

それとも、Tbや各アカウントの差出人情報でのメール作成時のデフォールトでの設定は「テキストメール」であるが、アドレス帳でHTMLを指定している人だと、Tb 17では、特に明示的にHTMLモードを指定しなくてもHTMLで作成されて、text/htmlで送られていた、ということですか?

>>To: (B) アドレス帳に登録してあって、Text形式を明示指定
>>To: (C) アドレス帳に登録してあって、形式を指定していない
>>To: (D) アドレス帳には登録していない
> (B)〜(D)この場合はプレーンに変換されて構わないです。

明示的であれ暗黙的であれ、HTMLモードでメールを作成した時に、(B)〜(D)においてtext/htmlで送られることは許容できる、ということですか?

> ただし、送信テキスト形式を「HTMLで送信」や「プレーンとHTML両方で送信」に
> 変更した場合はHTMLで送信されましたが、
> この設定にすると(B)〜(D)に当てはまる人にもHTMLで送られてしまいました。
> (TB17の人で試した際は問題なくプレーンに変換されました)

「TB17の人で試した際は問題なくプレーンに変換された」は、「(B)〜(D)に当てはまる人にもHTMLで送られてしまったこと」は問題である、を意味するのですか?
それとも、それは問題ではない、のですか?

> HTMLで作成したものは、
> >To: (A) アドレス帳に登録してあって、HTML形式を明示指定
> (A)この場合HTMLで送信したいのですが、
> TB24にしてからHTMLではなくプレーンに変換されてしまいます。

最初の理解の通りの、HTMLモードで作成していて、text/htmlで送りたいのに、Tbが勝手にtext/plainで送ってしまう、というケースですよね。
それならば、アドレス帳でHTMLを指定していてもtext/plainにしてしまう、というのは、Tb 17でも起こるはずなんだが...

「HTMLモードで作成していて、Tbがtext/plainで送る」時の「テキストのメール」にはニ種類あって、
(α) HTMLを、指定どおりに、あるいは必要に応じて、HTML⇒テキスト変換したもの
(β) HTMLを、別にtext/htmlで送る必要は無い、と、Tbが勝手にHTML⇒テキスト変換したもの
があります。
同じ「HTML⇒テキスト変換」なので、内容は同じですが、意味合いが異なります。
(1) 送信前に明示的に送信形式を指定した時や(テキストのみ、テキストとHTMLの両方)、text/htmlとtext/plainの両方を送るべきとTbが判断した時は、(α)
(2) HTMLモードで作成していても、Tbが、text/htmlでなくても構わないと、text/htmlで送らずにtext/plainで送る場合は、(β)
と言えます。
この「Tbが、text/htmlでなくても構わない」と判断するHTMLの場合に、
アドレス帳でHTMLの人とテキストの人が混在すれば、その時に問い合わせるように設定していれば問い合わせてくるが、
混在していないと、アドレス帳の設定如何に関わらず(β) をtext/plainメールで送る、
というのは、Tb 17でも、基本的には同じだったはず。
アドレス帳でHTMLを指定した人だけの時の挙動が他の設定でどう変わるか、なんて知らないから、アドレス帳でHTMLを指定した人だけの時でもtext/plainで送られる、とは書きませんでしたが。

アドレス帳の使い方や他の設定の仕様などがTb 24で変わっていて、(2)になる条件が変わった、ということはあります。
「HTMLドメインモードの設定が無視される」という問題がTb 24にはあったはずなので、それも関係してくる可能性もあります。

> 簡単な抜け道の部分が無知なもので理解がほとんどできませんでした。

「簡単な抜け道」は、上記の「Tbが、text/htmlでなくても構わない、と判断する」部分の抜け道で、Tbに「text/htmlで送らないといけない」と思わせるためのものです。
バグをポイントしてあるから「HTMLモードで作成しているのにTbが勝手にtext/plainで送ってしまう」実例はいくらでも見られ、そこには色々書いてあります。
HTMLシグネチャーに<B><B>を入れる、ということや、色の値を1だけ変える、ということの、どこの何が理解できないのでしょう?
Tbのどこそこの設定のどこそこをあれからこれに変える、と書いてないからわからない?
なんでそんなアホくさいことをしないといけないのか、わからん?

> HTMLで作成したものは、
> >To: (A) アドレス帳に登録してあって、HTML形式を明示指定
> (A)この場合HTMLで送信したいのですが、
> TB24にしてからHTMLではなくプレーンに変換されてしまいます。

イメージを挿入、リンクを挿入、テーブルを挿入、文字色や背景色を変える、字形やフォントをあれこれ指定、など、ありとあらゆる「装飾」を施したHTMLメールでも起こるのですか?
もしそうだとすると、「他の設定にかかわらず、テキストドメインが適用されてしまう」という問題かもしれません。
この場合は、HTMLで作成してもテキストで送ることを要請されたので(α)を送った、という、明示的にテキストのみを送ることを指示したのと同じ結果になります。

Re: HTML形式での送信について
(#57626) このトピック中7番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

>念のための確認。

>Tbや各アカウントの差出人情報でのメール作成時のデフォールトでの設定である「テ
>キストメール」で作成しているにも関わらず、アドレス帳でHTMLを指定している人
>にはtext/htmlで送りたい、ということですか?
>そして、Tb 17ではそれができていた、と。

>それとも、Tbや各アカウントの差出人情報でのメール作成時のデフォールトでの設定
>は「テキストメール」であるが、アドレス帳でHTMLを指定している人だと、Tb 17
>では、特に明示的にHTMLモードを指定しなくてもHTMLで作成されて、text/html
>で送られていた、ということですか?

やはり説明が上手くなかったみたいです。
装飾して作成したメールを送る際に、アドレス帳でHTMLと指定している人にはHTML形式で送りたいということです。
ただしこの場合HTMLと指定していない人が混じっていない前提での話です。

>>>To: (B) アドレス帳に登録してあって、Text形式を明示指定
>>>To: (C) アドレス帳に登録してあって、形式を指定していない
>>>To: (D) アドレス帳には登録していない
>> (B)〜(D)この場合はプレーンに変換されて構わないです。

>明示的であれ暗黙的であれ、HTMLモードでメールを作成した時に、(B)〜(D)にお
>いてtext/htmlで送られることは許容できる、ということですか?

このB〜Dの場合はHTMLで作成しても必ずプレーンに変換されることが必要になります。

>> ただし、送信テキスト形式を「HTMLで送信」や「プレーンとHTML両方で送信」に
>> 変更した場合はHTMLで送信されましたが、
>> この設定にすると(B)〜(D)に当てはまる人にもHTMLで送られてしまいました。
>> (TB17の人で試した際は問題なくプレーンに変換されました)

>「TB17の人で試した際は問題なくプレーンに変換された」は、「(B)〜(D)に当てはまる人>にもHTMLで送られてしまったこと」は問題である、を意味するのですか?
>それとも、それは問題ではない、のですか?

問題があるを意味します。


> HTMLで作成したものは、
> >To: (A) アドレス帳に登録してあって、HTML形式を明示指定
> (A)この場合HTMLで送信したいのですが、
> TB24にしてからHTMLではなくプレーンに変換されてしまいます。

>最初の理解の通りの、HTMLモードで作成していて、text/htmlで送りたいのに、Tbが
>勝手にtext/plainで送ってしまう、というケースですよね。
>それならば、アドレス帳でHTMLを指定していてもtext/plainにしてしまう、という
>のは、Tb 17でも起こるはずなんだが...

そうなんですか、今までのところTb17でそのような現象は確認していませんが・・・

>「HTMLドメインモードの設定が無視される」という問題がTb 24にはあったはず
>なので、それも関係してくる可能性もあります。

Tb17では指定していなかったのですが、Tb24で指定してみてもうまく動作しませんでしたので、たしかにその問題はあると思います。
ですのでそこが改善されれば今回の問題も改善されるかもしれません。

とりあえずあまり時間がないので、TB24へあげるのは見送ろうと思います。
いろいろとご回答有難うございました。

Re: HTML形式での送信について
(#57627) このトピック中8番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> >最初の理解の通りの、HTMLモードで作成していて、text/htmlで送りたいのに、Tbが
> >勝手にtext/plainで送ってしまう、というケースですよね。
> >それならば、アドレス帳でHTMLを指定していてもtext/plainにしてしまう、という
> >のは、Tb 17でも起こるはずなんだが...
> そうなんですか、今までのところTb17でそのような現象は確認していませんが・・・

シグネチャーも何も無しで、フォントも文字色も背景色の設定なども変えず、単に「Hello World」とタイプしただけの、本当にtext/htmlである必要がないメールだと、起こりませんか?
テキストを指定した人、Unknownの人、アドレス帳未登録の人なども混在している場合に問い合わせを出さずに黙ってtext/plainにしてしまう、で、アドレス帳でHTMLを指定した人だけだとtext/htmlで送る、だったかもしれないですが。

> >>>To: (B) アドレス帳に登録してあって、Text形式を明示指定
> >>>To: (C) アドレス帳に登録してあって、形式を指定していない
> >>>To: (D) アドレス帳には登録していない
> >> (B)〜(D)この場合はプレーンに変換されて構わないです。
> >明示的であれ暗黙的であれ、HTMLモードでメールを作成した時に、(B)〜(D)においてtext/htmlで送られることは許容できる、ということですか?
> このB〜Dの場合はHTMLで作成しても必ずプレーンに変換されることが必要になります。

やっぱりね。
通りで、アドレス帳にHTMLで登録していたらどうしてもHTMLで送りたい、を何度も繰り返して説明するわけだ。
アドレス帳にテキストで登録していたらテキストで送らないといけない、が、対であるんですね。
で、こっちはなんら問題がないから、一切言及なし、と。

あの「抜け道」は、アドレス帳にきちんと登録してきちんと指定するとか、HTMLドメイン/テキストドメインできちんと登録する、などをしていないと、
シンプルなHTMLメールの時に、text/htmlである必要なし、と、勝手にtext/plainメールで送ってしまう、という問題の回避策で、
HTMLで作成したんだから、余計なことをせずに、常に普通にHTMLで送って欲しい、というユーザー向けのものです。
ほとんどのケースが、アドレス帳には既に登録されていて、でもデフォールトのUnknownなので、HTMLで作ったのにtext/plainメールで送られた、というものです。
アドレス帳にHTMLとして登録した人以外にはテキストで送られて欲しい場合には、意にかなった動きなわけで、問題にはなりえない話ですね。

> >「HTMLドメインモードの設定が無視される」という問題がTb 24にはあったはず
> >なので、それも関係してくる可能性もあります。
> Tb17では指定していなかったのですが、Tb24で指定してみてもうまく動作しませんでしたので、たしかにその問題はあると思います。
> ですのでそこが改善されれば今回の問題も改善されるかもしれません。

だいぶ前に、たまたま今日開かれたバグの一覧を見たときに、HTMLドメイン指定が無視される、というバグサマリーのものがあったように記憶していたのですが、やっぱりそういった問題がありましたか。
これが効けば、アドレス帳の設定が効かない問題があったとしても回避できそうなんですが、そうは問屋が卸してくれないようで...
もしかすると、「無条件に強制的にテキストドメインを適用してしまう」という問題で、アドレス帳にあろうが無かろうが、常にテキストで送ってしまう、という問題?
でも、そうだとすると、毎回送信形式を明示的に指定しない限りHTMLメールを送れなくなってしまうわけで、もっと大騒ぎになっても良さそうなものだが...

Re: HTML形式での送信について
(#57630) このトピック中9番目の投稿
(環境: WinNT/Other)

シロ さん(環境:Win7/Other)
WADA さん(環境:WinXP_SP3/Other)
maji です。




シロ> Thunderbird17.0.Xが入っていたパソコンに
シロ> アンインストールせずThunderbird24.2.0をインストール(アップグレード)しました。
シロ> メールを装飾しHTMLで送信するのですが、
シロ> 送信済みのメールも相手の受信メールもプレーンテキストになってしまいます。
シロ> アップグレードする前は問題なく送れていたのですがこれはどこが問題なのでしょうか?

WADA> シグネチャーも何も無しで、
WADA> フォントも文字色も背景色の設定なども変えず、
WADA> 単に「Hello World」とタイプしただけの、
WADA> 本当にtext/htmlである必要がないメールだと、
WADA> 起こりませんか?

WADA> アドレス帳にテキストで登録していたらテキストで送らないといけない、
WADA> が、対であるんですね。



話を以下の通り単純化し
Win8.1 + Thunderbird は 17.0.8 と 24.2.0 とで
念の為に
それぞれプロファイルも含めバッサリ削除し新規インストールした環境にて
その都度にアドレス帳も作り直して テスト してみました。

やった事は以下の通りです。

-----(ここから)

ツール−アカウント設定−編集とアドレス入力−編集−「HTML形式でメッセージを編集する」にチェック(規定値)
ツール−オプション−編集−送信テキスト形式は「プレーンテキストに変換して送信する」を選択。

アドレス帳に、Aさん→ HTML形式、Bさん→テキスト形式、と指定する。

AさんBさんそれぞれ宛て別メール(→1通1名のみ宛て)にて
シグネチャ無しで背景も変えず
短い文面で文字のフォントサイズや色だけを変えた HTML形式メールを作り
別々に発信(送信)する。

送信した後に 送信済トレイ でメール内容を確認すると共に
Thunderbirdではない別のメーラーでAさんBさんメールを受信し
メール書式(プレーンか HTML形式か)を確認する。

-----(ここまで)

上記操作を新規インストール直後の 17.0.8 と 24.2.0 とでやったところ
17.0.8 では
Aさん(アドレス帳: HTML指定)宛メールは HTML形式で送信され
Bさん(アドレス帳:テキスト形式)宛はテキスト形式で送信され
24.2.0 では
Aさん(アドレス帳: HTML指定)宛も Bさん(アドレス帳:テキスト形式)宛も
両方ともにテキスト形式で送信されてました。

シロ さんがおっしぉっていた

シロ> Thunderbird17までは今までの設定で正常に動いていたので

については当方でも再現出来ました。

以上
単なる動作確認報告だした。

では。




.

Re: HTML形式での送信について
(#57641) このトピック中10番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

majiさんわざわざ動作確認して頂きありがとうございました。
これからのプログラムの修正に期待したいと思います。


[ 次のトピック内容10件 ]
このトピックの全ページ / [0] [1]

返信不可


- Child Tree -