過去ログ表示


過去ログ 393 を表示

トピック内全 8 記事中の 1 〜 8 番目を表示
[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]
このトピックの全ページ / [0]

Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57873) このトピック中1番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

Firefox28.0で使用を継続していると メモリ消費量が増えます。
Firefoxを立ち上げたままでメモリ消費量を減らす方法はありませんか?
よろしくお願いします。

Re: Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57874) このトピック中2番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> Firefox28.0で使用を継続していると メモリ消費量が増えます。
> Firefoxを立ち上げたままでメモリ消費量を減らす方法はありませんか?
> よろしくお願いします。

「Firefoxのメモリ消費量」とは、何を指すのでしょう?
Winのタスクマネージャーで、firefox.exeについて表示される、あるカラムの数字のことですか?
もしそうだとすると、Virtual Memory Size? それとも、Working Set Size?
あるいは、カウンターログで表示される、そのような数字?

Win-XPでは「メモリーサイズ」と呼んでいたタスクマネージャーのカラムの数値のことならば、
config.trim_on_minimizeがFirefoxでもまだサポートされていれば、の話ですけど
config.trim_on_minimize=trueにしてFirefoxを再起動し、しばらく使ったあと、Firefoxを最小化して放置すれば、
MS Winがその数字をゼロにしてくれて、そのあと直ぐに全リアルメモリーの引き剥がしにかかってくれますから、お望みどおりに数値を減らせます。
そのあと、Firefoxを戻した時に、Firefoxが動くときに参照する部分が全部もう一度スワップインされて、フリーズ状態でなく、安定したレスポンスタイムで動けるようになるまでの時間がかかりますけど。

「仮想メモリーサイズ」というような、タスクマネージャーのカラムの数値のことならば、そのような方法はない。終了して再起動、のみ。
再起動したときやしばらく使った後の数値のことならば、デベロッパーにお願いして、JavaScriptオブジェクトやC++オブジェクトを駆使しての富豪的プログラミングを停めて、MS DOS時代に戻ってもらう(^^)

タスクマネージャーのカラムに表示される数値に振り回されてはいませんか?
一度、config.trim_on_minimize=trueにして起動し、時々最小化して放置、しばらくして戻す、を何度かやると、Working Set Sizeに表示される数値が、Firefoxが普通に動く時に必要なリアルメモリー量の目安として使えます。

Re: Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57881) このトピック中3番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

> > Firefox28.0で使用を継続していると メモリ消費量が増えます。
>>Firefoxを立ち上げたままでメモリ消費量を減らす方法はありませんか?
>>よろしくお願いします。
>
> 「Firefoxのメモリ消費量」とは、何を指すのでしょう?
> Winのタスクマネージャーで、firefox.exeについて表示される、あるカラムの数字のことですか?
> もしそうだとすると、Virtual Memory Size? それとも、Working Set Size?
> あるいは、カウンターログで表示される、そのような数字?
>
> Win-XPでは「メモリーサイズ」と呼んでいたタスクマネージャーのカラムの数値のことならば、
> config.trim_on_minimizeがFirefoxでもまだサポートされていれば、の話ですけど
> config.trim_on_minimize=trueにしてFirefoxを再起動し、しばらく使ったあと、Firefoxを最小化して放置すれば、
> MS Winがその数字をゼロにしてくれて、そのあと直ぐに全リアルメモリーの引き剥がしにかかってくれますから、お望みどおりに数値を減らせます。
> そのあと、Firefoxを戻した時に、Firefoxが動くときに参照する部分が全部もう一度スワップインされて、フリーズ状態でなく、安定したレスポンスタイムで動けるようになるまでの時間がかかりますけど。
>
> 「仮想メモリーサイズ」というような、タスクマネージャーのカラムの数値のことならば、そのような方法はない。終了して再起動、のみ。
> 再起動したときやしばらく使った後の数値のことならば、デベロッパーにお願いして、JavaScriptオブジェクトやC++オブジェクトを駆使しての富豪的プログラミングを停めて、MS DOS時代に戻ってもらう(^^)
>
> タスクマネージャーのカラムに表示される数値に振り回されてはいませんか?
> 一度、config.trim_on_minimize=trueにして起動し、時々最小化して放置、しばらくして戻す、を何度かやると、Working Set Sizeに表示される数値が、Firefoxが普通に動く時に必要なリアルメモリー量の目安として使えます。



回答ありがとうございます。
config.trim_on_minimize=trueにしてFirefoxを再起動し、しばらく使ったあと、Firefoxを最小化しても使用メモリは変わりません。

Re: Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57883) このトピック中4番目の投稿
(環境: Other/Other)

>Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法

私が知る限り、メモリ消費量を元にまで戻す方法は再起動以外ありません。

>Firefox28.0で使用を継続していると メモリ消費量が増えます。
>Firefoxを立ち上げたままでメモリ消費量を減らす方法はありませんか?

メモリの消費を減らすというより、メモリを消費する要因を予め排除する、という発想に転換されたらいかがでしょうか。それには主に以下の方法等が考えられます。

1. アドオンを減らす
2. 不要なプラグインを削除
3. 代替可能な軽いアドオンを探す
4. 頻繁に使わないアドオンを無効化し、使う時だけ有効化
5. 頻繁に使わないプラグインを無効化し、使う時だけ有効化
6. タブを開きすぎない
7. こまめにキャッシュの削除をする
8. about:config の設定でメモリ消費に影響する項目を調整する
(例 http://amaebi.net/archives/2035660.html

Re: Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57884) このトピック中5番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

> config.trim_on_minimize=trueにしてFirefoxを再起動し、しばらく使ったあと、Firefoxを最小化しても使用メモリは変わりません。

config.trim_on_minimize=true が効くのは WinXP までです。
Vista 以降では config.trim_on_minimize の真偽値に関わらず無効になります。

Re: Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57885) このトピック中6番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> > config.trim_on_minimize=trueにしてFirefoxを再起動し、しばらく使ったあと、Firefoxを最小化しても使用メモリは変わりません。
> config.trim_on_minimize=true が効くのは WinXP までです。
> Vista 以降では config.trim_on_minimize の真偽値に関わらず無効になります。

「Vista以降」ということは、以下のコードですよね。
> http://mxr.mozilla.org/mozilla-central/source/widget/windows/nsWindow.cpp#615
> 452 nsWindow::Create(nsIWidget *aParent,
> 611 // If the internal variable set by the config.trim_on_minimize pref has not
> 612 // been initialized, and if this is the hidden window (conveniently created
> 613 // before any visible windows, and after the profile has been initialized),
> 614 // do some initialization work.
> 615 if (sTrimOnMinimize == 2 && mWindowType == eWindowType_invisible) {
> 616 // Our internal trim prevention logic is effective on 2K/XP at maintaining
> 617 // the working set when windows are minimized, but on Vista and up it has
> 618 // little to no effect. Since this feature has been the source of numerous
> 619 // bugs over the years, disable it (sTrimOnMinimize=1) on Vista and up.
> 620 sTrimOnMinimize =
> 621 Preferences::GetBool("config.trim_on_minimize",
> 622 IsVistaOrLater() ? 1 : 0);

これ、bug-org 369002 : config.trim_on_minimize does nothing on Vista/Win7 で、やっていました。
config.trim_on_minimize=trueにしても、Vistaでは、タスクマネージャーのWoking Set Sizeの数値が小さくならない、だから、Vista以降は、config.trim_on_minimize=trueにはメモリー使用量を減らす効果が無い、というバグで...

sTrimOnMinimizeを参照したりセットしているのは以下のところです。
> http://mxr.mozilla.org/mozilla-central/search?string=sTrimOnMinimize
mWindowType == eWindowType_invisibleの時だけだから、一部の隠しウィンドウだけかと思ったのですが、そうではないようですね。
sTrimOnMinimize はシステムで一つだけだから、Vista以降は、一旦sTrimOnMinimize=1にすると、誰もconfig.trim_on_minimize=trueを見てsTrimOnMinimize=2にセットしないから、
あるいは、誰かがconfig.trim_on_minimize=trueを見てsTrimOnMinimize=2にセットしても、Vista以降は、ここでsTrimOnMinimize=1をセットするから、
Vista以降は、config.trim_on_minimize=trueによってsTrimOnMinimize=2がセットされることは、起こり得ない。

でも、コメントを見ればわかるように、完全にconfig.trim_on_minimize=trueについて、勘違いしている...
config.trim_on_minimize=true ⇒ sTrimOnMinimize=2 === 「internal trim prevention logic」を無効化するモード
config.trim_on_minimize=false ⇒ sTrimOnMinimize!=2 === 「internal trim prevention logic」を有効化するモード
なのだから、
わかっていれば、「2K/XPでは有効だったinternal trim prevention logicが、Vista以降では効果が薄いから」云々、と書くはずが無い。
このコードは、「internal trim prevention logicを無効化するモード」を、Vista以降はなくして、Vista以降は、常に「internal trim prevention logicを有効するモード」で動くようにしているのですから。
「internal trim prevention logic」を、メモリー消費量を減らすためのロジック、とでも思い込んでいるのでしょう。

"numerous bugs over the years"については、誰かがこの機能のことを勘違いして、一度これをデフォールトでtrueにする、なんてなことをやったものだから、
当然、最小化したあと元に戻すときに、かなりの量のスワップインが必要になり、また同時にその時に他のアプリのスワップアウトなども起こって、しばらくフリーズ、が多くのユーザーのところで起こり、
それでバグが一杯開かれて、バグの中でも大混乱が発生、というだけの話。
この機能そのものの問題ではなくて、勘違いでデフォールトをオンにする、ということによる問題なんだから、
一時的にconfig.trim_on_minimize=trueにする必要があるユーザー用に、デフォールト=オフにしておくだけでいいものを...

ま、 「internal trim prevention logicを無効化するモード」を使えなくしただけで、常に「internal trim prevention logicを有効化するモード」で動くようにしただけだから、いいんですけど。
でも、これで、Vista以降は、ある時点で普通に動くために実際に必要なリアルメモリー量を、config.trim_on_minimize=trueとタスクマネージャーのWorking Set Sizeの値で調べる、という道が閉ざされてしまった...

Vista以降で、firefox.exeについてタスクマネージャーに表示されるWorking Set Sizeの値を手動で小さくするには、大量のリアルメモリーを消費するプログラムを動かして、Firefoxにくっつけられているリアルメモリーを一度全部引っぺがし、そのアプリを終了し、OS上で空きリアルメモリーに余裕がある状態になったら、Firefoxでクリックなどを行って、必要な量をスワップインさせる、ということくらいしかなさそうです。

Re: Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57886) このトピック中7番目の投稿
(環境: WinXP SP3/Other)

> config.trim_on_minimize=trueにしてFirefoxを再起動し、しばらく使ったあと、Firefoxを最小化しても使用メモリは変わりません。

Calさんが教えてくださったように、Vista以降は、config.trim_on_minimize=trueを無視するようです。
trueのままでも関係ないですけど、念のためにこの設定はリセットしておいてください。

Firefoxを立ち上げたままで、どうしても、タスクマネージャーのfirefox.exeについて表示されるWorking Set Sizeの数値を小さくしたいのならば、以下を行ってみてください。

Firefoxを最小化してFirefoxの優先度を一番下げて置き、大量の仮想メモリーとリアルメモリーを消費するプログラム、たとえば100〜200個のタブで別々のYouTubeの動画を表示させたGoogle Chromeとか、を動かして、Firefoxにくっつけられているリアルメモリーを一度全部引っぺがし、そのアプリを終了し、タスクマネージャーに表示される空きリアルメモリーの数値がある程度大きくなったら、Firefoxでタブクリックなどを行ってFirefoxのプログラムを動かし、必要な量をスワップインさせる。

これで、MS Winが表示する空きリアルメモリーの数値も一時的に増えるはずですから、安心して眠れますよ。

Re: Firefox 増えたメモリ消費量を元に戻す方法
(#57890) このトピック中8番目の投稿
(環境: Win 7/Other)

皆様アドバイスをありがとうございました。
済!

このトピックの全ページ / [0]

返信不可


- Child Tree -